心象風景 Lyrics Ryuun Nagai ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
Mojim Lyrics > Japanese & Korean singers > Ryuun Nagai > 発熱 > 心象風景

Ryuun Nagai



Album Intro
Lyrics
Album list
Singer Intro
Related Video

Ryuun Nagai

心象風景

故郷行きの汽車に揺られ
見覚えのある街の景色が
深まればいつもきまって
思い出すよあの日の事を・・・
君と過した街を離れて
旅立つ僕を「駅のホー厶で
涙流し見送るのは
みじめだから嫌よ私は」
僕を乗せた朝一番の汽車が
薄暗い中 汽笛を殘し
君の家の近くの踏切に
差し掛かった時
君の赤いセーターがしだいに
遠去かり やがて一つの點になった

後部車両のデッキに立ち
Find more lyrics at ※ Mojim.com
手を振る僕が 見えただろうか
君の胸を打つ鼓動さえもが
僕のそれと重なり聞こえた
これが最後に覚えてる
君に纏わる心象風景
君にすれば引き幕のように
目の前を流れて行く汽車
僕の心の隙間に吹く風が
君の愛さえ置去りにして
僕が苦しまぎれに選んだのは
人いきれの中
そして今故郷の夕焼けを見つめて
帰らぬ日々に涙する




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics