すみだ川 歌詞 島倉千代子 ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > 島倉千代子 > 歌手生活60周年記念 島倉千代子 スーパーヒット・セレクション −この世の花〜からたちの小径− > すみだ川

島倉千代子



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

島倉千代子

すみだ川

作詞:佐藤惣之助
作曲:山田栄一

銀杏がえしに黒じゅすかけて
泣いて別れたすみだ川
思い出します観音さまの
秋の日ぐれの鐘の声

「ああ そうだったわねぇ
あなたが二十 あたしが十七の時よ
いつも清元のお稽古から帰ってくると
あなたは竹屋の渡し場で待って居てくれたわねぇ
そうして 二人の姿が水に映るのをながめながら
ニッコリ笑ってさみしく別れた
ほんとにはかない恋だったわね」

娘ごころの仲見世あるく
春を待つ夜の歳の市
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
更けりゃ泣けます今戸の空に
幼な馴染のお月様

「あれから あたしが芸者に出たものだから
あなたはあってくれないし
いつも観音様へお詣りするたびに
廻り道して懐かしい隅田のほとりを 歩きながら
ひとりで泣いてたの でも もう泣きますまい
恋しい恋しいと思っていた初恋のあなたに
あえたんですもの
今年はきっときっと嬉しい春を迎えますわ」

都鳥さえ一羽じゃ飛ばぬ
むかし恋しい水の面
あえばとけます涙の胸に
河岸の柳も春の雪




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞