あの頃の五百円玉 歌詞 AKB48 ※ Mojim.com Mojim 歌詞
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞日本韓国の歌手AKB48願いごとの持ち腐れ Type Aあの頃の五百円玉

AKB48



アルバムの紹介
歌詞
アルバムリスト
ニュース
歌手の紹介
関連ビデオ

AKB48

あの頃の五百円玉

作詞:秋元康
作曲:K-WONDER・SAS3

五百円玉が
一枚あるだけで
どんなものだって買えると思い込んでた
あの頃 僕はまだ子どもだった

引き出しのその奥に
偶然に見つけた
遠い昔に婆ちゃんにもらった
何かのお駄賃だろう

崩しちゃうのがもったいなくて
蓋(ふた)が壊れたえんぴつ箱の下に隠してた
本当に欲しいものがいつの日かできた時に
これを使おうって思ってたんだ

五百円玉は
宝物だった
家族にも友達にも在(あ)りかを言ってない
それは世の中で僕だけが知っている秘密の話
掌(てのひら)に乗せた
銀色の硬貨 ああ
ぎゅっと握り締めながら 強い自分でいられたら
どんな夢も叶うって信じてた
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com

悲しい夜は音を立てずに
月の灯りで引き出しのその奥を確かめた
これ以上辛くなったら この一枚持ち出して
知らない街へ逃げてしまおう

五百円玉は
味方だったんだ
大人になっても大事にして来たよ
どんな時だって不安げなこの僕に勇気をくれた
たかが小銭だと
誰かは言うけど ああ
僕にとっては今だって 何より価値ある大金だ
絶対 遣い切れない思い出貯金

五百円玉は
宝物だった
家族にも友達にも在(あ)りかを言ってない
それは世の中で僕だけが知っている秘密の話
掌(てのひら)に乗せた
銀色の硬貨 ああ
ぎゅっと握り締めながら 強い自分でいられたら
どんな夢も叶うって信じてた



前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞


AKB48
全てのアルバム
> 願いごとの持ち腐れ Type A
> シュートサイン
> サムネイル
> AKB48じゃんけんユニットシングル「逆さ坂」
> ハイテンション
> LOVE TRIP / しあわせを分けなさい
> 翼はいらない
> 哀愁のトランペッター
> 君はメロディー
> 唇にBe My Baby
> 君は今までどこにいた?
> 0と1の間 Million Singles
> ハロウィン・ナイト
> 君の第二章
> Green Flash
> ここがロドスだ、ここで跳べ!
> 春風ピアニッシモ
> 希望的リフレイン
> プラカード
> ラブラドール・レトリバー
> 前しか向かねえ
> 次の足跡
> 鈴懸(すずかけ)の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの (Type A)(多売特典なし)
> ハート・エレキ
> 恋するフォーチュンクッキー
> さよならクロール
> So long !
> 永遠プレッシャー
> UZA
> ギンガムチェック
> 1830m
> 真夏のSounds good !(劇場版)
> 真夏のSounds good !(type-B)
> 真夏のSounds good !(type-A)
> GIVE ME FIVE【Type-A】
> GIVE ME FIVE!【Type-B】
> 上からマリコ
> 風は吹いている
> フライングゲット
> ここにいたこと(就是在這裡)
> Everyday、カチュ一シャ
> 櫻の木になろう(變成櫻花樹)
> チャンスの順番(機會的順序)
> Beginner
> 神曲集
> ヘビ一ロ一テ一ション
> ポニ一テ一ルとシュシュ
> 神曲たち
> 櫻の栞
> RIVER
> 言い譯Maybe
> 淚サプライズ!
> 10年桜
> 大聲ダイヤモンド
> Baby! Baby! Baby!
> 櫻の花びらたち 2008
> ロマンス、イラネ(初回生產限定盤Type A)
> SET LIST~グレイテストソングス~完全盤
> SET LIST~グレイテストソングス 2006-2007~
> 夕陽を見ているか?
> 僕の太陽
> BINGO!
> 輕蔑していた愛情
> チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」
> チームK 2nd Stage「青春ガールズ」
> チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」
> チームA 3rd Stage「誰かのために」
> チームA 2nd Stage「会いたかった」
> チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」
> 制服が邪魔をする
> 会いたかった
> スカート、ひらり
> 桜の花びらたち
> 暫存2
> 暫存1
> 暫存

飛んでけ 離さないでいてね ひ りでは生きて 氷の世界 会えたらいい 浅い夢だから ずっ 君に 目を閉じればいつも たったそれだけ 思い描いてた夢 いいの? デタラメ とても 遠い渚 かじかむ 君が生まれた日 知らず知らず 夜が冷たい心が 君一人だけ 愛を感じて