備忘録 歌詞 ヒグチアイ ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網日韓歌手ヒグチアイ百六十度備忘録

ヒグチアイ



歌詞
專輯列表
新聞
相關影音

ヒグチアイ

備忘録

作詞:ヒグチアイ
作曲:ヒグチアイ

中学二年生の頃、変わったね、と言われて
いじめられてからもう10年以上経ちますが
事故だと言い張れない傷に今も
悩まされています
人に嫌われない術を身につけたかわりに
自分のことを嫌いになって
押し殺した感情腐らせても
捨てる場所はないのです
果てにたどり着いた処理場が「うた」でした

ちやほやされてできたものは19で消えた
身体切り刻んでできたものは今も宝石
天邪鬼でも高飛車でも好きになってくれた人
どうかどうか忘れないで

25になったら地元に帰ると言ったけど
帰るような勇気はありません
評論家 会社員 に並ぶような冠名の前に
自称とつく可能性の高さ
憧れは「pink」で描かれていた東京
染まれたら楽になれたでしょうか
「終電逃してタクシー」「有名人に会いました」
いつだって蚊帳の外 貯金なし恋人なし
なのになぜかどこか安定しています

ちやほやされてできたものにすがっている
超えていくと誓ったものに近付けている
なりたかった自分になれたくせに
嫌いになった
矛盾だけが 風を吹かせます
更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網

人生かけて愛した人がいました
裏切られてもなお愛していました
鉛筆で書いた文字を指でこするように
誤魔化し諦める方法を覚えていました
いつかのわたしが今のわたしを見たら
なんて言うでしょうか?
大人だって言うでしょうか?
好きになってくれた人しか
好きになれないのは
自分のこと好きになれないから

誰かと生きることを生きる意味にしてたんだ
理由つけてあきらめて自分騙してたんだ
なにも始めてない
なにもやり遂げてないよな
1人になって気付く
孤独と夢はいつも共にあった

ちやほやされてできたものは19で消えた
身体切り刻んでできたものは今も宝石
天邪鬼でも高飛車でも愛してくれた人
どうか元気でいてほしい

愛していたやりたかった居たかった
欲しかった待っていた夢だった
もう全部捨てた
全てを捨てたつもりで全てのおかげさま
背負わずとも背中を押す無数の手のひら
どうか自分よ 忘れるな
どうか自分よ 忘れるな




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網