1998 Lyrics 東京少年倶楽部 ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
Mojim Lyrics > Japanese & Korean singers > 東京少年倶楽部 > ぼくはかいじゅう > 1998

東京少年倶楽部



Lyrics
Album list
Related Video

東京少年倶楽部

1998

Lyricist:松本幸太朗
Composer:松本幸太朗

降り続けた雨のせいでぬかるんだ道を苦労しながら歩いてきたはずだったな
だけど家の中眠る写真 周り写った時裏切られた気づいた17の暮れ
退屈が過ぎた僕は一晩中飲み明かしていたんだ
革命を覚えたのは みんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ 熱にうなされる時は今でも夢に見るんだ

感興もなく通った校舎の中 甲高い声はまだ新しく響いてる
ぬかるんだ意識の中でも
時間だけは離さないように力込めた左手は今も震えが止まらないんだ
Find more lyrics at ※ Mojim.com
革命を覚えたのは みんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ 熱にうなされる時は今でも夢に見るんだ

疲れたまま歩いて行かなくちゃいけない 不安定な道の上でも
それでも笑ってやろうぜ
革命を覚えたのはみんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ 熱にうなされる時は
革命を覚えたのはみんなが嘘をつき投げ散らかした恐怖を
整理する人が殺されかけた時だ 熱にうなされる時は今でも夢に見るんだ




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics