沈丁花、 低く Lyrics FUKUSHIGE MARI ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
> > > >

FUKUSHIGE MARI



Lyrics
Album list
Related Video

FUKUSHIGE MARI

沈丁花、 低く

Lyricist:FUKUSHIGE MARI
Composer:FUKUSHIGE MARI

夕べの香り
日没から色濃く染まっていく
文章を綴る
行間に挟まった見えないもの
独特の眠気に
身を任せてみれば
甲斐甲斐しく放つ言葉に苛立つ
理不尽な夢 思い起こす

咲いているあなたの横顔
美しく儚く移ろう
剰え 涙の行方も無いまま
空へ飛ぶ

折り鶴を折ろう
赤や青のネオンと共に
すぐに剥がれる
あなたとわたしと誰かの心みたいに

Find more lyrics at ※ Mojim.com
新聞で見た
残酷で曖昧な狂言と
苛まれる頭痛
薬で散らす手間も煩うほどに
疲れている

咲いているあなたの横顔
美しく儚く移ろう
剰え 涙の行方も無いまま
空へ飛ぶ

折り鶴を折ろう
赤や青のネオンと共に
すぐに剥がれる
あなたとわたしと誰かの 心みたいに

折り鶴を繕う
一緒くたに切っては繋げて
難しくしてしまった構造
いちどまっさらにしよう




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics