透明電車が走る Lyrics キイチビール&ザ・ホーリーティッツ ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
Mojim Lyrics > Japanese & Korean singers > キイチビール&ザ・ホーリーティッツ > 鰐肉紀譚 > 透明電車が走る

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ



Lyrics
Album list
Related Video

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

透明電車が走る

Lyricist:村上貴一
Composer:村上貴一

朝を待つ、とろけそうな歌を歌って
傘もなく下北の駅の高架下で
罪とか罰は感じそうで感じないや
開き直るが勝ち

工事現場の上を
透明電車が走る
意味はなくもないが
どうせ届かないから
バカなフリでやり過ごせ

思い出すよ十七の夏の夕暮れ時
海の傍の今は沈んだ交差点で
Find more lyrics at ※ Mojim.com
信号の赤を繰り返して
君を睨んでいた

遠い昔の話に
透明な雪が積もる
いまどこにいるのか
知ったこっちゃないから
好きなように腐ってくれ

這いつくばってもっと踏ん張れ
退屈なんかもう蹴散らせ
崩れそうはち切れそうだ
どうせ届かないから
バカになって走り抜け




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics