ダイアモンド・アテンション 歌詞 武田羅梨沙多胡 ※ Mojim.com
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網 > 日韓歌手 > 武田羅梨沙多胡 > ダイアモンド・アテンション

武田羅梨沙多胡



歌詞
專輯列表
相關影音

武田羅梨沙多胡

ダイアモンド・アテンション

喜多見柚(武田羅梨沙多胡)、難波笑美(伊達朱里紗)、椎名法子(都丸ちよ)、ナターリア(生田輝)、脇山珠美(嘉山未紗)

作詞:eNu
作曲:設楽哲也

人知れず抱く競争心と
自分の中で変化していく最大のライバル
絶対に負けたくない!
羨望から進化する心
エゴだと言われたっていい
目指した姿へ

運命の糸断ち切るように
温いしがらみ解いて
ステージ上へ踏み出すとき
強く光宿すよ

歌い続けよう私が私で在る場所で
辿り着く未来 その遥か先まで行こう
戦え!二度とないこの時を
降り注ぐ音響け(消えることなく)
届けるの

ゼロポイントから霞む頂上
募った焦燥感で擦り切れそうになるハート
だけどまだまだ止まれない
油断しちゃダメと言い聞かせて
静かに燃やす炎
エネルギーへ変えて

更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
磨かれていく原石には
約束された輝き
手を引くのは'誰か'じゃない
願いを手繰り寄せよう

諦めないで求めて更なる高みまで
いつかの夢を夢で終わらせたくない
勝ち取れ!チャンスを掴み取れ
後悔だけはしない(したくないんだ)
超えてゆこう

あの日生まれた意味
充ちた決意忘れないよ
立つ位置が違っても見据える先は変わらない
Make a wish

さあ立ち向かえ
背中の優しさ受け取って
揃えた足で
まばゆい舞台へ

「…共に」

そう私が私で在る場所で
いつかの夢を叶えてみせるから
ほら誰より輝くダイアモンド
その眩しさを放つ(宝石のように)
届けよう




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網