風たちの声 歌詞 RADWIMPS ※ Mojim.com
魔鏡歌詞網
> > > >

RADWIMPS



歌詞
專輯列表
歌手介紹
相關影音

RADWIMPS

風たちの声

作詞:野田洋次郎
作曲:野田洋次郎

風が僕らの前で急に舵を切ったのを感じた午後
今ならどんな無茶も世界記録も利き手と逆で出せるような
気がしたんだ 本気でしたんだ

信号機が僕らの行く先を 全部青に変えてくよ
今僕らにあるものと言えばきっと 遥かな傲慢さと勇気と
大人は持ってない モノのすべて

「なんとかなるさ」と「あとどれくらい?」と「大丈夫かな僕ら」の間を
振り子のように行ったり来たりしては 手を強く掴んだ

笑われないくらいの愛で 変えられるくらいの世界ならば
はじめから用などない 僕には必要ない
神様早く次を僕にくれよ

みっともないくらいの声で ありえないくらいのこの気持ちを
僕に叫ばせてよ (叫ばせてよ) 腐らせないでよ (捨てないでよ)
僕らの持て余した勇気を 使わせてよ

更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
色とりどりの嘘やまがいもんで 今日もこの世は輝いて
乗り遅れまいと力を込めども 空を切るような虚しさでさ
反対電車に いざ飛び乗ったよ

夢から醒めたら 僕らの魂はシワクチャなはずだよ
それなら いっそこの夢のど真ん中で派手に使い果たしてみようよ

笑われないくらいの愛で 変えられるくらいの世界ならば
はじめから用などない 僕には必要ない
僕らの 持て余した正義を 使わせてよ

「さよなら」のないハローと 「仕方ない」のない未来と
鍵のないドアだらけの心で

未来が得意気に僕らを 見てきてもどうでもいいや
まだ僕らにゃやることがあるから

僕らの 持て余したこの今を
僕らの こぼれそうな奇跡を 使わせてよ




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網