summer of KAGUYA 歌詞 SUP ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > SUP > summer of KAGUYA > summer of KAGUYA

SUP



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

SUP

summer of KAGUYA

作詞:伊織
作曲:伊織

先を越された雨と濡れた土の匂いがリズムによくあって
この季節がきた胸の高まりに腰を曲げてみよう
夜はウスバカゲロウ羽ばたき踊りまたリズムによくあって
失せる気にほら火がつき眠らずに悪戯して回ろう
だんだんと近づく月へのシルクロード
手招くウサギ
いつまでも此処にはいられないわ
気がつけばここにいた

ねぇ ほら月が溶けてかぐやちゃんは喜んだ
怨めし屋の路地を駆け抜けて
胸元へ飛び込め

流れる笹舟 水を得た魚のように
舵を取って
貴方の元へ行くわ
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
この想いはとても自分らしい

忘れた頃 突然現れた満月
馬車に乗って君の手ひいて
誰にも見つからないあの場所へ

指をかける背には海を抱いて
遠くばかり観てる 君は月の人
枕を濡らしても 帰れぬ日々を想う

ねぇ ほら月は溶けてかぐやちゃんは喜んだ
裸足の君は砂に消えても街を漂う
ねぇ ほら月が溶けてゆく
怨めし屋の路地を駆け抜けて行け

怨めし屋の路地を駆け抜けて行け




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞