一匹狼 歌詞 케미( Kemi ) ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > 케미( Kemi ) > 一匹狼 > 一匹狼

케미( Kemi )



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

케미( Kemi )

一匹狼

作詞:kemi
作曲:kemi

訳もなく 死にたくって
ひとりでに 空を仰ぐ
忘れたい 過去がそっと
胸を突いて 離れてくれない

(なぁ)
頭の右側が痛み出して

(あぁ)
また始まったループ

どれほど 苦しみ 嘆き 生きてきたの?
どれほど 悲しみ 泣いてた?ひとりで
化けの皮を剥がした あいつの言葉が
耳に残って
今でもなお 私たちを 弄ぶ

意味もなく 焦り出して
掛け違えた ボタンのようだ
清く正しく 好かれる人
になりたかったなぁ
理想とは程遠い

(なんて)
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
頭の右側がまだ痛くて

(あぁ)
終わらぬ無限のループ

どれほど 傷つき 妬み 生きてきたの?
どれほど 怯えて 震えた?ひとりで
悪くないことで 謝って心を潰した
日々を 抱きしめたい
痛みを知り 優しくなれる そう唱えて

うまくいかないから
人生は楽しい
なんて言えるほどの
余裕はないわ
返り咲け ここに
檻を抜け出して
まだ間に合うかな

どれほど 苦しみ嘆き 生きていても
終わらぬ 輪廻の悲鳴が 蝕む
這いつくばって 遠吠えに祈りを重ねて
叫ぶ ここにいると
見返りを乞う 狼の群れに 手を振った
今宵はほら 見上げた月が 綺麗だ




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞