華やぐ夢幻の少女たち 歌詞 鬼頭明里 ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
> > > >

鬼頭明里



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

鬼頭明里

華やぐ夢幻の少女たち

東方キャノンボール(博麗霊夢(鬼頭明里)・霧雨魔理沙(飯沼南実))

作詞:夕野ヨシミ(IOSYS)
作曲:ARM(IOSYS)

運命に導かれた 幻想の物語 華やぐ

めぐり めぐる 季節を数えれば
一二三四五六 永遠だって刹那に過ぎてゆく
さくら さくら 舞い散る姿に尋ねる
大切なものはどうして儚いの?と

生きることは 想いを受け継ぐこと
今を越えてゆけ
声をあわせ 息をあわせ
願う明日のまだ見ぬ果てへ

誰もが輝く未来へ 自分の道をゆこう
見つめあう 信じられる すべて夢は叶う
運命に呼ばれた少女たち
新しい物語をはじめよう

ゆらり ゆれる 陽射しに影あそび
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
うつろう景色 真実なんてその都度変わるもの
ふわり ふわり いつでも自由でいたい
結局はそれが一番負けないから

里に響く調べに耳を澄ませ 描く心模様
花鳥風月 豪華絢爛
いのち燃やせ 天に轟け

あまたの星の光さえ霞むくらいに強く
きらめいた激情は その思いを遂げる
境界を超えてなお広がる
鮮やかに色づいた幻想

夜明けの来る少し前に 胸騒ぎを感じて
飛び出した夜空には 数えきれない流星
世界が啓かれる瞬間を 深く心に刻んだ

誰もが輝く未来へ 自分の道をゆこう
見つめあう 信じられる すべて夢は叶う
運命に呼ばれた少女たち
新しい物語をはじめよう




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞