歌舞伎町の女王 歌詞 DAOKO ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > DAOKO > チャームポイント > 歌舞伎町の女王

DAOKO



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

DAOKO

歌舞伎町の女王

作詞:椎名林檎
作曲:椎名林檎

蝉の声を聞く度に 目に浮かぶ九十九里浜
皺々の祖母の手を離れ 独りで訪れた歓楽街

ママは此処の女王様 生き写しの様なあたし
誰しもが手を伸べて 子供ながらに魅せられた歓楽街

十五に成ったあたしを 置いて女王は消えた
毎週金曜日に来ていた男と暮らすのだろう

誰に誘われるでもなく
辿り着いたのこの町
育ってないのに懐かしいの
記憶よりも胸焦がすコロニー

覚えているのは香水のかおり
残り香を吸って育った過去に
サヨナラを言えずに彷徨うひとり
真っ赤な口紅 ぎこちなく
見えてた唇 非行に走る
望んでなんかない顔はママの痕
所詮あたしも快楽主義
改札過ぎたら待っていた この街が

もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
'一度栄えし者でも必ずや衰えゆく'
その意味を知る時を迎え足を踏み入れたは歓楽街

消えて行った女を憎めど夏は今
女王と云う肩書きを誇らしげに掲げる

ネオンと街灯 朧気な光
あたし以外大人しか居ない
切っても切れぬ血を辿って来たり
生臭い雄と雌のかほりが
今日もこの街を動かす
明日も知らなかった少女も今
女王と成り いとをかし
求められる悦びも
吸い尽くす浮世の愛しい汚れよ

女に成ったあたしが売るのは自分だけで
同情を欲した時に全てを失うだろう

JR新宿駅の東口を出たら
其処はあたしの庭 大遊技場歌舞伎町

今夜からはこの街で娘のあたしが女王




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞