種 歌詞 竹仲絵里( たけなか えり ) ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > 竹仲絵里( たけなか えり ) > garden >

竹仲絵里( たけなか えり )



アルバムの紹介
歌詞
アルバムリスト
歌手の紹介
関連ビデオ

竹仲絵里( たけなか えり )



作詞:竹仲絵里
作曲:竹仲絵里

もしもこの都會の真ん中に種を植えたなら
どこまで育つか天まで伸びるか賭けてみようか
やがて花が笑き實を熟しまた種が落ちて
いつしか一面爭いが消えてあたなといたい

窗邊にそそぐやわらかな太陽
こんな日常がたまらなく愛おしい
心呼吸して光に向かう蕾の強さが欲しい
はじまりは一粒の種果てしない空
どんな未來を殘せるかな

もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
もしもこの都會の真ん中で愛を育てたら
どこまで育つか天まで伸びるか信じてみよう
どこかの悲しい憎しみ合いさえも
包み迂むような花を笑かせたい
一人きり流した淚を集めて遠く流そう
あなたへと繫がってゆく願いをこめた
寂しい人が增えないように

心呼吸して光に向かう蕾の強さが欲しい
はじまりは一粒の種果てしない空
どんな未來をどんな未來を殘せるかな




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞