肩甲骨を羽にして 歌詞 てにをは ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網日韓歌手てにをは女学生探偵物語肩甲骨を羽にして

てにをは



歌詞
專輯列表
新聞
相關影音

てにをは

肩甲骨を羽にして

作詞:てにをは
作曲:てにをは

くるくるり 風車は廻る
狂う狂り 兄さまがくれた
機巧の翼で羽ばたくの
今日はやけに喉が渇くわ
食事して真っ赤な唇
探偵さん赤毛編んで頂戴

天才の彼は図面を広げ
本物の天使造ろうとした

噫 リリー 我がリリー この命捧ぐ
だからさあリリー 塔の上から飛んでおいで
それでもリリー まだリリー 病は癒えず
「許して兄さま。わたし天使になれなかった」

更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
「1903年、キティホークにて人類初の友人動力飛行が達成され、
人が空を飛ぶのに羽ばたきなどという動物的機構は
不要であると証明される」

ドイツ零年って映画を見たのよ
あの男の子きっと飛ぼうとしてた

短命の彼女翼を広げ
本物の天使演じ続けた

おお リリー 我がリリー その命繋ぐ
枯れた花も俺がゼンマイで咲かせよう
それでもリリー もうリリー 兄の名も言えず
「わたし天使よ。あなたはだあれ?」狂いました
だけどリリー 天使みたいにきれいでした




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網