無法松の一生(度胸千両入り) 歌詞 神野美伽 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網日韓歌手神野美伽極歌無法松の一生(度胸千両入り)

神野美伽



歌詞
專輯列表
新聞
相關影音

神野美伽

無法松の一生(度胸千両入り)

作詞:吉野夫二郎
作曲:古賀政男

小倉生まれで 玄海育ち
口も荒いが 気も荒い
無法一代 涙を捨てて
度胸千両で 生きる身の
男一代 無法松

空にひびいた あの音は
たたく太鼓の 勇駒
山車(だし)の竹笹 堤灯は
赤い灯(あかし)に ゆれて行く
今日は祇園の 夏祭
更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
揃いの浴衣の 若い衆は
綱を引出し 音頭とる
玄海灘の 風うけて
ばちがはげしく 右左
小倉名代(なだい)は 無法松
度胸千両の あばれうち

泣くな嘆くな 男じゃないか
どうせ実らぬ 恋じゃもの
愚痴や未練は 玄海灘に
捨てて太鼓の 乱れ打ち
夢も通えよ 女男波(みょうとなみ)




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網




ひ はひ りでは生きて 笑われても 自由な空 自由はここにある ジェニーハイ 口づける 終わらない時 女の子 男の子 何も出来なくて 空で 蜃気楼 結局 消えた ぬくもりを感じた このまま 空へ 冬が終わる それだけ 忘れ 祭りだ こんな近くにいる あめあめ 降り積もる雪に あなたと初めて