私が語るべきことI Lyrics 髭切・膝丸 ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
Mojim Lyrics > Japanese & Korean singers > 髭切・膝丸 > 瞽女のしらべ > 私が語るべきことI

髭切・膝丸



Lyrics
Album list
Related Video

髭切・膝丸

私が語るべきことI

Lyricist:浅井さやか(One on One)
Composer:YOSHIZUMI

「物が語る故、物語。今宵語られる物語は
日本三大仇討ちがひとつ「曽我物語」。
父の仇を討ち、無常にも散った気高き兄弟、一万と筥王の物語。
彼らの悲哀を、情念を、生き様を、後の世の、
また後の世まで、彼らと共に語り継ぐ……
それが、私(わたくし)の役割でございます」

見えぬからこそ 語りましょう
この口で この唄で

「時は平安時代末期。平治の乱に敗れた清和源氏の嫡流源頼朝は
流された伊豆の地で無聊をかこっておりました」

宇多天皇に十一代の後胤
伊東が嫡男に河津の三郎とて
Find more lyrics at ※ Mojim.com

「この河津の三郎の息子達こそ、一万と筥王、
後の曽我の兄弟この曽我物語の主人公なのでございます」

語るべきは この二人
語り継ぐは 曽我物語

「一万、のちの名を曽我十郎祐成!」

「筥王、のちの名を曽我五郎時致!」

語るべきは この二人
語り継ぐは 曽我物語

「一万と筥王は、それはそれは仲の良い兄弟でございました」




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics