夢の通いみち Lyrics せりかな ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
> > > >

せりかな



Lyrics
Album list
Related Video

せりかな

夢の通いみち

Lyricist:せりかな
Composer:せりかな

ねぇ君は僕と出会って 良かったなって思えてるかな
ねぇもしかすると 君だって 見えないとこで泣いてた日もあったかな
ねぇ君はどうかなぁ

終電間際の 街灯の下を 一歩後ろ歩く右手が
コートの裾を引っ張る感触が 今も僕を掻き乱してるってのに

君と話す時間が惜しくて 電車をもう一本もう一本見送ったあの日から

君が僕を愛してて 僕も君を愛してて
それでいい それでいいはずなのに
君が悪いわけじゃない でも僕にもどうしようもない
そんな想いを抱えて 毎日をやり過ごしてます

最初からこうなることを 知ってたのになんて馬鹿だね
最後の時はバイバイじゃなくて またね またね 言葉に祈り込めて

別れが覗く出会いの意味は?

Find more lyrics at ※ Mojim.com
住ノ江の岸に寄る 夜の静かな波も 人目よ眩むというほどに
分かってる 夢でさえ結ばれることはない
運命が聞いて呆れる
例えば君が僕に 見向きもしなかったとしても 結局愛したと思うから
君が悪いわけじゃない でも僕にもどうしようもない
そんな想いを抱えて

きっと誰もが 少なからずは 抱える憂いや無力感を
もがき昇華しながら 次の光を見出す 君を愛した誇りを胸に

君が僕を愛してて 僕も君を愛してて
それでいい それでいいはずだから
先の見える道じゃない でも未来に少し期待したい
幸せを願いたい
例えば君が路頭に迷う日は振り向いてよ
僕らの轍はここにある
二人の日々は未来を照らす光となる
君が笑ってられるように 僕のいない道でも
そう信じていく




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics