光 Lyrics CYANOTYPE ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
> > > >

CYANOTYPE



Album Intro
Lyrics
Album list
Related Video

CYANOTYPE



Lyricist:西間木陽
Composer:西間木陽

腹の奥がねじ切れそう
外は暗く、どす黒いものがうごめいて
絞首台に登る勇気なんてないんだ
涙すら流れない

壊れる前に救われたくて
助けを求めた
全身を照らす光に
私は包まれた

君の光は何だ
どんなに小さくたって構わない
君の光は何だ
涙が溢れて雨になる

燃えてしまえ そう、全てのことが
燃えて広がって無くなれば楽なのに
炭に、なる前に気づけたのは誰かの
涙が火を、消したのだろうか

壊れる前に救われたくて
助けを求めた
涙が川となって
僕は流された
Find more lyrics at ※ Mojim.com

君の光は何だ
どんなに小さくたって構わない
君の光は何だ
涙が溢れて止まらない

涙の川に流されながら
誰も知らぬところへ
濡れることを怖がらないで
光は熱をくれる

ただ一筋の光さえ見えぬ
闇夜だとしても
君の体温が乾かしてくれる
光は君の中に

君の光は何だ
どんなに小さくたって構わない
君の光は何だ
涙が溢れて

君の光は何だ
そう、見つからなくたって構わない
君の光は何だ
君の中には光がある




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics