揺籠とクローバー Lyrics 古川慎 ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
Mojim Lyrics > Japanese & Korean singers > 古川慎 > ROOM Of No Name > 揺籠とクローバー

古川慎



Lyrics
Album list
Related Video

古川慎

揺籠とクローバー

Lyricist:古川慎
Composer:山本恭平(Arte Refact)

鳥籠を抜け出して
街明かりの影 彷徨う息

何処へ行こうか
冷たい手で ココロ寄せ合う

幸せの意味を
枯れてゆく笑顔でも
感じていたかった
例え寄る方のない
祈りだとしても

一つの痛みが終わって流れ流れ
二つの呼吸で分ち合った
指折りの数 守れない夢を見ていた
立ち止まる声の先に
小さなクローバー

人を真似た肉体で
夢を見る日々は冬を越して

丘の上初めて作った
揃いのコサージュ

暖かさを知る
代わりに失くしていくもの
Find more lyrics at ※ Mojim.com
止めどなく過ぎてく
大切な残り火
全部愛していた

一つの時間が終わって離れ離れ
二つの魂が生きた部屋
眠ったような顔して離さずにいた
花飾りに君が添えていた
小さなクローバー

時が止まったままの部屋と
過ぎ去る季節の跡
薄れていく記憶溢しながら
終わりを待っていた

一つの時間が終わって別れ別れ
二つのガラクタの揺り籠は
朽ちながらずっと二つを揺らし続ける
何度朝日を迎えただろう

ある日の窓辺光に目を奪われ
導かれたあの丘の上で
春のそよ風 手を振るように咲いていた
思い出す君の微笑みと
小さなクローバー
いつまでもずっと
いつまでもずっと




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics