百鬼夜行 Lyrics Mafumafu ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
Mojim Lyrics > Japanese & Korean singers > Mafumafu > ユウレイ > 百鬼夜行

Mafumafu



Lyrics
Album list
Singer Intro
Related Video

Mafumafu

百鬼夜行

Lyricist:まふまふ
Composer:まふまふ・佐々木裕

今宵 常日頃の憂さを晴らしましょう
賑わえば 夜の帳が下りぬ祭りのこと

太鼓に一節切 君もここへおいで
明け透けな白日の下 震えるくらいなら

どろり どろろり
「渡る世間にゃ其れがいる」
どろり どろろり
君と共に鬼となろう 今日は

誰が為に宵は来ると 世人に疎まれても
爛れ 開いた心の傷 隠してあげるよ

夜の瀬に踊り踊れ 秘め事 問わないまま
剽軽 妖狐に化かされることなんて
慣れっこだろう?

笑いたけりゃ笑えばいい
何万年 妖たちは踊る
夜宴の夢

今日を生きられない ボクらなんかを導くのは
耽美な日輪より 破れかけた祭り提灯だけ

摺鉦の鳴る境内 奥の灯籠で
赤い下駄が鳴ったら合図
誰に呼び止められようと
Find more lyrics at ※ Mojim.com
振り向かないと約束しておくれ

ねえ どうして
忌み嫌われにゃならないの
どろり どろろり
うらめしいことひとつすらないさ

名ばかりの神であると 現世 嘆くのなら
君が望んだ常世の夢 叶えてあげるよ

風が止む その刹那に手招く迷ひ処まで
鬼火の花道 我が物顔で歩く
夜半の園

泣きたいなら泣いたらいい
幾万年でも行脚した
夢と夢の隙間

誰が為に宵は来ると 世人に疎まれても
爛れ 開いた心の傷 隠してあげるよ

もう何も もうどこにも 怖がることなどない
剽軽 妖狐に化かされることなんて
慣れっこだろう?

笑いたけりゃ笑えばいい
何万年 妖たちは踊る
夜宴の夢




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics