沓掛時次郎 Lyrics 橋幸夫( はしゆきお ) ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
Mojim Lyrics > Japanese & Korean singers > 橋幸夫( はしゆきお ) > TWIN BEST > 沓掛時次郎

橋幸夫( はしゆきお )



Lyrics
Album list
Singer Intro
Related Video

橋幸夫( はしゆきお )

沓掛時次郎

Lyricist:佐伯孝夫
Composer:吉田正

すねてなったか 性分なのか
旅から旅へと 渡り鳥
浅間三筋の 煙の下にゃ
生れ故郷も あるっていうに
男 沓掛時次郎

女知らずが 女の世話を
その上 坊やの手をひけば
すまぬ すまぬと いう眼が辛い
旅だ旅だよ 許してくんな
これがおいらの せい一杯

男意地づく 生命をかけて
キリリと結んだ 三度笠
義理はすんだが 泣かずに来たが
またも今日から 行先ゃ知れぬ
旅の合羽を 風が吹く



---------------------------------------------



Find more lyrics at ※ Mojim.com
沓掛時次郎(流浪三兄妹)

沓掛時次郎(くつかけ ときじろう)
原唱:橋幸夫(はしゆきお)1961年(昭和36年)
作詩:佐伯孝夫(さくし:さえきたかお)
Composer:吉田正(さっきょく:よしだただし)

(一)
すねてなったか 性分(しょうぶん)なのか~(是任性還是本性呢?)
旅(たび)から旅(たび)へと 渡(わた)り鳥 (どり)~(我到處流浪宛如候鳥般的浪子)
淺間三筋(あさまみすじ)の 煙(けむり)の下(した)にゃ~(在淺間三峰煙霧的下方)
生(うま)れ故鄉(こきょう)も あるっていうに~(據說是我出生的故鄉)
男(おとこ)沓掛時次郎(くつかけ ときじろう)~(我是男子漢 沓掛時次郎)
(二)
女(おんな) 知(し)らずが 女(おんな)の世話(せわ)を~(不懂女人的我還得照顧女人)
その上(うえ)坊(ぼう)やの 手(て)をひけば ~(並且還要牽著小孩的手趕路)
すまぬ すまぬという眼 (め)が辛(つら)い~( 對不起 ,對不起妳,那種眼神令人辛酸)
旅(たび)だ旅(たび)だよ 許(ゆる) してくんな~(不斷的到處流浪,請妳原諒我吧)
これがおいらの せい一杯 (いっぱい)~(這是我盡最大的努力了)
(三)
男(おとこ)意地(いじ)づく 生命(いのち)をかけて~(男子漢靠著意志力豁出了性命)
キリリと結(むす)んだ 三度笠(さんどがさ)~(戴著綁緊的三度笠)
義理(ぎり)は すんだが 泣(な)かずに 來(き)たが~(雖已盡了人情義理來到這裡,也不應再哭泣了)
またも今日(きょう)から 行(ゆ)く先(さき)ァ知(し)れぬ~(但從今以後仍不知何去何從)
旅(たび)の合羽(かっぱ)を風(かぜ)が吹(ふ)く~(在旅途中穿的披衣被風吹襲著)




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics