傘の中の手 歌詞 君島大空 ※ Mojim.com
魔鏡歌詞網
魔鏡歌詞網 > 日韓歌手 > 君島大空 > 縫層 > 傘の中の手

君島大空



歌詞
專輯列表
相關影音

君島大空

傘の中の手

作詞:君島大空
作曲:君島大空

行く手囀る朝陽を
軽弾みに見舞うような
浅葱の眩暈に!
1,駆け寄る 2,頬寄す 3,嫌気さす...お好きにどうぞ!
泥濘んだ指間をすり抜けてゆくよ

痩せた魔法と笑いたがるあなたと手
三つ編んで ご覧、扉棚引く
ね!眠りの中で歌ってたあの日
「寸でのところで飲めば嘘だよ」
君をずっと待っていたようだ

知らないふりして頭掻いてる
羽根を広げてよ、仕舞い込んだ羽根
冴えた色を掴んで飛ぶ傘の中の手
更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
広げ

仰ぐモノクロ 縦に靡くこの世を
君の声と曲がりながら泳ぐ
発条の軋んだうざったい体も着いてきたから
踊るよ、ここから
白い口が嘘をつく前に

さあ、「新品の酸素だよ」って懲りずに教えてよ
何度も転んで、こんなんで、ぐずぐずのまま

覚めてゆく夢の頬つねる指
「ここまでおいでよ」軋み出せば骨
重ねるほどに壊れる体は?
遮る雨の向こうへ!
傘の中の手、その手へ




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網