まるで夜 歌詞 vivid undress ※ Mojim.com
魔鏡歌詞網
> > > >

vivid undress



歌詞
專輯列表
相關影音

vivid undress

まるで夜

作詞:kiila
作曲:kiila

今日も世界中のどこかで 私が起きる頃 眠って
私が笑っている頃に 泣いている人

街は終わらない戦争で 乗れなかった電車見送り
周りを見渡せば一人も 知らない人

明日には閉店する店 新しい服も髪型も
大して珍しいものなど もうないような

寒さは距離を遠くした 春がいいとか呟くのは
何もしないで別れを待つ みたいなものだ

ねぇ私はまるで夜みたい
暗闇は多くを隠して
頑張って輝いた星は 涙の数だ
それを見つけてくれた人が
綺麗だと言うのであれば
暗闇も流した涙も
悪くないような そんな気がした

ひとつ手前の駅から 歩いて帰りたい気分
星が綺麗な夜は 明日は晴れるとの知らせ

今どこで何をしているのだろう 私のことなど忘れて
きっと新しい恋をして 微笑んでいるんだろうな

本当のことはいつだって
目に見えないとこにいて
闇雲に手を伸ばしたって 届かないけど
探そうとすることが
更多更詳盡歌詞 在 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網
わかろうとすることが
大事なのかもしれない なんて思うよ

なにもかも嫌になって 投げ出したくなったとしても
今日がいつか終わっちゃう前に
後悔しないように

見ないふりをしてた感情も 後回しにしてたやることも
私が逃げていたって 世界は回っていくよなぁ

本当はわかっているんだよ
本当はわかっているんだよ
本当はわかっているんだよ
何にもわかってないこと

流れ星を見たんです

ねぇ夜はまるで私みたい
暗闇は多くを隠して
君のことが好きだったことを誰も知らない
どうせ泣くのであれば
ちゃんと伝えればよかった

本日の夜空も綺麗です
空はひとつしかないから
頑張って輝いたら君にも見えるかな
キラキラした明日の向こう
ヒラヒラ舞い散る昨日
新しい私に夢をあげるよ
おやすみ




回上一頁
Mojim.com
魔鏡歌詞網