箱庭宇宙 歌詞 mekakushe ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > mekakushe > 光みたいにすすみたい > 箱庭宇宙

mekakushe



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

mekakushe

箱庭宇宙

きみの部屋の隅で小さな宇宙を育てています。
子どもの頃みた夢が怖い
だからもっとそばにいて

かなしいことは言わないで
しあわせかなんて聞かないで
枯れた花に水をやってさ
宝物みたいに眺めている

どこまでも続いてる ひたすらに泳いでる
どこまでも続いてく真夜中に出口はあるのかな

すべての世界が揃うまで
地平線を眺めていよう
だれも知らない言葉で
わたしを愛してほしいの

「きみの隣に座ってると
生きてることの懐かしさを
思い出せるからきみが好き」と
言えばどんな顔をしてくれるの

もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
目と目を合わせている 手と手を繋いでいる
きみとわたしは既に 箱庭の宇宙のなかにいる

すべての宇宙が育つまで
流星群を数えていよう
だれも知らない言葉で
だれかを愛してみたいの

できれば、わたしがこの歌を
歌い切るまでそばにいて

ひとりぼっちの心を
だれかに預けてみたいな

やさしいひとになりたいな
なりたいようになれるかな

だれも知らないわたしを照らして
春の木漏れ日




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞