雨宿り 歌詞 CAT ATE HOTDOGS ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > CAT ATE HOTDOGS > omanju > 雨宿り

CAT ATE HOTDOGS



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

CAT ATE HOTDOGS

雨宿り

作詞:宮本秀彦
作曲:CAT ATE HOTDOGS

眺めていたのは
赤く染まった地平線
空の色さえもおかしくなっていた
躊躇った言葉は
胸の器官を刺激して
始まって間もなく
嵐のように終わりを告げる

大事なことも言えず
誰だっていつかは
死んでしまうんだろう

雨上がりが瞬いていた
空模様のことばかりが
気になっていた
君だって今
あの水晶を溶かしていく

涙、春の帳
逆らって宙に舞うんだ
もうこのままいっそ
眠りたいのに

後ろめたさにも
拍車がかかって止まらねえ
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
空の色はついに分からなくなっていた
どこへ消えたのか
昔話の途中で
朝になればまた
寂しいよなんて
姿を見せるか

雨宿りはできなかった
傘もささず佇んでいた
弱虫だった僕だって今に
あの幻想を燃やすから

大事なことは何か
知らなくたって仕方ないさ
もうこのままずっと

雨上がりが瞬いていた
空模様のことばかりが
気になっていた
君だって今
あの水晶を溶かすのだ!

桜、春の手紙
重なって虹になるんだ
もうこのままずっと
眠りたいのに




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞