Poolside 歌詞 大沼パセリ ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > 大沼パセリ > ave > Poolside

大沼パセリ



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

大沼パセリ

Poolside

作詞:大沼パセリ
作曲:大沼パセリ

青ざめた表情をしてどうしたの
俯いたまま首を横に振る
水面反射 宝石のように
青く澄んだ空のように
僕と君だけの影が映る午後
喉が渇くな

仮病なんて言わないで
見せれない傷をただ守ってるだけよ
溶けそうな気温でくらくらバタンキュー

プールサイドストーリー 溺れた
君の瞳の中に沈んでゆく
波が打ち寄せるように
距離を縮めて微笑んだ
夏が過ぎてゆく
ひぐらしが鳴いていた

赤らめた表情をしてどうしたの
俯いたまま首を横に振る
情景描写 忘れないように
酷く降った雨のように
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
僕と君だけが歩く帰り道
喉が渇くな

無情なんて言わないで
見せれない傷をただ守ってるだけよ
優しい言葉でくらくらバタンキュー

プールサイドストーリー 溺れた
君の心の中に沈んでゆく
波が打ち寄せるように
距離を縮めて微笑んだ
愛が増えてゆく
サイレンが鳴っていた

プールサイドストーリー 溺れた 嗚呼
プールサイドストーリー 消えないで ねえ

プールサイドストーリー 溺れた
君の瞳の中に沈んでゆく
波が打ち寄せるように
距離を縮めて微笑んだ
夏が過ぎてゆく
ひぐらしが鳴いていた




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞