m7 歌詞 PK shampoo ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > PK shampoo > Kanzakigawa E.P +2 > m7

PK shampoo



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

PK shampoo

m7

作詞:ヤマトパンクス
作曲:PK shampoo

水性ペンの走り書きのような毎日は過ぎ去って
肩から 7cm 下までの日焼けを僕らずっと覚えてる

思い出ばかりに縋って生きられるくらいの
綺麗な昔話ばかりじゃないし
忘れたいことばかり増えても
それでも何故か朝日は眩しい
どうしてだろう m7 のように

もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
この部屋が僕の鳴らす m7 に埋まる頃
君はきっと誰かと夢の中
月のメロディが空に溶けていく
きっとまたどこかにある
天国よりもマシな場所で
僕らふたりきっとまた出会うよ
どこかでまた出会うよ

いつか生まれ変わって
あの夕焼けになりたい




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞