神崎川 歌詞 PK shampoo ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > PK shampoo > Kanzakigawa E.P +2 > 神崎川

PK shampoo



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

PK shampoo

神崎川

作詞:ヤマトパンクス
作曲:PK shampoo

灰皿には安いタバコの吸殻が積もっていて
しょぼいビールと缶チューハイと諦めきれない夢と
君をさらおうと手を繋いだ
あの神崎川、今も覚えてる
「星がみえるよ」「星がみえるね」
天の川の声がした

あの夜は定規を当てて測るには
ちょっと変な形してたけど
窓の外を流れた街と椎名林檎のアルバムと
'注射器をここに捨てないで'
って書かれた張り紙と三ツ矢サイダーの香り
覚えてる 覚えてる あの神崎川の風

もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
灰皿には安いタバコの吸い殻が積もっていて
たとえば電話、たとえば東京、たとえば愛の形
泣く為にあるダサい映画
借りて泣いてる夜のくだらなさも
許し合おうよ、僕は許すから
何もかもを許すから

雨降りの天神橋と
青信号が繋いだ交差点の端と端
カラオケで聴いた愛の歌
排気ガスでなぞる夏
死にかけのパンクロックを
鳴らすたびに思い出す文化包丁の白さ
覚えてる 覚えてる あの神崎川の風




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞