ユニコーンのツノ 歌詞 Little Parade ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > Little Parade > ユニコーンのツノ > ユニコーンのツノ

Little Parade



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

Little Parade

ユニコーンのツノ

作詞:太志
作曲:太志

なぎ倒してくような風だった 身をかがめればかがめるほど
強く握りしめた大切が つぶれてゆくような
感情は味わい尽くした時 消えていってくれると聞いた
何事もなかったように生きて見せてる僕らで
逃れ 逃れ
それは ひどく乱暴な光で未来を突き刺した

鉄の意志なんかよりも 柔らかい心が欲しかった
真っ直ぐだと折れてしまうこと
分かっていたはずなのに僕は

実らず 四月 焦がし 売り飛ばす 栄光行きのバス 罪と罰
厭わず 泥被っては放浪 黙って輝く月と蓮
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
八月 思い出がかじかむ 青けりゃ青いほど
空の色ってもんと心ってやつの静かなやりとり
思い出した いつか 目を瞑ったまま描いた景色だ

背中合わせの石像が 一匹の蝶のように見えた
どこへ飛ぶでもなくただそこで 夢を見続けるような

鉄の意志なんかよりも 柔らかい心が欲しかった
真っ直ぐだと折れてしまうこと 分かっていたはずの君に
失くさなくたっていいよ 言葉に詰まる人間らしさを
失敗だらけの日々だってほら 雨音に包まれながら

手を繋ぎたくて人と人は 二本足で立つようになったの?




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞