共に描く 歌詞 真っ白なキャンバス ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > 真っ白なキャンバス > 共創 > 共に描く

真っ白なキャンバス



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

真っ白なキャンバス

共に描く

作詞:鳴海甲人
作曲:古屋葵

だんだん近づく放物線 ここから始まるんだ
創造していくキャンバスに 虹がね見える気がするよ

大体のことはやったけど 今ひとつ届かなくて
淡々と続く境界線 仕方ないと飲み込んだ
想像もしない挑戦に 迷いは隠せないが
堂々巡りを変えるため 一か八か飛び込んだ

ほらもう止まれはしないんだよ 共に創(つく)る世界で
違(たが)わぬもの見てみたいんだよ 共に描(えが)く 歌

簡単とみての挑戦は 痛いくらいのバツだった
曖昧な言葉用意した 陳腐な策士でした
散々紡いだ贋作は 有象無象の1枚で
新進気鋭の天才に 弾かれ灰になった

でもまだ終わりじゃないんだよ 共に創る未来は
今君が創ってるんだよ 君自身が

もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
こぼれ落ちた色の中に
君の思い
混ざってても
共に創るキャンバスには
必要ない色など
ないよ

ほらもう1人じゃないんだよ
ほらもう1人じゃないんだよ
ほらもう1人じゃないんだよ
同じ未来を見よう
ほらもう聴こえてきてるんだ
君の歌が

ほらもう止まれはしないんだよ 共に創る世界で
違わぬもの見てみたいんだよ いつかきっと
共に描く未来は
見上げて御覧よ
虹色ほら




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞