轍の唄 歌詞 CHRONICLE ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > CHRONICLE > 轍の唄 > 轍の唄

CHRONICLE



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

CHRONICLE

轍の唄

作詞:loundraw
作曲:HIDEYA KOJIMA

位置について用意スタートの合図で僕らはゆく 僕らはゆく
懐かしい声に見送られながらドアを開けたあの日からずっと

どこにいこうと居心地が悪くて正しさとか疑いもした
本当は別に目的地はない でもここではないと思った

前ならえ 雑踏の中 ビルのすき間に昇ってく
その合図に呼ばれてる

生まれた時に多分 そう僕らは何か託され目を開けた
つまずく代わりその両手で立ち上がる方法を教わって
ただ一人の そう僕らのそれぞれ違う足跡が連なる轍 線にして
描いてゆくよ命の形 君にも同じように

位置について用意スタートの合図で僕らはゆく 僕らはゆく
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
誰とも違う歩き方だからこんな今日も踏みしめてくよ

俯き途切れかけた か細い希望を靴紐に
荒れた道も怯えずに

生まれた時に多分 そう僕らは何か奪われ声上げた
聞こえていたよ 消えそうな信号伝える孤独な影
どうして歩いてゆくの?

歩幅揃わず踏み外した あの別れをランプに灯して

生まれた時に多分 そう僕らはその両足に託された
どんな震えも躊躇わない最初の一歩目を
いつも誰かの そう僕らのたった一人の足跡が重なる轍
広がって覆い尽くすよ
命の形繋げて僕らはゆく




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞