スクランブル 歌詞 vivid undress ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
> > > >

vivid undress



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

vivid undress

スクランブル

作詞:kiila
作曲:rio・kiila

ねぇ、いま頃君はどうやって
孤独な夜を乗り越えているの?

君の部屋に置いていった
愛は冷蔵庫の中で腐敗しているだろう
ダンボールに詰め込んだゴミは
多くて持っていけないから
捨てていくよ

長い夢を見ていた
やっと夜が終わった
君の作った新曲は
もう最速で聴けないな

ねぇ、あの頃の私はずっと
何をしていたって一人だった
君の才能が寂しくて
何度も君の名前を呼んだ

無意識に歩いていた
小田急線
「あ、間違えた」
記憶が鮮明にこみ上げ
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
悲しい歌がこぼれ落ちた

あれからずっと君に似た人を
見つけては息が止まった
触れる風も喧騒も
冷たくて
冬が来たんだ

ねぇ、あの頃の君はいつも
私といる時も一人だった
形なんてなくてもよかった
秘密を守るのは得意なんだ

重い瞼 午前3時
開けっ放しの窓から
雨の匂いがした
朝が来たら歯を磨いて
何事もなかったような
街は今日を置いていくんだろう

ねぇ、私たちこれでよかった
時計は速度を上げて進んだ
街ですれ違った歌声は
私の知らない人だったんだ




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞