JK 歌詞 DAOKO ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > DAOKO > DAOKO > JK

DAOKO



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

DAOKO

JK

作詞:DAOKO
作曲:國本怜・DAOKO

あさ
かじかむ指先
にぎるハンドル
スカートの中を
通り抜ける空気

重たい瞼をあけて
明け方の街走る女子高生
冷えきったサドルが
発育途中の身体震わせるの

顔や身体
骨の形
足のはやさ
あたまのよさ

なにからなにまで
違うもの同士 こうして
同じ衣装身にまとって
同じ箱の中で
整列した机・椅子に座り
なにか学んでいる
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
なにかを学んで
気づけたものが勝者
その他敗者
毎朝同じ同じルート・ループ
ぐるぐる回ってんの
気づいちゃったわたしは
校則からの拘束
遠のく王国から
逃げ出すように
歯向かってる自分勝手

明日はだって来ちゃうでしょう?
逃げ出すように
春に向かってる

春はなんで来ないんだろう?
私の制服は桜と共に散る

重たい瞼をあけて
夕方の街走る女子高生
冷えきったサドルが
発育途中の身体突き刺すの




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞