また逢う日のために 歌詞 純烈 ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > 純烈 > また逢う日のために > また逢う日のために

純烈



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

純烈

また逢う日のために

作詞:岡田冨美子
作曲:幸耕平

別れの言葉を 聞いてから
砂漠を旅して いるみたい
からだが乾くと 見えてくる
あなたという名の 蜃気楼
いっしょに暮らした年月が
モノクロ映画に 変わっても
抱かれた記憶が まぶしくて
忘れる努力が できないの

季節はずれの服を着て
枯葉の舞い散る町へ行く
時間列車が動きだしたら
あなたが窓辺にやってくる
きれいでいます いつまでも
二人がまた逢う日のために

春夏秋冬 いくつもの
しあわせ数えた 指先に
あなたの笑顔が 止まってる
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
思い出ちぎって 乗せてみた
出会いを憎んだ 昨日より
心に余裕はできたけど
飛べない小鳥に なってから
夜空が嫌いに なりました

季節はずれの服を着て
あなたの景色を捜します
片道切符を握りしめたら
涙があふれて止まらない
きれいでいます いつまでも
二人がまた逢う日のために

季節はずれの服を着て
枯葉の舞い散る町へ行く
時間列車が動きだしたら
あなたが窓辺にやってくる
きれいでいます いつまでも
二人がまた逢う日のために
二人がまた逢う日のために




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞