外では光が踊っている 歌詞 西山宏太朗 ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > 西山宏太朗 > CITY > 外では光が踊っている

西山宏太朗



歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

西山宏太朗

外では光が踊っている

作詞:児玉雨子
作曲:田熊知存(Dream Monster)

時を刻む音 鳴り続けてる鼓動
割れてしまった夢 シャボン玉のよう

散らかったままの薄暗い部屋にも
そよ風は歌うよ 窓を開けたら

生まれたての空気を吸い込んで
今なら街がすべてが
僕のものだよ

外では光が踊っているから
きっと昨日よりも暑くなるな
これからなんだか
いいことがある気がするよ
予感がしてるんだ

テレビの中では魚が泳いでいる
思い出せそうな夢 浮かんでは消え

いつかの記憶か まぼろしを見たのか
また逢えると思った 逢えないとも思う

僕はこんな感じでいつでも
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
答えが曖昧なまま
今日を始める

夕方は雨が叩きつける予報
世界の輪郭を溶かすほどの
それでもなんだか
いいことがある気がするよ
理由(わけ)もなく

ずっとずっとずっと ここは夜明けで
ちょうどちょうどちょうど 今のまま
ずっとずっとずっと じゃなくていいから
ちょっと ちょっとだけ このままでいさせて

街が目覚め 騒がしくなると
不思議とさみしくなるよ
さみしくなるよ

外では光が踊っているから
きっと昨日よりも暑くなるな
もしかしたら今日
あなたに出逢う気がするよ
予感がしてるんだ




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞