はぐれ雲けもの道ひとり旅 歌詞 長澤知之 ※ Mojim.com Mojim 歌詞
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞日本韓国の歌手長澤知之Archives #1はぐれ雲けもの道ひとり旅

長澤知之



アルバムの紹介
歌詞
アルバムリスト
ニュース
関連ビデオ

長澤知之

はぐれ雲けもの道ひとり旅

作詞:長澤知之
作曲:長澤知之

少しその街を離れて ケータイの電源を切って
しばらく友達も忘れて 鈍行に揺られるだけでいい
君にとってその生活が時折負担になったなら
恋しくなるまで旅をして
恋しくなったら戻ればいい

人生は駆け抜けるものではない
人生は振り返るものではない
いいや 人生はあの日の月が照らした
はぐれ雲のようにたゆたうだけ

こないだ君が彼女と観た映画のストーリーみたいな
展開の透けた将来に僕らの求めるものなどない
顔を赤らめる事ばかり もう口にしたくない名前
顔を青ざめる事ばかり もう思い出したくない場所

人生の死は終末なんかじゃない
生涯の完成であり無ではない
いいや 人生の事など僕は分からない
けもの道のように続くだけ

もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
なおも美化しようのないヘマやドジを踏んで
なおも美観を損ねる過ちを犯して
なおも無邪気に希望を抱いて笑う、
子鳩を追う子供の手みたいに
ただ真っ直ぐなだけ

日帰りでも何泊でもいい 幼い日の腕白ぶりに
敵うような美しさの思い出探しに出るといい

人生に悲哀は気取りでしかない
人生に素直は演技でしかない
いいや 人生は方位磁石も星も無い
ひとり旅のように風任せ

そして誰かを失い 誰かと巡り会い
そして何かが過ぎ去り 何かを思い出し
そして転がり続ける自分を歌い
何にも見えない夜空を笑い
絶え間なく回るだけ

少しその街を離れてケータイの電源を切って
しばらく友達も忘れて鈍行に揺られるだけでいい…




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞