砂時計 歌詞 クミコ ※ Mojim.com Mojim 歌詞
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞日本韓国の歌手クミコセレナーデ砂時計

クミコ



歌詞
アルバムリスト
ニュース
関連ビデオ

クミコ

砂時計

クミコ with 風街レビュー
作詞:松本隆
作曲:つんく

海鳴りのもっと深くで
人魚たち 泣いてるみたい
無理やりに鋏(はさみ)で切った
愛だから逆に縺(もつ)れる

運命(うんめい)を遮(さえぎ)りたくて
出した手がもう折れそうで
ほら雨が雪になりそう
泣き言(ごと)は喉(のど)で封(ふう)じた

砂時計 身体(からだ)ごと
心ごと砕(くだ)けてく
砂時計 手にのせた
人生が人生が零(こぼ)れてく

海鳴(うみな)りのもっと深くで
人魚たち 泣いてるみたい

定期入れ 家族の写真
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
男の子 生(い)き写(うつ)しだね
人のこと不幸に落とし
幸福(しあわせ)になれないでしょう

傘(かさ)たたみ孤独を切って
荒海(あらなみ)を背にたたずめば
波しぶき 無数(むすう)の蝶(ちょう)が
慰(なぐさ)めの白を散らすの

砂時計 30秒
動かずに見つめてて
その瞳(ひとみ) 一生の
思い出に思い出にしたいから

砂時計 日々は砂
指を洩(も)れさらさらと
砂時計 掴(つか)んでた
人生が人生が零(こぼ)れてく

海鳴(うみな)りのもっと深くで
人魚たち 泣いてるみたい



前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞