光の記憶 歌詞 Angelo ※ Mojim.com
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞 > 日本の歌手 > Angelo > 光の記憶 > 光の記憶

Angelo



アルバムの紹介
歌詞
アルバムリスト
関連ビデオ

Angelo

光の記憶

作詞:キリト
作曲:キリト

真っ白に降り積もる光に手をのばした
記憶あの日のままで
失くしてしまわないように
言葉に託した想い 君に屆けて


月明かりに照らされて
夢のかけら夜に舞う
震えながら寄り添った
溫もりまで覺えている
未來はその扉を開いて

瞳の奧映し出す 物語はいくつもの
淚を超え 新しい景色をまた見せるから
たとえ君が明日を見失って
移り變わる季節(とき)に心を奪われても
真っ白に降り積もる光を追い續けた
記憶あの日のままで
壞れてしまわないように
この胸に秘めた想い 君に屆けて

もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
遠い過去に散りばめた
夢のかけら手のひらに
拾い集め何度でも
言葉にして捧げよう
たとえ君が明日に背を向けても
移り變わる季節(とき)はあの空を染めていく
真っ白に降り積もる光が明日を見せた
記憶あの日のままで
離れてしまわないように淚に隱した
想い 君に屆けて
重なり合った二つの影 呼び合うように
終わる事なく運命(さだめ)の糸を手繰り寄せる

鐘の音聞こえる その手を握りしめた
記憶あの日のままで
刻んだ時間のなか 小さく芽生えた
想い 君に屆けて
いつまでも降り積もる 光が君を抱いた
記憶あの日のままで
忘れてしまわないように 未來に描いた
想い 君に屆けて
想い 君に屆けて




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞