二つ星 遊turing かりゆし58 歌詞 上地雄輔( かみじ ゆうすけ ) ※ Mojim.com Mojim 歌詞
Mojim 歌詞
Mojim 歌詞日本韓国の歌手上地雄輔( かみじ ゆうすけ )あの‥いま脂のってるんですケド。二つ星 遊turing かりゆし58

上地雄輔( かみじ ゆうすけ )



歌詞
アルバムリスト
ニュース
歌手の紹介
関連ビデオ

上地雄輔( かみじ ゆうすけ )

二つ星 遊turing かりゆし58

作詞:遊助・前川真悟(かりゆし58)
作曲:遊助・前川真悟(かりゆし58)

ララバイ 彼方 幾千の夜の果てに光寄せ合う
ララバイ 遥か 天の川のほとり 二つ星

ねえ じいちゃん 沖縄がカリフォルニアだった事
知らない人が増えてきたよ
次第に時が経ち やがて時代達は思い出に消えてゆく
写真の中のあなたしか知らない不束者ではありますが
じいちゃんの長男の次男 つまりは孫にあたり さらにはひ孫も授かり
ぶっちぎりまくりの腕白坊主が今ノーブレーキで育ち盛り
握りしめたバトン ありがとう 明日を生きられる命を

ララバイ 彼方 幾千の夜の果てに光寄せ合う
ララバイ 遥か天の川のほとり 二つ星

なぁ じいちゃん あの世でまたメチャクチャ周りに迷惑かけて
ガハハと笑い 宮古の踊り みんなで酒酌み交わしてますか?
もっと沢山の歌詞は ※ Mojim.com
初孫の俺はあなたからもらった力と涙と言葉
「大事な物は守り抜け最後まで」
最近になって聞いたよ かなり辛かったんだね戦争
1番の親友横で亡くなり 残された悲しみ増すばかり
分かりました 誓いました 星空の真下刻みました
最後まで守るぞ家族と仲間

ララバイ 彼方 幾千の夜の果てに光寄せ合う
ララバイ 遥か天の川のほとり 二つ星

時代の嵐にも鉄の雨にも負けずに 息が上がろうと音を上げずに
足跡で綴られたストーリー じいちゃんヒストリー
宮古島から沖縄 ニューギニア 大阪 横須賀と様々
ずっと輝いたその魂 ぶっとく生き抜いた流れ星

ところで ばあちゃんは空に光るまで
一生涯をじいちゃんの妻とし生きた織姫星 どうか強く抱きしめてほしい




前のページ
Mojim.com
Mojim 歌詞



ちょびっ 妻よ うす紅 夜は終わり じゃまたね 隠れる ドンペリ 夢で終わらせない ぼやぼや やがて僕は 人の気も知らない 君は僕だけの くれました サ一ビス ゆらゆら帝国 大人になったから ファミリ一 サマードリーム 永久のキズナ 君がくれたもの