Mojim Lyrics

+ 】 【 Lyrics 500 lyrics related been found
Here is the result for item 1 to 100; you can try to narrow the result by entering extra words.

Album ( Page Link ) Song ( Page Link )( Partial Lyrics )
1 2.櫻モダン そうもない私だけれどき夢見る瞳の中風に笑き誇る戀という名の櫻よ※初めてめぐり逢う切なさは滿ちては欠 ... のやがて空から祝福のが戀人たちを包み迂むでしょう華やかな街輝きの中でこの戀はまだ蕾のままなの櫻笑け ... 人們的身旁落下祝福的花在這條繁華的街道夜色之中這段戀情仍舊只能是無法綻放的花蕾嗎?在櫻花開放的冬
2 4.櫻モダン(Instrumental) そうもない私だけれどき夢見る瞳の中風に笑き誇る戀という名の櫻よ※初めてめぐり逢う切なさは滿ちては欠 ... のやがて空から祝福のが戀人たちを包み迂むでしょう華やかな街輝きの中でこの戀はまだ蕾のままなの櫻笑け ... 人們的身旁落下祝福的花在這條繁華的街道夜色之中這段戀情仍舊只能是無法綻放的花蕾嗎?在櫻花開放的冬
3 1.桜モダン そうもない私だけれどき夢見る瞳の中風に咲き誇る恋という名の桜よ初めてめぐり逢う切なさは満ちては欠け ... のやがて空から祝福のが恋人たちを包み込むでしょう華やかな街輝きの中でこの恋はまだ蕾のままなの桜咲け ... そうもない私だけれどき夢見る瞳の中風に咲き誇る恋という名の桜
4 1.風姿花伝 れに人は夢みるゆえにく人は夢みるゆえに生きるもの*あ~~誰も知らないあ~~明日散る花さえも固い契り ... にあの日の誓いの花吹人は信じてそして破れて人は信じてそして生きるもの Repeat*國は破れて城
5 4.ブルー 落ちそうな花を束ねてくも美しく美しくもく真っ白なに咲き誇るだけその身を纏う香りにその身を伝う滴に今密やかな恋を知った切なさの藍 ... 落ちそうな花を束ねてくも美しく美しくもく真っ直ぐなままに待ちわびるだけその身を纏う香りにその身を伝う滴に凍えるよう

6 5.SAYONARA くらい夢を見させてよく揺れる火は消えたあっという間にあの日君を見つけたこと悔やみたくない輝いてた君 ... eah遠い日の記憶がに溶けたさよならは痛い痛い痛い狂おしいほどに愛も夢も何もかも壊してしまうの
7 2.淡い空 .淡い空 Lyricist 沢実花 Composer 開花俊介心が透き通ってく朝日の向こう、沈んでく過去昨日が過ぎ去ってく ... と風に運ばれヒラヒラい一瞬淡い空へと色んな思い出たちまだ残ってる余韻だけ、まだ心は覚えている後悔
8 1.Orion てしまいそうなほどにく滲む色人混みをかき分けて情熱を燃やせ足早な街は虹色のパレード急接近のハート熱くこ
9 29.未来永劫 わるボクへと…凍える冬を越えて春の訪れが待ち遠しくて負けそうな日思い出してキミが微笑んだとある日の ... 瞳閉じるその瞼キミに飾りキラリキラリダイヤモンドすくい溶けてく ... モンドすくい溶けてくさとヒラリヒラリ桜に似たほんの一瞬の一コマのように白銀 ... の一コマのように白銀からふんわりピンクへ色づく月夜に照らされなび
10 36.snow ring 道初めて君を見たのはが舞う夜だった君なしじゃどこへも進めなくてひとりきり迷うだけの私を君が見ていた ... のかな…遥か空の上での音(ね)ひとつひとつが淡いオト立て漆黒の闇に消えた You kissed m ... 消えない誓いに代えてい願いをに託すよ snow ring彩めくillumination二人で見た帰り道最後 ... 最後にキスをしたのもが舞う夜だった想い出
11 11.sNow letteR も見ているのでしょう夜に咲く大輪の花火よ想いを届けてありがとう虚しかった無力すぎてさみしさはいつか ... ら想ってもかえらないいあなたへの想いなど凍る夜に砕けてしまえばいいもういないあなたに、あいたいいく ... 見ているのでしょう?夜に咲く大輪の花火よ想いを届けてありがとうきれいすぎた日々にあいたい
12 10.Snow Butterfly に変えて見送ったの粉はまるで蝶々ねひらひら舞い降りてくるの真っ白なさようならふたりはそれぞれの未来 ... ただあなたとわたしとくて遠くても惹かれ合う降りしきる ... 惹かれ合う降りしきるの空を見上げれば吸い込まれそう溶けそうなの真っ白なさようならふたりはそれぞれ
13 6.まぼろし っているからただ白いが降り積もる時間(とき)のように足跡も埋め尽くしてただ白い息が消えるまで上を向 ... まだ咲かぬ花のようでい一度壊れた時計の針はずっと進んでいたのね振り返るのは今日で終わりにするからも ... らす月になるただ白いが降りつもる時間(とき)のようにサヨナラって溶けながらまだ淡い夢だけが残る朝
14 6.you かった窓の外に積もるのように私は今日日に真っ白になった独りぼっちになるにはあまりにも早過ぎて酷だっ ... 冬の夜はとても綺麗でく散って往く「さようなら」なんて言えないよ貴方に今直ぐ会いたい私の記憶を忘却
15 1.Ash Like Snow 呑み込まれた星屑たちく降り積もる灰の見つめた嘆きの窓 I never dreamed凍りつく there...
16 2.ジュテーム 谷間に枯葉散るいのちく憂いを残し灯りが消えた窓にひとひらの愛の ... た窓にひとひらの愛のが私のこころは貴方だけなのよジュテーム一時のジュテーム夢でいいジュテーム逢い
17 9.ふたりぼっち ものはこんなにも脆くいんだねふたりぼっち涙こらえて冬の空見上げてたサヨナラ愛しさをくれた人幸せの価 ... がるだけひとりぼっち溶けの道春風が頬撫でたサヨナラ優しさをくれた人生きる喜び教えてくれた忘れるこ
18 9.湯涌恋灯り 也障子開ければ外は細寒くないのとショールを肩にかけるお前の横顔が涙に濡れて夜が更ける湯涌の宿に恋灯 ... っと抱きしめ見る夢はく消えて浅野川湯涌の宿の恋灯り明日の別れをきざむ砂時計送らないでとか細いうな
19 6.Roller Coaster 事に渡り鳥のよう夜がを静かに積もらせてるみたいに気づかせないのギヴアンドテイクのゲームの手札が僕に ... いたのは君のほうだけい夢の礫に意味を押し付けていたの髪を結わえていつも通りの街も霞みゆく運命の前
20 10.Bloomin'(Acoustic ver.) 曲小林俊太郎まるで淡のような花びら舞う空見上げる君何想うのこころから嬉しくてすこし切なくてこんな気 ... に咲き誇れよ時の色はいけれど確かめるように抱きしめるように僕らだけの花育てよう痛みがあるから喜び

21 2.雪花 カメリア2.花 Lyricist 陽茉莉-himari- Composer fu_mou降り積もる ... u_mou降り積もる花(ゆきばな)悲しげな君の横顔震える声も白く染まり僕の声も今届かないどんな顔し ... て愛を届けるよずっとい想いを超えて重ねた肌で届けるよ何度も君に伝える鼓動見つけた変わらないこの気
22 1.花の乱 夢散り急ぐ花この世で(はかな)いものは時の移ろい寄せ返す波泣き濡れた砂人の営みにも似て永遠(とわ) ... (うすべにいろ)の吹に愛も凍ります十六夜(いざよい)の月満ち潮の海この世の習わし通り満ちれば欠け
23 1.大東京万博 し猿知恵はクラシックどけこと知らず恋しくて薄氷ほどもろく ... しくて薄氷ほどもろくくて逃れ逃れどこへ死なないで生きていてねあなたはやさしさに泣く子供みたいにひ
24 2.まぼろし っているからただ白いが降り積もる時間(とき)のように足跡も埋め尽くしてただ白い息が消えるまで上を向 ... まだ咲かぬ花のようでい一度壊れた時計の針はずっと進んでいたのね振り返るのは今日で終わりにするからも ... らす月になるただ白いが降りつもる時間(とき)のようにサヨナラって溶けながらまだ淡い夢だけが残る朝
25 1.いのち短し、繚乱乙女 我が世たれぞ常ならむき花と散るのならひとつここで捧げましょう伝う旋律[しらべ]焦がれる身体とこころ ... 音女!ここは戦乱桜吹よ舞い踊れ音女!命燃やしながら果てなき夢伸ばした手に掴む日まで見据えよまだ涙
26 1.雪蛍 宮坂志乃-蛍1.蛍 Lyricist 内田薫 Composer 内田薫あなた探しているように北の港に ... ているように北の港にが舞う風の便りを道連れにして訪ねてきました見知らぬ街に心にポツンとあなたが点( ... り添い生きてゆきたい蛍冷たい雨がになり景色が淡くかすむ夜恋の破片(かけら)を集めてみてはちいさなため息ひとつこ ... ため息ひとつこぼす
27 1.北のたずね人 の日からさがしてた小がちらちら灯りがゆらゆらめぐり逢えたこの街でごめんね今度は離しはしないよきみは ... らん色の頬寄せて恋は(はかな)いものだけどきみだけ変わらずにいてくれた小 ... わらずにいてくれた小がちらちら灯りがゆらゆら影がふたつ重なるよ泣いてもいいのさきれいな涙さきみは北 ... きみは北のたずね人小がちらちら灯
28 2.忘れな歌 つなぐ記憶赤い糸白くい吐息が)古都の美に重なる化粧深める情緒浮世はかなむ街並みに高まる君への想いは日ごと強くなるばかり冬景色 ... けて口ずさむ忘れな歌化粧深める情緒浮世はかなむ街並みに…高まる君への想いは日ごと強くなるばかり冬
29 1.願い 合って絵空に見ていたい夢だ白い息を小さく吐いて「さびしい」「かなしい」って隣から私も言いたかったよ ... いてよ突然降ってきたを誰に伝えよう私は一人だけだよあなたはどう?答え聞くまでもなかったようで目線の ... 合って真昼に見ていたい夢だ白い息を小さく吐いて「おはよう」「おやすみ」って目を合わせ私も言いたかっ ... たかったな
30 3.Sweet Bell Bell...今夜が降り始める頃に(White lover...)街は輝きに包まれてく(Holy ... ver...)なぜかさが胸を触れる(Holy story...)「時よ止まれ」なんて願う恋人たちに ... weet Bell粉に誓うよ Cherish you! Cherish you! baby輝くW
31 2.sNow letteR も見ているのでしょう夜に咲く大輪の花火よ想いを届けてありがとう虚しかった無力すぎてさみしさはいつか ... ら想ってもかえらないいあなたへの想いなど凍る夜に砕けてしまえばいいもういないあなたに、あいたいいく ... 見ているのでしょう?夜に咲く大輪の花火よ想いを届けてありがとうきれいすぎた日々にあいたい
32 7.デスティニー る身体に降り積もったまたいつもと同じ夢を見た変わらない世界は霞んで消えた陽炎背負い泥にまみれ駆け抜 ... 咲いた一輪の花面影をく揺らす追憶のメロディーああ行き場のない運命に漂う矜(ほこ)りと言葉の記憶今
33 1.風花雪月 ST1.風花月 Lyricist haderu Composer elsa君と会って好きになってふと思ったんだ ... くて虚しくて虚しくてくて尊くて美しくて大切なものは変わらないからこそ幸せと不安離れそう離したくない ... の花夏の雨秋の月冬の季節は巡り失望と希望が混ざるよ君とあと何回あと何回あと何回会えるの?瞬きもせ
34 4.くれなゐ月見酒 衣―――舞い踊る花吹―――呑めば酔い酔い夢心地もう少しそばに来て今だけ愉しみましょう貴方と初めて交 ... ちる酔いの果て妖しくげに盛り上がる宴に見つめ合う時間がふたり酔わすまで恋しくて溢れる胸の奥からひら ... ちる酔いの果て妖しくげに盛り上がる宴に見つめ合う時間がふたり酔わすまで恋しくて溢れる胸の奥からひ
35 6.雪待エレジィ ヌの奥儀6.待エレジィ Lyricist マリアンヌ東雲 Composer マリアンヌ東雲ささくれた指先から今にも ... まれそう紙切れよりもい身体木枯らしが抱きしめるサイレンの音瞼を照らす死神が見下ろす暗い街あなたは来 ... 熱混じりの頬に落ちる探し続けてたサイレンの音瞼を照らす死神が見下ろす白い街あなたは来ない分かって
36 5.其れでも花よ、咲け。 其れでも花よ、咲け。はきっとまた溶けるから春は来る今も変わらずそこに光があるのなら進むだけたとえこ ... かち合い共に春を待つき者達の声でした幾度もひび割れて張り裂けそうでも其れでも花よ、咲け。どんな吹 ... 花よ、咲け。どんな吹でも終わるから春は来る今も変わらずそこで君が笑うのなら進むだけたとえこの身が朽 ... それでも花よ
37 2.CLUB27 づけたなら溶けてゆくのようにこの生命にも終わりがあり故に ... にも終わりがあり故にく輝ける灰になるその日までどれほど時間が残されていて僅かならば僅かでも構わな
38 1.Missing 君の声を聞くのだろうき想い永遠に移ろい流れ行くもの茜色に染まる君を見つめてたあの日のように君の名を ... を待つ花の息吹は募るを溶かすでしょう刹那に咲き誇れば涙に流れ散るもの桜は降り止まぬ君を探してた幻
39 12.Lovers Again Nakamura初にざわめく街で見覚えのあるスカイブルーのマフラーふり向いた知らない顔にうつむく ... では愛された記憶さえくてむなしいだけふたりでは想いあたためる意味見つけられないもう二度とあんなに
40 1.Sakuraful Palette ね縮こまった花と同じ解けが待ち遠しい Next Season追い越し禁止のステップアップいじらしい ... ら崩れてしまいそうなげな面影か細い声はまるで雲雀笛の音もし君と出会えず仕舞い冷めた心のままだった
41 9.Sakuraful Palette(TINY PLANETS YZKR Remix) ね縮こまった花と同じ解けが待ち遠しい Next Season追い越し禁止のステップアップいじらしい ... ら崩れてしまいそうなげな面影か細い声はまるで雲雀笛の音もし君と出会えず仕舞い冷めた心のままだった
42 8.雪のささやき d-波形8.のささやき Lyricist bird Composer 冨田恵一何故かそう知っているのこの感覚静寂 ... ささやきは祈りと共にになってこの街を上書きしてゆく何度も嘘を嘘で塗りつぶした瞬きするたび映る場所は ... のように舞う窓の外はの花園音を隠し私を包む際立ってくその ... を包む際立ってくそのさ熱く熱く燃え始めてる顔のない ... 燃え始めてる顔の
43 2.スノードロップ るとまどいは白い花の割草溶けかけたの冷たさも知らずなんて呼ぶかさえわからなかったのでも気づくといつしかあなたを目 ... チを切なさは白い花の割草消えてゆくさも知らずなんて呼ぶかさえわからなかったのでも気づくといつしか確かに求めてあ
44 1.Bloomin' 曲小林俊太郎まるで淡のような花びら舞う空見上げる君何想うのこころから嬉しくてすこし切なくてこんな気 ... に咲き誇れよ時の色はいけれど確かめるように抱きしめるように僕らだけの花育てよう痛みがあるから喜び
45 2.白夜月 月木枯らしの行く末粉はこぶ声降り積もるありがとう言えないままで彷徨(さまよ)ってる下弦の瞬き見失わ ... 失わぬように満ち欠けき想いは美しあなたのせいで素直になれなくて好きなのに嫌われようとしていたこの

46 2.かたかごの花 宮下健治春というのにが舞う辺(あた)り一面うっすらと小首かしげて寒そうに咲いていじらし可憐な花は誰 ... 花紅(べに)の色さえくてなぜに寂しく散り急ぐ焦がれ焦がれた人なのに知っているのに知らない素振り誰
47 8.演歌一輪 る川もある片瀬の恋のさを惚れて初めて知りました演歌…演歌一輪女の息吹き賭けたこの道何処(どこ)まで ... 女の錦燃える瞳に花吹雪(!
48 3.あたたかいその指 しかった冬の思い出がく消えてもほら白い粉舞い降りる真夏のは私たちをとりこにさせる魔法だよもう何も要らないこのまま飛んでいくよああ、ど
49 1.cymbidium 人の距離も近づいて「が溶けるほどではないね」って少し照れてる君は下を向き強く強く握りしめた手離さな ... 離さないで二人ぼっちい恋日常に期待して僕等は大人になったどうしようもないと分かってたってとても好き ... にさよなら離れないでのようにい恋 won't be wrong please take my hands
50 1.散らず花 )に泣こうとも咲いてい散らず花女の柔肌桜に染めてからだが火となる ... めてからだが火となるの宿紅を引く手に思いを込めて息をひそめる月見窓あなた恋しい散らず花ひと冬ふた冬 ... ませんあなたとならばの中でも凛と咲く咲いてい散らず
51 3.徒桜 った徒桜髪に憩う花吹我の心諭すように人の命は「徒桜」咲き乱れてそして、散りゆく。解っていた…「花火 ... た…「花火」のようなさこの命懸けて挑む。怖くともそなたへと捧ぐために我らは孤独寂しき碧色(あおいろ ... いた…「蛍」のようなさこの命懸けて挑む。弱くともそなたへと捧ぐために我らは孤独寂しき碧色(あおい
52 23.月の下で逢いましょう 2-2018”+ ”” Set List Non-Stop Mix23.月の下で逢いましょう Lyricist 広瀬香美 Composer 広瀬香美月の下で逢いましょう欲望渦巻く midnight time躊躇しないで少し急いでむき出しの純情で燃え上がる感情で無秩序な本能で ah only you ... わぬ願いに眠れないでしょう sweet moon-lightく私の身体を透明に染めて ah融けていく ah ahさらわれたいの let
53 24.日付変更線 2-2018”+ ”” Set List Non-Stop Mix24.日付変更線 ... 気持ちは気球になってげにあなたの星空揺らして揺らしているわ廻る廻るメリーゴーランド夢を運ぶ地球よ
54 2.ふるさと船 千葉げん太-望郷国/ふるさと船2.ふるさと船 Lyricist 千葉幸雄 Composer 宮迫はじめ俺のここ ... 蝉も蛍もこの俺も夢のさみな同じ海が墓場さふるさと船は命果てたら命果てたらおまえの胸に俺のこころを
55 1.お休みハッピーX'mas 醸すだろう降り積もるに白けていく街それでもハッピーX'mas今年もサンタはこないサイレンナイトに鳴 ... る俺サイレンナイトはくって何やらまたもドタバタとあの家張り切ってるけれど去年から毎夜ああだった良
56 4.SNOW TEARS 出しそうな冬の夜空にく踊る Powder snow二人の明日を探す僕らのため息がそっと白く溶ける夢 ... 悲しみを隠すみたいにが僕らを包む君の涙も知らずに… Oh戻らない時間悔やむより君を笑顔にするために ... めて…音も立てずに粉が街を染めてく「愛している」と何度もそう言葉にすればするほど君の心をすり抜け
57 1.cymbidium 人の距離も近づいて「が溶けるほどではないね」って少し照れてる君は下を向き強く強く握りしめた手離さな ... 離さないで二人ぼっちい恋日常に期待して僕等は大人になったどうしようもないと分かってたってとても好き ... にさよなら離れないでのようにい恋 won't be wrong please take my hands
58 3.Melty け呼ぶよ突然姿見せたの精そしてまたすぐに消えてしまう ... たすぐに消えてしまう景色をひたすら探すよあれもこれもきっと君のせい頬を伝うぬるい感覚も抱きしめてた ... もりで溶けてしまったい恋でしたやっと見つけた期待裏切るようにするりと通り抜ける細い手首君は微笑むそ ... 呼ぶよ恋の魔法かけたの精どんどん遠ざかってく姿に手
59 2.白兎海岸 すじ白兎海岸沖の漁火くてこの身焦がした夏の宵(よい)咲いて寄り添うハマナスも散りゆく運命(さだめ) ... 遠いあの日の白兎海岸に震えて泣いている恋を失くした白うさぎ港酒津(さけのつ)薄灯りあなたの心に戻
60 7.Dancer んて思っていたりしてげに君が笑ってた灯りをともそうもっと瞳に映して砂の上で踊れば崩れるままに君と落 ... ずっと離れないようにの上で踊れば溶け出すように君と落ちていく少し苦くてアマイ愛の言葉をその指で触
61 1.冬恋花火 とめもしないこの恋はい一瞬の夢静かに燃えてかすかに咲いて散っていく季節外れの線香花火好きだよなんて ... 許されるの教えて銀のに抱かれ凛と咲き誇る汚れを知らない一輪の白い花まっすぐ見つめる瞳に映るのは ... 見つめる瞳に映るのは月花時を重ねても枯れない花びらだけ冷たい炎冬空かき消された一人片思い行く宛の
62 1.雪の花哀歌 岡ゆう子-の花哀歌1.の花哀歌 Lyricist 仁井谷俊也 Composer 岡千秋春というのに牡丹 ... 千秋春というのに牡丹はらはらはらはらふたりの肩に舞う惚れたというのが真実(ほんと)ならなんでひとり ... ら溶けてゆくおんな…(はかな)いの花指の冷たさ手のひらでやさしくやさしく温(ぬく)めてくれたひとあの日の想い出 ... 積もるおんな…切ない(|
63 1.風花~winter white lily~ う感情が色を持つ淡くい希望を風花に乗せ今はただともに歩こう血に穢れた手で抱きしめた永久の祈りに似た ... 静かに胸に降り積もる片(スノーウイッシュ)背負い続ける罪を痛みを包むような winter whit ... 抱(いだ)かれて淡くい希望を風花に乗せどこまでも高く放つ
64 10.ADVENTURE TIME tand up雨も吹にも立ち向かえ What does not destroy me makes ... re time小さくい春の恋の行方はうたかた泪に暮れ心枯れひび割れた胸の水晶午前五時の朝日に照ら
65 2.浮世艶姿桜 ひゃっかりょうらん)(はかな)く酔い君想い詩(うた)春の夢巡り巡られてまた巡ってゆくこの世さえ咲き ... と舞い落ちて月に花吹不意に手を伸ばす夢泡沫(うたかた)の浮世さえどうせ一夜(いちや)の舞桜恋焦がれ ... ひゃっかりょうらん)(はかな)く酔い君想い詩(うた)春の夢巡り巡られてまた巡ってゆくこの世さえ咲
66 1.儚な宿 鳥羽一郎-な宿/人生ど真ん中1.な宿 Lyricist 朝比奈京仔 Composer 木村竜蔵 ... 比奈京仔 Composer 木村竜蔵をいじめる湯煙りをよけて積もればいいものをつかのまのさだめの恋に飛び込んで湯船 ... び込んで湯船に溶ける(はか)な嘘をつかなきゃ逢えぬから嘘を重ねる罪もあろさようなら消えいりそうな泣き声に別
67 7.氷の華 いたそびえ覆う孤独の一輪の氷の花声を殺すように泣いている愛が涙のように溢れる蒼く世界染めていく幻の ... 止められずに愛し合いく散る変わり続ける心張りつめ泣いてる氷の華蒼く世界染めていく嵐の中を手探りに
68 2.Love Magic 空に消えた面影恋の舟さを乗せて行くはDestination夏の蝉が唄う言葉に泣いたつはものこの恋は ... ないRegret冬のが融ける季節に嗅いだ香りよこの恋は四季のよう春風吹く前に消ゆと季節巡りまた出逢 ... 空に消えた面影恋の舟さを乗せて行くはDestination夏の蝉が唄う言葉に泣いたつはものこの恋
69 2.上弦の月 た鮮やかな色を付けたの椿の様に仮初の夢がいつか覚めたなら貴方を探して何処へと進むだろうささやかな願 ... く離れてそれはとてもく過去も現在(いま)も全てを託していくなら終わらない雨の中で抱きしめて貴方が答 ... えを探しているのなら椿紅く染まる花びらに今宵を預けて迷い続け
70 5.snowflake スピラ・スピカ-と星と僕ら5.snowflake Lyricist 幹葉 Composer 寺西裕二真っ白な光 ... 出はいつだって美しいい消えてしまった君幼い記憶辿るよ会いたいという気持ちはいったいどこからやってく ... られるようになるからがやみとけて道が見えた私はまた少し大きくなっ
71 10.これくらいの きましょう用水路には解け、透明の速度で「あぁハモろうとしてみてもつられてしまう」歩道橋のサビと青空 ... 負えないほど、ときにげなもののために丘の上のほうボロい四阿にね、腰を掛けてお話します力に任せても
72 10.桜、月華に舞う 紅に包み込まれ夢見月く色付くこの世界で踊れふっと吐息漏れて秘めた憂い彩ってしっとりと鮮やかに衣の袖 ... うつろう舞い散る花吹月華に惑い揺らめくひらひらと艶やかに現し世染めゆく花風受け止めて悲哀を隠しこぼ ... 紅に包み込まれ夢見月く色付くこの世界で踊
73 3.White ほど会いたい会えないく白い粉のように消えてしまいそうで君をこんなに強く愛してるのは僕以外誰もいないねぇ君を ... を増す花のように光るく溶けていく君の唇触れた瞬間全てが純白になるもっと見つめていたい壊れる程に抱
74 1.無情の波止場 なら無情の波止場恋はいさだめだといまさら知るなんて雨の燈台遥か遠くにじむ灯りが哀しいあなたと二人海 ... ゝ凍えて夢を散らしたになる無情の波止
75 1.White Letter e Imai「今夜はが降るみたいだよ」と嬉しそうに君が笑うあんなに無邪気な顔するから冬が少し好きに ... ってるけど降り出したに二人包まれるように幸せ願っていた舞い散る桜頬を染めて想い出も色づくかな?うつ ... けどきらめいて消えたいあの淡今年も見れますように…二人の吐息重なりあって(ひとつになる)空に昇って ... つになる)空に昇
76 14.冬の唄-New Version- の朝、降り出したそのは、見慣れた景色を午後には白くしていた。弱虫だったあの冬の日、強さの意味さえ知 ... 。踏みつけられたこのの上にも、また新しいは積もるだろう。汚れかけた僕の心さえも白く染めてく。眩しい制服の白すぎる残像が ... 中にも、また真っ白なが積もるだろう。そしていつかその傷跡さえ隠してゆく。 ... 傷跡さえ隠
77 3.Too late snow(Album Long ver.) er.)白いが降り積もる凍てつく恋心君に伝えられるならもう一度あの場所へこの手のひら舞い落 ... の手のひら舞い落ちるい恋心かじかむ指確かめた消えゆく一欠片束の間見つけ出した温もりクチビル言いかけ ... 少し近づけるかな白いが舞い落ちるい恋心かじかむ指確かめた消えゆく一欠片黄昏歩き出した坂道眼差し問いかけた言葉を ... き
78 23.Lovers Again Nakamura初にざわめく街で見覚えのあるスカイブルーのマフラーふり向いた知らない顔にうつむく ... では愛された記憶さえくてむなしいだけふたりでは想いあたためる意味見つけられないもう二度とあんなに
79 2.こゝろ花 br>はらりほろり白纏いはらりほろり舞うこゝろ花明けない夜はないと誰かが笑う明けぬが仏とまぶたをと ... が仏とまぶたをとじるく燃ゆる愛の夢決してほどかぬ愛の糸限りあるならこの命あなたとならば惜しくはな
80 2.ジセイノク ノク人の夢はきキネマ咲いて啼いて悪の華吹 ... 咲いて啼いて悪の華吹或る日然る黄昏に風に揺れるは首筋を滑るように艶めく髪橙と紫に染まった空がまぶた ... 止めて欲しい人の夢はきキネマ憂い淫れながら愛を知る森羅万象娑婆に犯され咲いて啼いて恋の華吹 ... 咲いて啼いて恋の華吹生を受け幾星霜巡る徒然怖いくらい美しい月夜の蝶々
81 7.雪月花 irth7.月花静かな闇夜でそっと貴方は震えていた抗い潤う姿眩しすぎて傷ついて遠す ... 消えないまま散りゆくにその手伸ばして解けた意図が砕けるようで去りゆく彩に麗しき羽壊れぬようにそっと ... ぬままに咲いていてよいままの永遠の
82 1.雪の華 ムベスト1.の華 Lyricist 麻こよみ Composer 徳久広司なんで女に生まれたか泣くことばかり多すぎる ... ては消える恋は悲しいの華今も二人は続いてたあなたの嘘が許せたら海鳥一羽波の上寒さこらえて誰を待つ抱 ... いなんて恋はせつないの華未練心の重たさに思わず砂に膝をつくあなたともしも逢えるならくれてやりますこ ... に降っては消える恋は
83 13.雪よ舞い散れ其方に向けて ON+13.よ舞い散れ其方に向けて Lyricist 亜沙 Composer 亜沙春はまだ遠く寒空は曇りのち ... だ遠く寒空は曇りのちへ変わる灰色の空見上げても貴方には届かないのね嗚呼、隣にいた頃は知らずにいた物 ... 白くただ熱を帯びてくよ舞い散れ其方に向けて想いは ... れ其方に向けて想いはいものです幾夜徒然私は独り願いよ届け命短し恋せよ乙女私はま
84 4.Still 切なものはこんなにもくて二度と戻せないんだね白い息がまた今年も街に冬を告げ始めだしたこのさよならが ... くれるかな舞い降りたお願いどうか涙隠す時まで止まないでほしい傷つけあって確かめ合ったそんな事が愛だ ... てくれるから舞い降るが痛みを全て覆い隠し消し去る優しさになってもしも僕らまた出逢え直せるのなら…
85 1.雪の華 真木ことみ-の華/いさり火本線1.の華 Lyricist 麻こよみ Composer 徳久広司なんで女に生まれたか泣くことばかり多すぎる ... ては消える恋は悲しいの華今も二人は続いてたあなたの嘘が許せたら海鳥一羽波の上寒さこらえて誰を待つ抱 ... いなんて恋はせつないの華未練心の重たさに思わず砂に膝をつくあなたともしも逢えるならくれてやりますこ ..
86 3.淡雪の人 真木ことみ-の華/いさり火本線3.淡の人 Lyricist 及川眠子 Composer 坂本洋暮れる街を淡い ... 坂本洋暮れる街を淡いがつつむあなたは今同じ笑顔で元気かと私に訊く時計気にかけながら伏し目がちに前髪 ... 持ちが静かに私の胸にを降らせるのはあなたに背中向けたあの日のわがままを許せないから肩に落ちた白い欠 ... 持ちが静かに私の胸に
87 11.夢でいてくれるでしょう 果実は綺麗だろうか吹いて流れて踏まれる花びらは幸せだろうか ... 花びらは幸せだろうかいもの切ないものを美しく見せたがるなぜに人はいつも生まれ落ちた子犬のように震
88 1.白い宿 夜に二夜に降り積もるで小枝がまた折れるこれが最後の恋だもの夢に散りたいこの命二人隠して白い宿添えな ... りは来るものを今日もい夢を見た女心の悲しさをそっと見つめる冬の花二人どこ行く白い
89 10.Pray ふいに漏らした吐息がい夢に混ざって人知れず舞い上がってくFade out baby単純に笑えなくて ... うで静かにそっと降る傘もなく肩に積もる2度と取り戻せないでもきっと新たな出逢い繰り返して必ず歩き出 ... とごと)のように降るの中で今は止め処なく流れる時間ひとり置き去りにされたようで静かにそっと降る ... うで静かにそっと降る傘もなく
90 2.あなたのギター しく響きますあぁ外はですねかじかむ指が恋しがるあなたの温もりを優しさをその手で私を抱きしめて悲しい ... ーに語りかけてみてもいあのメロディーだけが…私の胸しめつけるだけ窓を揺する風に怯えてもすがる胸も
91 18.遊月恋歌 う願って降りつもった深く埋もれて春を待つの冷たくなったわたしを抱いてあなたは泣くの枝を鳴らす激しい ... どけないのよこの手をい幸せが消えぬうちにそっとまぶたに口づけてこれからひとり見る時の移ろいがああ
92 23.月光夜 たさに骨がそっと氷るのような胸の下は赤い薔薇のシャーベット蜉蝣の翅も軋む眠りへの階段踏み出すたび痛 ... ゆめ)心はこんなにもい匣だからひとつぶの涙の重さを知ってる少しだけ今だけ生きるのを止めよう何もか
93 4.スノウ のに願う私微笑んだ君どけのようにく溶けて消えた恋一人でおいてかないで抱き合った数を数えて曖昧を悔やむ私はここに ... もりは一度もなかったどけのようにく溶けて消えた恋一人でおいてかないで抱き合った数を数えて曖昧を悔やむ私を忘れ
94 2.Last Lament 郎・UiNA鳴り響け原のLament夢果て朽ちようともこの身に纏う情熱の炎で立ち上がり続ける凍てつ ... 叫び、嘆いて鳴り響け原のLament夢果て朽ちるがいいこの身に纏う情熱の炎で絶望さえも溶かしてみせ ... goist神話を創れさに潜む醜さも雄弁に語ってしまう瞳-め-で交わす言葉など知らなくとも傷つけあう ... Lament鳴り響け原のLament夢果て朽ちよう
95 1.命の花よ れゆく貴方を追いかけの中赤い紅(べに)ひく命の花よ運命(さだめ)の縁(えにし)と信じていても別れは ... とりひとりひとり泣く(はかな)い夢と散ろうとも愛を貫(つらぬ)く命の花よ女の一途を捧げ尽くしてふ
96 10.抱きしめたい 少し歩こう umm粉が舞うキミが悪いわけじゃないんだからこれ以上責めるのはやめて抱きしめたい強がる ... めたい強がる心が持つさ間違ってないよ悔やまないで明日がやってくるぎゅっと結んだ唇キスで解けたなら
97 9.うたかたの恋 ふたりの時を刻んでくのように月のしずくが瞳をぬらすの涙があふれるみたいに夜が静かな眠りにつくまで
98 2.サクラサク れて悲しいんだよ毎晩解けの春が来て命芽吹いたら居ても立っても居られず飛び出すワールドさくらひらひら ... めに溢れそうな想いはく咲く夜桜の花言葉に変えた僕らを繋ぐもんなんてあやふやで曖昧模糊だ声に出そう
99 2.微熱(A)girlサマー (しらべ)冬の街灯と今も降り積もれど心に灯るメモリー時を越え音になる会いたい朝も夜も夢も雨も風邪で ... にノーサレンダー甘くい恋のまじないもう止まらない明日の風に飛び乗れ!1℃微熱(A)girlサマー
100 2.Bluebell Wood の世界では何もかもがい私の一日は君の幾千の日々'変わらない心'でまた見つけてくれる春が来て夏が来て ... げようとしている髪がに染まった少女心はあの日のままで生まれては死んでゆく世の理よ今だけは目を閉じ

There can only be 100 items shown at a time, please add another word to narrow down the result.