Mojim 歌詞

赤い海 】 【 歌詞 】 合計41件の関連歌詞

アルバム ( ページリンク ) ソング ( ページリンク )( 部分歌詞 )
1 10.砂の城 城 作詞 いしわたり淳治 作曲 藤本和則赤い海へ陽が無言で沈んで空翔る鳥は自由に歌っている自由を追うことを止めたそのときにひとははじめて自由になれるのに青い葉や花がやさしくひらいて鮮やかな色で自然に笑っている自
2 1.XR CHAOS RAVE ね新たな出逢いこれからのストーリー欲望の赤い海抜けて静かに燃える瞳ブルーオーシャン目指す月明かりの夜に独りブルーオーシャン目指す個室に乗り込みイカの匂いコンビニアイス買った帰り道で平成が終わり令和になった待った
3 11.Super Star の流れが振り回す頭の中で渦を巻く2度見た赤い海溶かして隠してた甘い傷がそ
4 2.ENERGY MAKER て(zutto)会いたくて(zutto)赤い海を泳いでいた廻り廻るこの星で巡り巡る人の世は危険を孕んでいるからこそ私は歌を唄う…いつでも'呼ばれた'その日は、とても嬉しかった'生まれる'その日を、ずっと待ってい
5 1.憂い切る身 きちゃだめ、とそう、赤い海を育てると思えば宝物を守るゲームなら飽きないようにくれた声、涙も愛幸せだっ ... 切る身の早さ今知った赤い海を育てようと思ったこれが一途か気が狂いそうだ幸せだったこと自慢したい最期

6 1.いのちのリレー 私に問いかける「あなたは今幸せですか?」赤い海、黒い空の色をどれだけの人が知っていますか…?でも生きているそうここにいる大切な命を繋いでいくよ巡り巡って生まれた命よあなたは私の全てあなたの為に歌うよわたしが語り
7 12.飢餓海峡〜ギターバージョン〜 あんたの手を巻いて連れてってあゝこの海は赤い海…漕いでも漕いでも戻る道ない飢餓海峡愛して愛して身を束ねたとえ地獄のはてまでも連れてってあゝこの舟は木の葉舟…漕いでも漕いでもたどる岸ない飢餓海
8 90.抱きしめて それは何故?ワイングラス砕けてゆらゆらと赤い海の底へ堕ちてゆく私だからもっともっと強く抱きしめてもっともっと強く抱きしめて帰らないひと待つのもいつもの私うしろ姿を見送るいつものまた私追えば逃げる縋れば消えてゆく
9 13.M・A・D てゆくのか僕は狂っている舌を溶かしながら赤い海の底で溺れる夢をみる想い出す優しさだけをそうして眠りにつくよアスファルトを抱いて熱にうなされている僕を破裂させてくれ僕は狂っていたもう二度と会えない全て狂っていたど
10 12.飢餓海峡 あんたの手を巻いて連れてってあゝこの海は赤い海…漕いでも漕いでも戻る道ない飢餓海峡愛して愛して身を束ねたとえ地獄のはてまでも連れてってあゝこの舟は木の葉舟…漕いでも漕いでもたどる岸ない飢餓海
11 4.潮騒 いつまでもずっと癒されないように体の奥の赤い海で記憶が爆ぜる僕らはいつも不満そうに笑っていたあんなにも当たり前の事当たり前の景色が実は掴んだ砂が音もなくこぼれた今、夜空を染めるように蒼く潮騒が爆ぜる僕らが生きた
12 11.飢餓海峡~ギターバージョン~ あんたの手を巻いて連れてってあゝこの海は赤い海…漕いでも漕いでも戻る道ない飢餓海峡愛して愛して身を束ねたとえ地獄のはてまでも連れてってあゝこの舟は木の葉舟…漕いでも漕いでもたどる岸ない飢餓海
13 5.飢餓海峡(きがかいきょう) あんたの手を巻いて連れてってあゝこの海は赤い海…漕いでも漕いでも戻る道ない飢餓海峡愛して愛して身を束ねたとえ地獄のはてまでも連れてってあゝこの舟は木の葉舟…漕いでも漕いでもたどる岸ない飢餓海
14 9.飢餓海峡 あんたの手を巻いて連れてってあゝこの海は赤い海…漕いでも漕いでも戻る道ない飢餓海峡愛して愛して身を束ねたとえ地獄のはてまでも連れてってあゝこの舟は木の葉舟…漕いでも漕いでもたどる岸ない飢餓海
15 29.飢餓海峡 あんたの手を巻いて連れてってあゝこの海は赤い海…漕いでも漕いでも戻る道ない飢餓海峡愛して愛して身を束ねたとえ地獄のはてまでも連れてってあゝこの舟は木の葉舟…漕いでも漕いでもたどる岸ない飢餓海
16 2.妖奇譚 するべく夢見鳥が目覺めることはない七つの赤い海を制する物言う大魚が贄(にえ)を求め今お前を飲み迂まんとする顎門(あざと)を裂きのたうつ虹色の鱗が魅せる斷末魔飧らえど飧らえどもお前を現實の惡夢から呼び起こせはしな
17 4.M・A・D てゆくのか僕は狂っている舌を溶かしながら赤い海の底で溺れる夢をみる想い出す優しさだけをそうして眠りにつくよアスファルトを抱いて熱にうなされている僕を破裂させてくれ僕は狂っていたもう二度と会えない全て狂っていたど
18 8.君と永遠(とわ)に 疲れた肩を抱きよせる赤い海の果てまで最後の日まで世界が変わってもこの愛君と永遠(とわ)に無力な僕はも ... いた胸に満ちるように赤い海の果てまで最後の日まで世界が変わってもこの愛君と永遠(とわ)に ... 愛君と永遠(とわ)に赤い海の果てまでこの愛君と永遠(とわ)に..
19 14.抱きしめて それは何故?ワイングラス砕けてゆらゆらと赤い海の底へ堕ちてゆく私だからもっともっと強く抱きしめてもっともっと強く抱きしめて帰らないひと待つのもいつもの私うしろ姿を見送るいつものまた私追えば逃げる縋れば消えてゆく
20 14.endscape(album ver.) 見えるから太陽の呼ぶ聲に目が覺めた昨日の赤い海を飲み乾して青に變えて行くキラキラ光る時間の針の上風に逆らう雲を明日の自分に重ねて行く遮るものが多すぎるんだよここに立ってるだけじゃきっとねぇ答えはないよ今日の景色

21 14.抱きしめて それは何故?ワイングラス砕けてゆらゆらと赤い海の底へ堕ちてゆく私だからもっともっと強く抱きしめてもっともっと強く抱きしめて帰らないひと待つのもいつもの私うしろ姿を見送るいつものまた私追えば逃げる縋れば消えてゆく
22 5.M・A・D てゆくのか僕は狂っている舌を溶かしながら赤い海の底で溺れる夢をみる想い出す優しさだけをそうして眠りにつくよアスファルトを抱いて熱にうなされている僕を破裂させてくれ僕は狂っていたもう二度と会えない全て狂っていたど
23 9.MAD てゆくのか僕は狂っている舌を溶かしながら赤い海の底で溺れる夢をみる想い出す優しさだけをそうして眠りにつくよアスファルトを抱いて熱にうなされてる僕を破裂させてくれ僕は狂っていたもう二度と会えない全て狂っていたどう
24 1.endscape 見えるから太陽の呼ぶ聲に目が覺めた昨日の赤い海を飲み乾して青に變えて行くキラキラ光る時間の針の上風に逆らう雲を明日の自分に重ねて行く遮るものが多すぎるんだよここに立ってるだけじゃきっとねぇ答えはないよ今日の景色
25 14.抱きしめて それは何故?ワイングラス砕けてゆらゆらと赤い海の底へ堕ちてゆく私だからもっともっと強く抱きしめてもっともっと強く抱きしめて帰らないひと待つのもいつもの私うしろ姿を見送るいつものまた私追えば逃げる縋れば消えてゆく
26 13.抱きしめて それは何故?ワイングラス砕けてゆらゆらと赤い海の底へ堕ちてゆく私だからもっともっと強く抱きしめてもっともっと強く抱きしめて帰らないひと待つのもいつもの私うしろ姿を見送るいつものまた私追えば逃げる縋れば消えてゆく
27 12.グッドモーニングサニーデイ ou Goodbye Yesterday赤い海を越えて Good Morning Sunny Day手を離すな
28 14.抱きしめて それは何故?ワイングラス砕けてゆらゆらと赤い海の底へ堕ちてゆく私だからもっともっと強く抱きしめてもっともっと強く抱きしめて帰らないひと待つのもいつもの私うしろ姿を見送るいつものまた私追えば逃げる縋れば消えてゆく
29 6.赤い海辺 SIBILITY-shine6.赤い海辺 作詞 43K・EIG 作曲 POSSIBILITY陽も沈みだした砂浜を二人歩いた君は目を輝かせ僕の手を取りはしゃいでいた温かな夕方の風が二人包んでいたこんな日
30 15.抱きしめて それは何故?ワイングラス砕けてゆらゆらと赤い海の底へ堕ちてゆく私だからもっともっと強く抱きしめてもっともっと強く抱きしめて帰らないひと待つのもいつもの私うしろ姿を見送るいつものまた私追えば逃げる縋れば消えてゆく
31 10.抱きしめて それは何故?ワイングラス砕けてゆらゆらと赤い海の底へ堕ちてゆく私だからもっともっと強く抱きしめてもっともっと強く抱きしめて帰らないひと待つのもいつもの私うしろ姿を見送るいつものまた私追えば逃げる縋れば消えてゆく
32 1.抱きしめて それは何故?ワイングラス砕けてゆらゆらと赤い海の底へ堕ちてゆく私だからもっともっと強く抱きしめてもっともっと強く抱きしめて帰らないひと待つのもいつもの私うしろ姿を見送るいつものまた私追えば逃げる縋れば消えてゆく
33 13.No name じゃねぇ愛だとか友情だとかどこにあるの?赤い海黒い月輝く太陽人を偽りながら存在を感じながら生きて行(ゆ)くの?生きて行(ゆ)けるの?がむしゃらに抱きついた無垢な気持ち揺りかごで感じてた母の笑顔いつからか迷い込ん
34 11.壁の向こうのFreedom-24th March1989- 会での誓いふたりだけのウェディング・ベル赤い海に浮かぶ自由の島で Silent City West Berli
35 3.666 作詞 松井五郎 作曲 吉川智子グラスに赤い海屋根には黒い猫小声で呼ぶ名前夜風に許す素肌(はだ)愛だけに縛られないで“孤独なんか怖がらないで”邪魔なもの壊してもいいかわいい顔して女は悪魔 Deep...You
36 34.夜汽車のブルース r> 作詞 ドリー 作曲 ドリーグラリ、日が沈む赤い海の彼方から泥まみれの夜に発つ汽車に飛び乗った振り向けば砂の味ザラリ、ザラリ夢見てるばかりなら明日は来ないぜいくつもの夜を越え胸に描く蜃気楼今夜こそ手に入れろレールは
37 7.壁の向こうのFreedom(Acoustic Version) 会での誓いふたりだけのウェディング・ベル赤い海に浮かぶ自由の島で Silent City West Berli
38 11.Trigger 誘(いざな)う痛み消えないまま足元濡らす赤い海渡ってこの私が今光を掬って取り返そう全て世界を奪おうどこまでも追いかけ超えるその日まで愛憎の中で咲く狂気に引き金を滲んでゆくあいつのその瞳に絶望写すまで死ぬなど許さ
39 23.夢の海峡 林信康 作曲 岡林信康水と空が夕陽に溶け合う赤い海原舟は行くよこの身をきしませ夜のとばりを夢を信じてここまで来たか夢よ夢よああお前が連れてゆくいつか明けの輝く明星夢の海峡エンヤラヤーノーヤーエンヤラヤーノーヤーエン
40 2.M・A・D てゆくのか僕は狂っている舌を溶かしながら赤い海の底で溺れる夢をみる想い出す優しさだけをそうして眠りにつくよアスファルトを抱いて熱にうなされている僕を破裂させてくれ僕は狂っていたもう二度と会えない全て狂っていたど
41 30.パラドクサル みたい夕焼けに染まる赤い海を飛んでいったかもめに自由に泳ぐみたいに空を飛んでいったかもめにただ僕はな ... あーあ夕焼けに染まる赤い海を飛んでいったかもめに自由に泳ぐみたいに空を飛んでいったかもめにただ僕は