Mojim Lyrics

谺する 】 【 Lyrics 21 lyrics related been found

Album ( Page Link ) Song ( Page Link )( Partial Lyrics )
1 3.HIGH& LOW 能羊のふりをして笑ってみただけさ遠吠えが谺する渓谷の底で錆びついた夢の墓場を探して持て余しているのさあり余った欲望を犬のように俺はわかっちゃいるが堕ちていく奈落へ It's been a long time s
2 3.Cross Ache or a wish)手探りのまま私は進む谺する目醒(めざめ)の音 I Swallow the Misty Fate世界の果てに傷痕探してまた光が交差(かさ)なる I Go Face the Dusty Gate
3 12.真夜中を歩く Marine Space on Town谺する声はあなたになる真夜中を歩くまだ夜明けまでは遠い Dark Marine Space on Town夜をたたえて波はおだやかに光り充ちた町はもう映ってはいないけれど
4 2.LOVE HATE DRAMA にあるの」とああ今夜もまた何処かで嬌声が谺する混乱と熱に浮かされてさあ今舞台に立て!ねぇ馬鹿らしくってもう仕方が無いや私もあの子も誰も彼もねぇ気取った振りなんてもうしたってしょうがないやどうせ皆阿呆だほら輪にな
5 3.汚染 かな自信過剰という名の罪誰もいない部屋に谺する疎密波真っ黒に染まった画布へと浄化の一

6 4.魂のreload ように暴かれた醜悪に谺する火の inspire立ち上がれ!希望の先へ無心なら犠牲の濁りなんて簡単には ... ように暴かれた醜悪に谺する火の inspire立ち上がれ!希望の先
7 14.Nocturnal を目覚めよ眠れる意思強き心の眼を開け夜に谺する波打つ感覚ならば月に近づける誰も選べない生まれながらの性も今は愛せると誓う夜を越えてゆけ黒き光の如く星が望んでいた夢心を失えば何も残らないからどうか受け取ってほしい
8 2.谺 ポの心だけが虚しく僕を蝕んでいる遠くから谺する歌声に揺さぶられてこんな近くにあることさえ気付けないなんてどうかしてるでしょもっと傍に歩み寄れたらなんて思う程響いてるまだ今は消えないで歌声はもう聴けないこれで前を
9 1.Nocturnal を目覚めよ眠れる意思強き心の眼を開け夜に谺する波打つ感覚ならば月に近づける誰も選べない生まれながらの性も今は愛せると誓う夜を越えてゆけ黒き光の如く星が望んでいた夢心を失えば何も残らないからどうか受け取ってほしい
10 5.亡國覚醒カタルシス よう太陽に棲むと云う賢者の鷲羽搏きだけが谺するこの双つの眸に宿った闇と光その何方で僕は未来(あした)を見つめるべきなのだろう渇き切った瓦礫の街点と線を繋ぎ合わせ意味など無い事ばかり溢れてゆく炎のごとき孤独抱く體
11 2.隷従 声で強く詰って不敵に笑って歓喜の悲鳴闇に谺する卑猥な言葉を浴びて戻れないで坂を転げ落ちてく痛みだけが支えているこの世に或存在を従うから側にいさせてあなたが全て愛してる至福の傷増える度に感じていく従うから好きでい
12 29.春告鳥 とのこぼした言葉にならない言葉が音も無く谺する足元に蟠る薄氷に靄めいた白い風立ちこめて春告鳥の問いかける別離にたじろぐわたしの心春の夢朧気に咲き春の夢密やかに逝く古都の庭先野辺の送りふりむけばただ閑か
13 4.維新 rra漂えば遥かまで谺するこの聲よ貌わりゆく時代の風に翻り何処までも響いて言葉は意味を絶ち無数に羅列 ... り巡る漂えば遥かまで谺するこの聲よ貌わりゆく時代の風に翻り何処までも響いて儚く散り逝く命の歴史は枯れ ... を拡げ漂えば遥かまで谺するこの聲よ貌わりゆく時代の風に翻り何処までも響いて儚く散り逝く命の歴史は枯れ ... に掴む漂えば遥
14 13.亡國覚醒カタルシス[orchestral crowd ver.] よう太陽に棲むと云う賢者の鷲羽搏きだけが谺するこの双つの眸に宿った闇と光その何方で僕は未来(あした)を見つめるべきなのだろう渇き切った瓦礫の街点と線を繋ぎ合わせ意味など無い事ばかり溢れてゆく炎のごとき孤独抱く體
15 1.亡國覚醒カタルシス よう太陽に棲むと云う賢者の鷲羽搏きだけが谺するこの双つの眸に宿った闇と光その何方で僕は未来(あした)を見つめるべきなのだろう渇き切った瓦礫の街点と線を繋ぎ合わせ意味など無い事ばかり溢れてゆく炎のごとき孤独抱く體
16 3.いびつ 詞一志 Composer Kagrra燻る蜃気楼闇夜に谺する聲は暈なって哀しみを戒める昊に抱かれて揺らめいて繙かれてく二つの運命縺れ逝く溶けないままに蒼く迸る焔を抱くように消えた影の中言霊は響き合う昊に抱かれて揺らめいて繙か
17 8.螺旋 る数え切れない星に彼の人を映して哀しみは谺するこの胸を駆け巡る永劫の愛しさを衣の様に纒い色褪せ消えた季節独り訪ねてみてもこの手に触れる物は淡雪の様な花弁よ廻り逝く歳月に置去りの葉双が奏でる美しさにもどかしくて泪
18 12.All EYES ON ME てた咽び荒んだ詩誰も気付かないまま静寂に谺する届かない響かない思い出せない愛優しい気持ちだけ捨て去りおざなり僕の愛ひかれずにイカれすぎ羨み宿り愛君の心にも届かぬまま微かに問いかける嘆き響く夜の空締め付ける胸に残
19 7.春告鳥 とのこぼした言葉にならない言葉が音も無く谺する足元に蟠る薄氷に靄めいた白い風立ちこめて春告鳥の問いかける別離にたじろぐわたしの心春の夢朧気に咲き春の夢密やかに逝く古都の庭先野辺の送りふりむけばただ閑か
20 14.星空の鎮魂歌 歌 Lyricist 丹古晴巳 Composer 山本譲二星空に谺する歓声に応えて今夜もマウンドにのぼるシャイな微笑み少年のすがしさで男の貌になりやがて熱く熱くもえあがったねああもういちど逢いたいあのあどけない笑顔ああもういちどしびれ

21 3.流れよ 違っていたのでもない谺するのは嗄れた声為す術なく老いて行くのか蒼々と広がる太虚を彷徨う白雲信じる事の ... 違っていたのでもない谺するのは嗄れた声為す術なく老いて行くのか蒼々と広がる太虚を彷徨う白雲信じる事