【 薄紫の 】 【 歌詞 】共有 67筆相關歌詞
魔鏡歌詞網

薄紫の 】 【 歌詞 】 共有 67筆相關歌詞

專輯 ( 頁面連結 ) 歌名 ( 頁面連結 )( 部分歌詞 )
1 1.Running for your life~Theme of Cruth~ ショーキチさざ波立つ時間の水面に揺らめく薄紫の焔その光に浮き上がる影は追い続けたネガポジの狭間 Shoot it down...狙い撃つはいつも Shoot it down...変わる未来 Shoot it d
2 10.ロングウェイホーム 画のなかへバックシートに物語ひとつ乗せて薄紫の街角見紛う人影を振り払う遠い日の夢何度でも膨らませば紙風船飛ばす子供のように息は切れるばかりああ揺るぎない足取りでうちへ帰ろう常夜灯の虫たちも鳥の群れも幼い日の空に
3 1.Jacarandaの花のように れた人形みたいに雨に打たれてうずくまった薄紫の夜明けの色だよジャカランダさあ踊ろうよもう一度生き抜くためにジャカランダ燦々と咲いてごらんよ優しい天使たちジャカランダは貴女貴女は一人じゃないのよあんなにこんなに燃
4 4.東京忘れ 毎日でも幸せだって思っていたけどあの日の薄紫の花はまた咲きますかひとりきりじゃ少し広過ぎる部屋を彩ってくように去り行く季節を全部忘れるようにたぶん東京でのことは誰のせいでもなくてさ大きな夢を見てたら小さな石ころ
5 13.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は

6 21.薄紫 ったサイレンが鳴る頃薄紫の空をみてたここからでもみえるだけどあそこにしかない空をみてるそれはたぶん家 ... ったサイレンが鳴る頃薄紫の空をみてたこんなにかかったよ振り返ってあなたに手をふるまで
7 2.アゲハ わりなき孤独な時生きとし生ける者去った後薄紫のアゲハは舞う朽ちかけの塔建ち並ぶ丘を何処に向うあても無い捻れた時空薄れ行く思考の彼方で君は羽を休めやしない何を光に変えているの枯れ果てそれでも突き刺さった喜び悲しみ
8 4.ちょっとそこまで うせつ夕暮れ時の風は甘いよ胸に入りこんで薄紫の雲になる一つ目の角葉桜のアーチ二つ目の角野良猫の空き地三つ目の角五月の花屋急ぎ足になりかけてはまたゆるめて大通りちょっとそこまでとっても好きな人に逢いに行く逢いに行
9 7.透明なひとときを 川きよし作曲長谷川きよし夜の静けさがある薄紫の光がある酔っていようあなたの心の奥の芯に僕の言葉がぶつかってこつんと小さな音をたてるそのかすかな響きが部屋の中を遊んでいる夜のほほえみがあるグラスを満す酒がある酔っ
10 11.Rosy Night Rainy Night スミンそれとも薔薇春を告げるアーモンドや薄紫のジャカランダよりいつまでも胸に咲き続けるあの日のあの夜の赤い薔薇 ROSY NIGHT初めて出会った時のように RAINY NIGHT咲き誇る薔薇の花を君に捧げ僕は
11 7.花火 2人の目に浮かんだこの夏1番きれいな花火薄紫の浴衣艶やかな姿でまるで子供のように笑うから時間が止まったちゃんと君に謝って良かった年に1度の舘山寺花火大会このまま隣で笑い合いたい地元浜松じゃかなり最大規模で混み合
12 3.孤独な星空 に今はただ孤独な瞬間(とき)を見上げて…薄紫の夜明けの近くで空に希望を見つけたもし抱きしめてもらえなくたってあなたがそばにいればいいお願い流星たちよ愛しさを永遠に輝かせていくつもの雲覆われてもため息が風になり届
13 5.ラベンダーのジュータン ラベンダーのあのジュータン今すぐ行きたい薄紫の畑から季節の風に乗って満開の花と私の気持ちを伝えたいのよねえ教室の窓辺に待ちわびてた春が柔らかな陽射しを連れて来たここに転校してようやく気づいたのずっと恋をしてた自
14 6.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
15 14.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
16 1.花しのぶ .花しのぶ作詞麻こよみ作曲叶弦大薄紫の夕暮れに小さく花びら震えています心細さに泣いたってこの胸のこの灯り消さずに生きる…たとえ人目に触れずとも命咲かせます花しのぶこの手の中のささやかな幸せ続くと信じてい
17 11.さよならがあるから 蝉を捕った神社秘密の隠れ家長い通学路あの薄紫の花はまだ咲いているかな長く間をあけて帰る身勝手な私を変わらない笑顔で迎えてくれるその優しさにずっと支えられてきたんだね大切な人たちがいる町をいつも忘れてないよさよな
18 2.恋ならば の訪れ恋泥棒になる決意は嫌に早く固まって薄紫の花言葉「心意気」尖る葉は剣に似ていざ斬るか斬られるかあらあらら誰が泣こうが関係ないじゃない?恋勝負盗っては盗り盗られ恋勝負凛としゃ咲き誇りて舞え花菖蒲木の葉剣舞え花
19 7.遠く吹く風 るはずはないけど数え切れない思い出が甦る薄紫の高い空長く伸びる影法師遠くで吹いている風が僕らを呼んでいる振り向かずに堪えても涙が途切れない部屋の壁に掛かったカレンダーをまためくっている昔よりも早く時間が進むから
20 1.花忍(はなしのぶ) が風になり夜が咲かせる可憐な花よ花忍花忍薄紫のアイラインライトに浮かぶお前が好きさ残り少ない時間が泣いてる時計の泪別れの泪二人見つめる窓の外針も寄り添う都会の零時花忍花忍連れてゆきたい故郷へ輝く瞳お前が好きさラ

21 5.朝顔 のニュースペーパーを今日はどこへ行こうか薄紫の空の様なあの日君と選んだ朝顔テラスに揺れるまだ目覚めそうにない「おはよう」と邪魔したくなるカーテンの隙間からシーツに延びる光の柱が今日は青空の下で芝生のキレイな公園
22 12.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
23 6.柊の街-RAINY DAY- 雨の中待つ人がないままの一人のあの部屋も薄紫の冷たい雨の中濡れて……駅前の花屋には季節を忘れたような鮮かな赤い花吐く息の白さとはまるで裏腹のように夕闇の中に咲くこの街を飛び出せないでこの街で暮らし続けた初めて来
24 2.waltz Eどうしてもやさしさは悲しみを連れてくる薄紫のしゃぼんのようではかなくてこわれそう過ぎた日のあこがれは色褪せた忘れ物やりきれない想いはきっと追い越した景色かなあの日のふたりに逢いにゆきましょう約束を渡そうここま
25 14.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
26 9.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
27 9.紫音‐sion‐ りでは生きられないだから私、誰かのため…薄紫の夜空に舞う花風に揺られ儚く見えるけれど気高く生きたその証を残す命運び続けてる皆それぞれの場所で戦いに向かっている何を守るべきなのか?問い続け…哀しく光るあの星のよう
28 5.千年ロマンス(Album Mix) えてみよう運命を信じてた気が遠くなるほど薄紫のアネモネの花言葉のように遥か神話の頃から僕達は擦れ違って追憶のひとひらを彷徨っていた Oh千年ロマンス君に巡り逢えたヴィーナス星座になるまで抱きあってmy prec
29 1.アゲハ わりなき孤独な時生きとし生ける者去った後薄紫のアゲハは舞う朽ちかけの塔建ち並ぶ丘を何処に向うあても無い捻れた時空薄れ行く思考の彼方で君は羽を休めやしない何を光に変えているの枯れ果てそれでも突き刺さった喜び悲しみ
30 16.ガラスの森 子近づけば火のように燃えあがるガラスの森薄紫の黄昏そびえ立つビルの窓辺デスクにたたずむ女ひとりでは生きられない寂しさにドラマが始まる恋の予感が走る今運命に遊ばれて危険なめぐり逢い扉の前ですれ違う愛しい男(ひと)
31 1.アゲハ わりなき孤独な時生きとし生ける者去った後薄紫のアゲハは舞う朽ちかけの塔建ち並ぶ丘を何処に向うあても無い捻れた時空薄れ行く思考の彼方で君は羽を休めやしない何を光に変えているの枯れ果てそれでも突き刺さった喜び悲しみ
32 13.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
33 4.ポケットから手を出せないでいる 黙る魂雪を待っている薄紫の感傷が降り積もる薄紫の現実が降り積もる留まらぬその光と闇は揶揄うように現れて嘘のように消えてゆく ... 嘘のように消えてゆく薄紫の感傷が降り積もる薄紫の現実が降り積もるポケットから俺は手を出せないでいる硝子窓に影が映るポケッ
34 26.薄紫 ったサイレンが鳴る頃薄紫の空をみてたここからでもみえるだけどあそこにしかない空をみてるそれはたぶん家 ... ったサイレンが鳴る頃薄紫の空をみてたこんなにかかったよ振り返ってあなたに手をふるまで
35 1.あじさい のフリーウェイふと、目にした金網の向こう薄紫のあじさいは、あじさいは秘かに激しく咲き狂う咲き乱れる息を殺してそして私は静かに目を閉じて待ち受けるやがて来る時を冷たい風が風が吹き荒れる fu…私のまわりにそして心
36 7.薄紫 ったサイレンが鳴る頃薄紫の空をみてたここからでもみえるだけどあそこにしかない空をみてるそれはたぶん家 ... ったサイレンが鳴る頃薄紫の空をみてたこんなにかかったよ振り返ってあなたに手をふるまで
37 3.透明なひとときを 川きよし作曲長谷川きよし夜の静けさがある薄紫の光がある酔っていようあなたの心の奥の芯に僕の言葉がぶつかってこつんと小さな音をたてるそのかすかな響きが部屋の中を遊んでいる夜のほほえみがあるグラスを満す酒がある酔っ
38 2.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
39 13.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
40 3.終るね、夏が〜ヴィニエット・ガール〜 僕の中で泳いで君を抱いて眠りながらとけて薄紫の朝が広がり出す終る夏の日このままで過ぎる日々を眺めたい君に朝のくちづけをほらね、君はまた笑う
41 27.れんげ草の恋 まらなかっただけです薄紫のれんげ草が夕やみにまぎれるようにちいさな恋の涙になど気ずかずにいてほしい帰 ... んげのような恋でした薄紫のれんげ草が夕やみにまぎれるようにちいさな恋の涙になど気ずかずにいてほしい
42 22.Golden Days 毎日が I wanna be free…薄紫の空は今もあの日の影を残したまま昔話を刻み込んだ歌を唄い続ける何の価値があるというのさこの長い段階(ステージ)に何の価値があるというのか手さぐりの毎日に Oh Gol
43 4.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
44 8.GYPSY るフォグランプ無視しないでoh Taxi薄紫の雨が霧に変わる冷めた年頃だった Cheepな純愛に疲れてた恋の駆け引きしたかった私は決して聞かないこのDoorの向こうの世界どこか怯えていた女になりたいヒロインはど
45 9.17のまま 松史奈作曲藤生ゆかり薄紫の霧に包まれ月が消える空の下錆びたバイクのテールの欠けらをみんなで探してた失 ... イトがやさしく揺れる薄紫の霧に包まれ月が消える空の下ガードレールに煙草をならべてみんなで目を閉じた焼 ... かにパンクが聴こえる薄紫の霧に包まれ月が消える空の下少し眠たい目を擦りながら思い出を話したあれから

46 4.透明なひとときを 川きよし作曲長谷川きよし夜の静けさがある薄紫の光がある酔っていようあなたの心の奥の芯に僕の言葉がぶつかってこつんと小さな音をたてるそのかすかな響きが部屋の中を遊んでいる夜のほほえみがあるグラスを満す酒がある酔っ
47 4.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
48 3.CHILDREN PARTY にきわどいセリフがキマらないの大人の顔で薄紫のhigh-way foggy starlight baysideイケないことをしてみてモラルっぽいのはやめてよ魔法なんか信じない夢の中が真実三角二つ重ねて丸で囲めば
49 23.れんげ草の恋 まらなかっただけです薄紫のれんげ草が夕やみにまぎれるようにちいさな恋の涙になど気ずかずにいてほしい帰 ... んげのような恋でした薄紫のれんげ草が夕やみにまぎれるようにちいさな恋の涙になど気ずかずにいてほしい
50 15.ゲリラ 'S BOX15.ゲリラ薄紫の空に向かって夜明けまで一人きり誓いを立てようたとえお前が俺の行く手に立ちはだかろうとも俺は前に進む ahちっぽけな ah男だけどギターを弾いて歌うことが出来る道を譲
51 12.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
52 3.鏡面界 imJuni >作詞宝野アリカ作曲片倉三起也六月の雨に薄紫の花堕ちてゆくだけの動かぬ蝶の色手をのばしても何も触れない貴方はこんなに近くにいるのにフロアに割れた鏡たえずmusic流す永遠に繰り返す砕けたまま星のようにキラキラと
53 13.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
54 51.れんげ草の恋 まらなかっただけです薄紫のれんげ草が夕やみにまぎれるようにちいさな恋の涙になど気ずかずにいてほしい帰 ... んげのような恋でした薄紫のれんげ草が夕やみにまぎれるようにちいさな恋の涙になど気ずかずにいてほしい
55 8.凛憧-りんどう- かしく崖の淵に咲いた薄紫の花をじっとみつめていた早咲きのりんどうとそれはあとで知った僕が父の涙を見た ... を贈られているところ薄紫の花がじっと見つめていた遅咲きのりんどうとそれはすぐにわかっ
56 1.3001年のスターシップ の海照らす悩みの脳波とらえて軌道が変わる薄紫の宇宙の闇を裂いてエクスタシーのカプセルあなたに送る助けてあげるすぐに念を飛ばし邪悪な奴らの手にはまっちゃ駄目 C'MON C'MON C'MON戦車(チャリオ)遅れ
57 7.群青 かに海を眠らせ貴方を眠らせる手折れば散る薄紫の野辺に咲きたる一輪の花に似て儚なきは人の命かせめて海に散れ想いが届かばせめて海に咲け心の冬薔薇老いた足どりで想いを巡らせ海に向いて一人立たずめば我より先に逝く不幸は
58 7.Moon Night Selenade 晩には夜桜を一緒にながめに行きませんか?薄紫のベールに包まれてやさしい夜風に揺れる揺れるよ花どうろう二人の心も揺れてます星はキラキラ輝いて見ても見ぬふり見ても見ぬふり月夜の晩には白酒で一緒に酔ってみませんか?さ
59 18.合歓の孤悲 しい昨日、今日、明日震える愛よ眩しい恋よ薄紫の花藤の花房(はなぶさ)あ〜退屈な人生は欲しくないときめきたいの輝きたいの朝、昼、夜と戸惑う心何処(どこ)に誘(いざな)う薄紅色の花合歓(ねむ)の孤悲唄(こいうた
60 10.千年ロマンス えてみよう運命を信じてた気が遠くなるほど薄紫のアネモネの花言葉のように遥か神話の頃から僕達は擦れ違って追憶のひとひらを彷徨っていた Oh千年ロマンス君に巡り逢えたヴィーナス星座になるまで抱きあってmy prec
61 5.麗人草 ぼろしか誰か咲かせて薄紫の濡れて狂おし麗人の花女ひとりで生きてくなんてとても出来ない淋しくて指のやつ ... 消してひとりみつめる薄紫の肌に冷たい麗人の
62 1.flower in your heart 怖がりな心にはそっとラベンダー落としてね薄紫の香り自分に優しさあげよう言い過ぎたことばには好きな気持ち隠れてる不器用に強がって甘えているの気づかない虹色の水玉想いはやわらかいガーゼでくるんであげてね誰かを愛する
63 4.Running for your life~Theme of Cruth~ ショーキチさざ波立つ時間の水面に揺らめく薄紫の焔その光に浮き上がる影は追い続けたネガポジの狭間 Shoot it down...狙い撃つはいつも Shoot it down...変わる未来 Shoot it d
64 24.春風 振り向いてみるいる筈もなく風が通り過ぎた薄紫の風が通り過ぎた全てのモノは変わりゆくモノなんだろうこの街もこの夢も君がいた時も振り返る事が出来るのはその場所を通り過ぎたから歩き出しているから麗しき春風が街を通りぬ
65 1.朝は来るよ は来るよ作詞松宮恭子作曲大和田崇薄紫の夜明けの空は悲しみが少し溶けている薄紅色の夜明けの雲は思い出をそっと乗せている朝は来るよ朝は来るよ今は闇に凍えても肩を抱いてその手をつないでこの夜を越えていこう星降
66 14.TWICE UNA SEA窓に映ったシネマみたいな空薄紫の雲は流れる何処へ行くのか流されるままに何故か淋しさ溢れてくる記憶の扉鍵を壊してキミを見詰めたあの時に帰るそっと今蘇る胸が痛む程キミの横顔眺めていた苦しめたくないでも
67 2.パープル・ライト こへ私風のささやきに似て海岸線煙らせてく薄紫の光り言葉よりも確かなものそっと教えているわいつかきっとめぐり逢える遠くPurple Cape Light頬に触れた夢の熱さあなたのようよ桟橋から消える灯り悲しみ連れ