Mojim Lyrics

波にさらわれる 】 【 Lyrics 58 lyrics related been found

Album ( Page Link ) Song ( Page Link )( Partial Lyrics )
1 5.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
2 2.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
3 2.太陽ZAN-MAI (て)のなか上も下も亜熱帯運命という名の波にさらわれるよたちまちふたりは空に溶けて僕は君のモノになる Oh yeah太陽ZAN-MAI Mindギラギラきらめきまくり絡みあう真っ昼間の生意気マーメイド太陽ZAN
4 8.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよなら言った唇も僕のものさ君
5 3.人魚姫〜五重奏〜 …抱きしめてください波にさらわれるように痛みを感じてみたいわせめてひとつだけ真実欲しいの泡になってし ... 姫抱きしめてください波にさらわれるように痛みを感じてみたいわせめてひとつだけ真実欲しいの泡になって

6 15.人魚姫 …抱きしめてください波にさらわれるように痛みを感じてみたいわせめてひとつだけ真実欲しいの泡になってし ... 姫抱きしめてください波にさらわれるように痛みを感じてみたいわせめてひとつだけ真実欲しいの泡になって
7 8.最後的雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
8 9.最後の雨(ALBUM VERSION) 髮を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
9 2.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
10 6.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
11 2.サヨナラは八月のララバイ(LIVE) いGood-bye決めたのさ想い出が窓で波にさらわれる終わらせたくない夢をこの街でカーラジオから懐かしい love song心横切る甘い寝顔もこのアクセルを止められないのさまだ君を好きな気持ち嘘じゃないサヨナラ
12 9.トビウオの夢 んてモノもただ、今すぐ君に会いたい冷たい波にさらわれる前に君のその手を奪っていつかこの海を越えて有限の空へ君と二人どこまでも例えその先に何も無くて後悔だけがあるとしてもいつかこの海を越えて有限の空へ君を連れて羽
13 5.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたねほほえみはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のもの
14 6.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
15 2.最後の雨(ALBUM VERSION) 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
16 10.DUCK る港町誰もが君のアヒルボートを笑った「荒波にさらわれるのがオチだ」と捲し立てたポツリ返す「頑丈な船はいらない父がくれたこのボートがあるから“アヒル”(コイツ)で行ってみたい場所があるんだ」指さしてバカにされる夢
17 9.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
18 2.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
19 8.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
20 8.最後の雨 だ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二 ... hito sa不安な波にさらわれる fuan na nami ni sarawareru砂の城怖く

21 13.最後の雨2007 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
22 3.最後の雨 髮を廣げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覺えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本氣で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
23 2.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
24 7.Mr.サマータイム 円ショップ安売りの夏波にさらわれるのが定めのラヴ無言で滑り込む海沿いのホテル少し酔ってるし少し火照っ ... 円ショップ安売りの夏波にさらわれるのが定めのラヴ浜辺ではしゃぐ子供達のようにもう無邪気ではいられな
25 2.水平線でつかまえて 詞及川眠子 Composer 都志見隆小麦色に灼けた素肌波にさらわれるようにあなたの腕をわざとそらし振り向きながら泳ぐわ真っ赤な水着がめじるしなの私のこと一秒でも見逃さないであなたへのこの想い嘘ひとつないけれどまだ私すこしだけ
26 6.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
27 3.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
28 4.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
29 13.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
30 9.巻き貝とわたし 果てまで飛び去ってしまえばいい巡りあえば波にさらわれるのはいつでもあなたで佇むことそれだけしかできないどこへも行けずに寂しい夜に浜辺で気づくわたしはあの巻き貝の夢の泡振り返らず白いカモメと果てまで飛び去ってしま
31 8.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
32 3.水平線でつかまえて 詞及川眠子 Composer 都志見隆小麦色に灼けた素肌波にさらわれるようにあなたの腕をわざとそらし振り向きながら泳ぐわ真っ赤な水着がめじるしなの私のこと一秒でも見逃さないであなたへのこの想い嘘ひとつないけれどまだ私すこしだけ
33 9.最後の雨~Time Heals Version~ 髮を廣げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覺えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本氣で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
34 12.最後の雨2007 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
35 5.桜桃記 の海恋なんて残酷ね思い出をたぐっては白い波にさらわれる桜貝よ発車のベルが今も耳に残るわこれでこれで終わりとだけど逢いたい逢いたい逢いたいもう一度好きと言えないまま風が運んだ季節は風がつれ去るのねあなた追いかけた
36 13.SUMMER TIME MAGIC ルサマータイム貝殻から聞こえるかな?砂が波にさらわれる音がふと思いださせた365日前は丁度浜辺に一人で二人の名前を書いた今年はその場所に君といたいんだ起きてくれ真夏のミラクル後少しで夕日が沈む[KURO]バミュ
37 15.人魚の憂鬱 maidつらくなる甘い約束は TABOU波にさらわれる MERMAID何も聞かないで HURRY UP愛に溺れたい LOVE ME DO人間(ひと)を愛すのは TABOU海に帰れない MERMAID月が満ちるま
38 1.SUMMER TIME MAGIC ルサマータイム貝殻から聞こえるかな?砂が波にさらわれる音がふと思いださせた365日前は丁度浜辺に一人で二人の名前を書いた今年はその場所に君といたいんだ起きてくれ真夏のミラクル後少しで夕日が沈む[KURO]バミュ
39 3.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
40 5.blue heaven とうと見てたヤシの木陰でやがて迷いさえも波にさらわれるまで長すぎるパレオがはためいて気紛れに染められてゆくブルメリアを挿した耳許に潮騒の音を聞く限りなく満ちる青い時よためらわず陽射し浴びよう目に映るすべて青い時
41 5.blue heaven とうと見てたヤシの木陰でやがて迷いさえも波にさらわれるまで長すぎるパレオがはためいて気紛れに染められてゆくブルメリアを挿した耳許に潮騒の音を聞く限りなく満ちる青い時よためらわず陽射し浴びよう目に映るすべて青い時
42 4.太陽は知っている ve突然やってきた高波にさらわれるココロ君と Runaway過去や未来も越えこの夏をふたり占めしよう ... ve突然やってきた高波にさらわれるココロ君と Runaway過去や未来も越えこの夏をふたり占めしよ
43 3.水平線でつかまえて 詞及川眠子 Composer 都志見隆小麦色に灼けた素肌波にさらわれるようにあなたの腕をわざとそらし振り向きながら泳ぐわ真っ赤な水着がめじるしなの私のこと一秒でも見逃さないであなたへのこの想い嘘ひとつないけれどまだ私すこしだけ
44 5.桜桃記 の海恋なんて残酷ね思い出をたぐっては白い波にさらわれる桜貝よ発車のベルが今も耳に残るわこれでこれで終わりとだけど逢いたい逢いたい逢いたいもう一度好きと言えないまま風が運んだ季節は風がつれ去るのねあなた追いかけた
45 8.北斗七星 がいの顔がうつる君の瞳と僕の瞳が海になり波にさらわれる赤い屋根の家に住みたい小高い丘に建ってる冬の空星座なら君と僕が寄りそって窓ごしに見ていたい寄りそって窓ごしに見ていた

46 8.破局 平和あぁそれだけであたしは救われるのに。波にさらわれる前に
47 8.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
48 5.サヨナラは八月のララバイ いGood-bye決めたのさ想い出が窓で波にさらわれる終わらせたくない夢をこの街でカーラジオから懐かしい love song心横切る甘い寝顔もこのアクセルを止められないのさまだ君を好きな気持ち嘘じゃないサヨナラ
49 8.抱いて抱いて抱いて なんかはいらない☆Repeat脱いだ靴が波にさらわれるそっと肩越しに見つめてたあんなふうにあなたになにもかもあずけたい許したい嘘じゃないはじけてはだけて止まらない愛の果てを探したい★Repeat☆Repea
50 2.サヨナラは八月のララバイ いGood-bye決めたのさ想い出が窓で波にさらわれる終わらせたくない夢をこの街でカーラジオから懐かしい love song心横切る甘い寝顔もこのアクセルを止められないのさまだ君を好きな気持ち嘘じゃないサヨナラ
51 4.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ
52 6.水平線でつかまえて 詞及川眠子 Composer 都志見隆小麦色に灼けた素肌波にさらわれるようにあなたの腕をわざとそらし振り向きながら泳ぐわ真っ赤な水着がめじるしなの私のこと一秒でも見逃さないであなたへのこの想い嘘ひとつないけれどまだ私すこしだけ
53 1.水平線でつかまえて 詞及川眠子 Composer 都志見隆小麦色に灼けた素肌波にさらわれるようにあなたの腕をわざとそらし振り向きながら泳ぐわ真っ赤な水着がめじるしなの私のこと一秒でも見逃さないであなたへのこの想い嘘ひとつないけれどまだ私すこしだけ
54 7.桜桃記 の海恋なんて残酷ね思い出をたぐっては白い波にさらわれる桜貝よ発車のベルが今も耳に残るわこれでこれで終わりとだけど逢いたい逢いたい逢いたいもう一度好きと言えないまま風が運んだ季節は風がつれ去るのねあなた追いかけた
55 6.桜桃記(ひとひら) の海恋なんて残酷ね思い出をたぐっては白い波にさらわれる桜貝よ発車のベルが今も耳に残るわこれでこれで終わりとだけど逢いたい逢いたい逢いたいもう一度好きと言えないまま風が運んだ季節は風がつれ去るのねあなた追いかけた
56 3.北斗七星 がいの顔がうつる君の瞳と僕の瞳が海になり波にさらわれる赤い屋根の家に住みたい小高い丘に建ってる冬の空星座なら君と僕が寄りそって窓ごしに見ていたい寄りそって窓ごしに見ていた
57 2.人魚の憂鬱 maidつらくなる甘い約束は TABOU波にさらわれる MERMAID何も聞かないで HURRY UP愛に溺れたい LOVE ME DO人間(ひと)を愛すのは TABOU海に帰れない MERMAID月が満ちるま
58 6.最後の雨 髪を広げて僕の夜包んだ優しい人さ…不安な波にさらわれる砂の城怖くて誰かを求めたの?強がりだけを覚えさせたね微笑みはもう二人の夢を見ない本気で忘れるくらいなら泣けるほど愛したりしないさよならを言った唇も僕のものさ