Mojim Lyrics

+ 太陽 + ぼく 】 【 Lyrics 94 lyrics related been found

Album ( Page Link ) Song ( Page Link )( Partial Lyrics )
1 24.Secret Base~君がくれたもの~ (じゅうねんご)の8(はちゅがつ)また出会(であ)えるのを信(しん)じて最高(さいこう)の思(おも ... 帰(かえ)ろう」僕(ぼく)は照(て)れくさそうにカバンで顔(かお)を隠(かく)しながら本当(ほんとう ... (じゅうねんご)の8(はちゅがつ)また出会(であ)えるのを信(しん)じて君(きみ)が最後(さいご) ... )わっちゃうからあぁ太陽(たいよ)と(つき)仲良(なか
2 1.紅三四郎 苗ヤッオーエイッ赤い太陽それより赤い胸に正義の血潮がおどるゆくぞけん坊(ヤー)ゆくぞボケ(オー)いつ ... ものが勝つぞその名はぼくらの紅三四郎天下無敵の十字のかまえ三日 ... 敵の十字のかまえ三日がえしや流星投げにゆくぞけん坊(ヤー)ゆくぞボケ(オー)ひろい地球に平和の鐘を ... の鐘を鳴らせその名はぼくらの紅三四郎ヤッオーエイッ走れ
3 4.月と太陽 y EP4.太陽 Lyricist RIRIKO Composer RIRIKO陽だまりは包むようにいのちを照ら ... にいのちを照らしてる太陽になりたかった夜明けを望む ... たかった夜明けを望む明かり星座を導くように闇夜に照らしてる ... うに闇夜に照らしてるに憧れ続けた夕暮れを待つ陽の色 ... た夕暮れを待つ陽の色ぼくにないもの(きみが持つもの)出会うこともない
4 23.るなティックワード しみも積もってくでもぼくらは出会えたね眩しすぎる太陽に目を細める日もあるけどこの声と ... 日もあるけどこの声とぼくの歌はいつも君の涙拭うためにあるから銀河(そら)へ飛んでゆく流れ星を追う気が ... 触れるたびに夢を見てぼくの世界は色づいてゆくただ一人のきみと出会えたその奇跡をいつまでも噛みしめよう ... 翳した希望は消えない月(!
5 11.お・ふくろうママの歌 ぼれ落ちたボクたちはぼくたちは友達になれるかな違う言葉ちがう姿関係ないかな分けあってわけあって ... 分けあってわけあって太陽の下遊べるかな仲良く次の日の午後子ども達はみんな渡り鳥の家族のもとへ楽しそうに ... ぼれ落ちたボクたちはぼくたちは友達になれるはず違う言葉ちがう姿関係ないよね分けあってわけあって ... 分けあってわ

6 1.常夏ヴァカンス みつめるのはずるいよぼくだけ二人だけのト・コ・ナ・ツ熱く焦がす真夏の ... ・ツ熱く焦がす真夏の太陽のように今を生きて君を抱きしめる強く強く真っ赤な頬を見つめ唇に火を灯しはじめ ... みつめるのはずるいよぼくだけ二人だけのト・コ・ナ・ツ甘く溶かす真昼の ... ・ツ甘く溶かす真昼ののように夢をみせて?君を抱きしめる早く早く真っ白
7 11.夜の太陽 で11.夜の太陽 Lyricist きみコ Composer 佐々木淳答えなんてすべて後付けでいい理由なんてすべて後 ... 付けでいいきみが望むぼくのコトバの粒守られた分守らせてくれよここから小さな枠で囲まれた世界はひどく冷 ... くしてしまったこんなぼくに価値なんてもうないなせめて生きた証をガラクタになったコトバを持って最後の夕 ... 空に昇り出したいつか
8 7.恋する惑星 いな惹かれてしまう(太陽のように)何処にいても想い届けて無重力Planet love Don't wo ... にすれ違うの?男女(ぼくら)には消せやしない Why not記憶(メモリー)がある?無限に続くこの宇 ... いな惹かれてしまう(太陽のように)何処にいても想い届けて無重力Planet love恋は思うようにいか ... いな惹かれてしまう(太陽のように)何処にいて
9 1.笑顔ノ花 とりじゃないからもし太陽枯れても笑顔ノ花輪になってぎゅっとずっと咲かせるからリボン結びをした制服の足 ... く空はいつでも一緒よの裏隠れた笑顔ノ花見つけたぎゅっと絶対離しはしないまるで触れた瞬間しぼんでしま ... だハルどこまでも続くぼくらだけのハーモニー虹の門ノックして描く空はひとりじゃないからもし ... とりじゃないからもし
10 1.夜の太陽 no.RIPE-夜の太陽1.夜の太陽 Lyricist きみコ Composer 佐々木淳答えなんてすべて後付けでいい理由なんてすべて後 ... 付けでいいきみが望むぼくのコトバの粒守られた分守らせてくれよここから小さな枠で囲まれた世界はひどく冷 ... くしてしまったこんなぼくに価値なんてもうないなせめて生きた証をガラクタになったコトバを持って最後の夕 ... 空に昇り出
11 6.ハッカときみと太陽と >6.ハッカときみと太陽と Lyricist 植野隆司 Composer 川本真琴・澤部渡庭に生えてるハッカ達ほっといたらど ... 増えた3日前より1ヶ前よりきっと君は気にいるよお菓子の中にいるみたい ... 菓子の中にいるみたいぼくには少し強すぎる頭がクラクラしてるハッカときみと ... してるハッカときみと太陽とハッカときみと太陽と子どもの頃に見上げた空みた
12 8.好きなことを! 自然に笑顔がこぼれる太陽の下でぼくらはいつでも手をつなぎ走ってる風を感じて風に乗っかって空を見上げればでっかい ... もあるんだけどね光るや輝く星たちぼくらの地球も兄弟なんだ思い切りけんかもして思い切り仲なおり好きな人と好きなだ
13 9.つぼみ 合うためにあるんだよ太陽が一日を配る全身でそれを受け止める八 ... でそれを受け止める八のふもとで今の僕なら幸せに気づけるはず冬の星空みたいな冷たいその掌で僕の手を温 ... 千切れそうになっても太陽に雲が被さっても僕たちの瞳はもう涙をこぼすためにあるものじゃない夢を見るため ... めじゃ寂しいものねぇぼくらはねぇぼくらはこ
14 10.idler stella feat.nera_Kぼくのりりっくのぼうよみ野崎りこん eat.nera_Kぼくのりりっくのぼうよみ野崎りこん Lyricist ハシシ Composer ハシシ Traveled ... 年先に届けバラバラなぼくらからのFanfare賞味期限切れちゃうその前にShow me ways送り出してよもっと先へ The night sky is dark so we can shine Keep going further n' further Movin round n' ... メンヘラでも大丈夫 Movin round n' round太陽今日も見たいから今日を生きとる☆☆☆☆☆Shit Th-th-this i
15 14.太陽のあたる場所 est14.太陽のあたる場所 Lyricist BANANA ICE Composer BANANA ICE・笹 ... も目が覚めあれから年(とき)はたつ不健康なリズムビルの影だけ大人びるいつも束だれかそばしゃがむ道ば ... 答えはでないしばらくぼくらは笑いを忘れてしまった思い出そういま明日をこの道の先に夢のつづきがあるから ... 上に瑯石でかいたあの太陽は雨に濡れても消えなかったような
16 14.まだ見ぬ最愛 り(ストーリー)ごと太陽があと何度幾度と沈み浮かんだらひとつに成るだろう出逢いと別れと再会と生きてる誰 ... 赤いいろしたファンクぼくらの赤いとてつもなく赤いファンク[中譯]尚未見到最愛尚未見到的最愛…命中注定 ... 我們夾縫間的整個故事太陽亮還要沉落聲起多少次才能夠合而為一呢邂逅與別離與重逢與生命每一個人都能夠拯救
17 1.紅三四郎 苗ヤッオーエイッ赤い太陽それより赤い胸に正義の血潮がおどるゆくぞけん坊(ヤー)ゆくぞボケ(オー)いつ ... ものが勝つぞその名はぼくらの紅三四郎天下無敵の十字のかまえ三日 ... 敵の十字のかまえ三日がえしや流星投げにゆくぞけん坊(ヤー)ゆくぞボケ(オー)ひろい地球に平和の鐘を ... の鐘を鳴らせその名はぼくらの紅三四郎ヤッオーエイッ走れ
18 5.ゴーストレディオ かいめのほうそうです明かり巡る巡るはじめようかさあ響け夜想曲(ノクターン) beyond the ... んそれなのにどうしてぼくはここにといかけたことばにこたえるのはただの虚ろな反響(こだま) ... 虚ろな反響(こだま)明かり照らす照らす瓦礫の街亡霊たちの夜想曲(ノクターン) up to the ... の海超えて(セリフ)太陽系第三惑星文明の滅びた世界です。動物は
19 10.るなティックワード しみも積もってくでもぼくらは出会えたね眩しすぎる太陽に目を細める日もあるけどこの声と ... 日もあるけどこの声とぼくの歌はいつも君の涙拭うためにあるから銀河(そら)へ飛んでゆく流れ星を追う気が ... 触れるたびに夢を見てぼくの世界は色づいてゆくただ一人のきみと出会えたその奇跡をいつまでも噛みしめよう ... 翳した希望は消えない月(!
20 26.BALLAD LAD Lyricist 葉 Composer 葉輝く息まといすり抜けてく灰色の街ざわめく人の波凍らせて沈む ... く人の波凍らせて沈む太陽 Nobody can survive this life alone Bu ... に愛を奪い合ったってぼくらは消せない永遠の孤独をかじかむ指先で夜空をさす「生まれた意味とは?」見つけ ... に愛を奪い合ったってぼくらは消せない永遠のこの孤独をそれでも心はどうして“誰

21 11.じんましーんのくるくるロックンロール カ・マジカル☆ひもり太陽昇ると朝がくるくるくるくるロックンロール目覚まし時計が落ちてくるくくるくるく ... るくるロックンロールぼくは優雅に納豆くるくるくるくるロックンロール急いでパパが僕のまわりくるくるくる ... るくる外じゃ真っ赤な太陽のまわり地球がくるくるその上を僕がまわるよ地球をまわすよくるくるくるくるロッ ... ールまわし
22 12.in the suite to da skyは見てないけど果てのない夜にみだれてく心のリズム思い出と眠るメビウスまわりまわ ... はひとりじゃない瞳に太陽をポケットには君の手をなくさぬように握り締めるよ生まれたとき見えた光も光の矢 ... だそして、みんな笑うぼくは、うまれたんだ。ここにいるよここにいるよ oh oh oh oh o
23 5.キミは太陽 feat. ISEKI(fromキマグレン) u5.キミは太陽 feat. ISEKI(fromキマグレン) Lyricist ダイスケ・ISEK ... は海君は夏君は空君は太陽ぼく魚白い息夜の闇に星を Lai lai lai lai lai lai lai ya Lai ... 君かわるかわれないよぼくはまだここにいる待っている震えている凍り付いた時を溶かして君の吐息で確かに気 ... 憧れた夏君色夢見てたぼくは真っ白な雪の中はじけるような恋今はもう遠く
24 5.アウトサイドの海 クションをかき鳴らす太陽は笑ってて満がタバコ吸う不思議な真夜中のステージで ... な真夜中のステージでぼくは虜になる痛みなら分かち合える幸せならアウトサイダー痛みなら分かち合えるガラ ... いだあの海の大きさをぼくは知ってるよ痛みなら分かち合える幸せならアウトサイダー痛みなら分かち合える
25 4.ヒカリ ちん Composer たんこぶちん太陽みたいに輝く星をめざしていつか僕も輝く人になりたい闇にもまれる ... なりたい闇にもまれるのようにぼくは行き場をなくした波にもまれる魚のように道をさまよい迷ったあぁあぁあぁ ... い迷ったあぁあぁあぁぼくの生きる道をだれか教えて欲しい ... をだれか教えて欲しいぼくの生きる道は誰も照らしてくれない ...
26 3.太陽にあふれて ッセージ3.太陽にあふれて Lyricist 田口俊 Composer 崎谷健次郎駅の改札に続く緩い坂道を抜けたら君 ... あの日僕たちの季節は太陽にあふれてただ心のままただ求め合った満たしても足りなくてあの日僕たちはたやす ... あの日僕たちの季節は太陽にあふれて分かち合った日々分かち合ったもの元になど戻せずにあの日こぼれそうな ... らめいている過ぎ去る
27 3.ヒカリ ちん Composer たんこぶちん太陽みたいに輝く星をめざしていつか僕も輝く人になりたい闇にもまれる ... なりたい闇にもまれるのようにぼくは行き場をなくした波にもまれる魚のように道をさまよい迷ったあぁあぁあぁ ... い迷ったあぁあぁあぁぼくの生きる道をだれか教えて欲しい ... をだれか教えて欲しいぼくの生きる道は誰も照らしてくれない ...
28 17.Venus けたむじゃきな笑顔でぼくは恋に落ちた夕暮れ空には光る星ひとつ君を照らしていた淡い君のシルエット、抱き ... いつも隣にいてまるで太陽、君は輝きを増すぼくはせめて一言、二言交わせればいいすれ違うその時、 ... いいすれ違うその時、ぼくの前で立ち止まって元気?だなんて君に会えればそれでいい、それ以上はまだ望ま
29 2.Signal Signal のかけらにふれたときぼくらの未来は電光石火で煌こうと放ちだしたんだ Signal Signal鳴らす ... ふれるようなあつい年でゆらぐデジタルの泡水平線のぼるネオンの ... 水平線のぼるネオンの太陽まるで踊るニューロンはいいわけを遮ってきみの知性につながってほら放ちだした
30 11.サマー・ソルジャー ふたりは街へ出た夏の太陽ギラギラまぶしいから蜃気楼がゆっくり近づいたら立ち止まってふたりを狂わせるき ... 遠くに見える海なのかぼくの心揺らすのは溶け出して行く季節なのか愛しあうふたりはにかんでなんにも喋らず ... 彼方に沈む夕陽なのかぼくの心つかまえて青ざめさせる恋の季節愛しあうふたりはにかんでなんにも喋らず見つ ... せいさそれ
31 1.BALLAD LAD Lyricist 葉 Composer 葉輝く息まといすり抜けてく灰色の街ざわめく人の波凍らせて沈む ... く人の波凍らせて沈む太陽 Nobody can survive this life alone Bu ... に愛を奪い合ったってぼくらは消せない永遠の孤独をかじかむ指先で夜空をさす「生まれた意味とは?」見つけ ... に愛を奪い合ったってぼくらは消せない永遠のこの孤独をそれでも心はどうして“誰
32 10.きみを離さないきみを離れない いだろきみと僕はそう太陽あすをつくろうきみに伝えたいことこの地球より大きいだってすきなんだもん夜空を ... いだろきみと僕はそう太陽あすをつくろうぼくはこの場所ずっと逢えないけど想ってるなんだか好きな時間オレンジそらになると焦 ... いだろきみと僕はそう太陽あすをつくろうきみきみきみ離さないこんなにも
33 10.八月 ia10.八 Lyricist Hatano Composer Hatano透きとおる朝からだ宙を舞う晴れやか ... やかな体勢で流れ出す太陽を青空がのぞきこむ海岸線這いつくばるきみを上からみんなが笑っていた痛みさえ感 ... には止まりません」とぼくは何度もくりかえすけどきみには冗談にしかきこえない誰かが死にかけているときき ... 世界は壮大なジョークぼくには冗談にしかきこ
34 3.さよならミライ ビーどうにかなる平気太陽がおやすみを告げる前に大きく手を振って過去にバイバイあのときの君はマボロシさ ... たら君は笑うかもな今の蟹座の運勢が全てうまくいくって言ってんだそんなくだらない雑誌の占いさえ信じて ... ビーどうにかなる平気太陽がおはようを告げる前に大きく手を振って空にハイタッチ同じ ... て空にハイタッチ同じを見
35 2.月のうさぎ エンディングテーマ 太陽のサイン (神姫盤)2.のうさぎ Lyricist azusa Composer azusaずっと想ってるからね幾重に年を ... いたあぜ道照らす君はうさぎ今夜も見上げています砂の城崩してく波打ち際に残る小さくて幼くて...ふた ... を離れる程に君だけのぼくだけの秘密も増える何度生まれ変わってもまた出逢える気がするから何も言わずに抱 ... わずに抱
36 4.つぼみ 合うためにあるんだよ太陽が一日を配る全身でそれを受け止める八 ... でそれを受け止める八のふもとで今の僕なら幸せに気づけるはず冬の星空みたいな冷たいその掌で僕の手を温 ... 千切れそうになっても太陽に雲が被さっても僕たちの瞳はもう涙をこぼすためにあるものじゃない夢を見るため ... めじゃ寂しいものねぇぼくらはねぇぼくらはこ
37 1.つぼみ 合うためにあるんだよ太陽が一日を配る全身でそれを受け止める八 ... でそれを受け止める八のふもとで今の僕なら幸せに気づけるはず冬の星空みたいな冷たいその掌で僕の手を温 ... 千切れそうになっても太陽に雲が被さっても僕たちの目はもう涙をこぼすためにあるものじゃない夢を見るため ... めじゃ寂しいものねぇぼくらはねぇぼくらはこ
38 2.Shining くよ夢を見るよそしてぼく太陽のように満のように空のように海のように輝くよいますぐ街のまんなかへみんなで行進しよう廃墟 ... くよ夢を見るよそしてぼく太陽のように満のように空のように海のように輝くよ ... うに海のように輝くよ太陽のように満のように空のように海のように輝く
39 2.ぼくらのfrai awei r-初恋2.ぼくらのfrai awei Lyricist 小出祐介・前山田健一 Composer 小出祐介・前山田健 ... つになれば終わるの?太陽よ教えてくれあと、神様とかとかでも心のウエストポーチは外しちゃいけないと思
40 3.君と風と三日月 r>3.君と風と三日 Lyricist 山下智久・Kenn Kato Composer 山下智久 ... Kato Composer 山下智久太陽が射す方へ迷わず歩いてたうわべだけの声に惑わされぬよう傘も差さないで濡れて歩 ... い?したり顔した三日に見透かされてるかな?いま確かなことはひとつ君に会えたこと運命の波にこの身をゆ ... ったんだ柔らかな風がぼくのこころ開いて悪戯なあの三日 ... 開いて悪
41 11.ゴーストレディオ かいめのほうそうです明かり巡る巡るはじめようかさあ響け夜想曲(ノクターン) beyond the ... んそれなのにどうしてぼくはここにといかけたことばにこたえるのはただの虚ろな反響(こだま) ... 虚ろな反響(こだま)明かり照らす照らす瓦礫の街亡霊たちの夜想曲(ノクターン) up to the ... の海超えて(セリフ)太陽系第三惑星文明の滅びた世界です。動物は
42 3.Venus けたむじゃきな笑顔でぼくは恋に落ちた夕暮れ空には光る星ひとつ君を照らしていた淡い君のシルエット、抱き ... いつも隣にいてまるで太陽、君は輝きを増すぼくはせめて一言、二言交わせればいいすれ違うその時、 ... いいすれ違うその時、ぼくの前で立ち止まって元気?だなんて君に会えればそれでいい、それ以上はまだ望ま
43 4.technologia-意思 とうのテクノロジ一はぼくらの意思さぼくの聲は水のようにいまが優しい心へ辿り著くよにといまが美し言葉へ辿り著くように ... とうのテクノロジ一はぼくらの意思さぼくの聲は水のようにいまが優しい心へ辿り著くよにといまが美し言葉へ辿り著くように ... 濡らすブラスのような太陽の音へまぶたを踴らせてみるパ一カッションのような ... 一
44 4.Riddim~dub mix も美しい島ででっかい太陽の下で夜は明かりに照らされこの音に皆心癒される何があってもそう俺たちはお互い奏でるお友達 ... ないさ時々独りでしょぼくれる時は力与えてくれるそのおかげで歌また作れるまた一枚めくれる陽気なRid
45 8.恋のプールサイド Who?ビックリ)太陽が誘ってる君の肌に触れたいGoGo(Who? Who?ビックリ)プールサイド ... るよこっちへおいでよぼくが行こうか(Who? Who?ビックリ)焼けた肌火照る心踊ろうよここにいる全 ... Baby(いいぜ)の明かりでもう1度ここで泳ごうよ Who? Who? Who? Hit Me ... Baby(いいぜ)の明かりでもう1度ここで泳ごうよ Who? Who? Who? Hit Me

46 9.もぐらは鳥になる い守りたいものもないぼくらの日々死んだ目を持つか嘲笑されようか上へ上へ賭けにでる、今探してた空は僕の ... をまとう虹のトンネルと星のパレード地平線まで越えて風と踊る This is mole's litt ... に生きてる届きそうな太陽手を伸ばした焼け落ちていく正体希望か絶望かゆれる蜃気
47 1.夕暮れ電車に飛び乗れ 空気公団-ぼくらの空気公団1.夕暮れ電車に飛び乗れ Lyricist 山崎ゆかり Composer 山崎ゆ ... てみようか腕を伸ばす太陽が今夜のになる見てごらんほらこんなにも綺麗な空があった遠くまで広がった山の陰から小さ
48 9.予定どおりに偶然に(with ASKA) 日ぐるっと傾いた時にぼくは上手に君をつかまえてられるかなそう考えるといろんなことが急に不安になるけど ... だ立ち尽くした大きな太陽が空を沈んでいくような微かな音を意識しながら今できる限り両手で君を囲い込んで ... 面に映り揺れる静かなを見てる消えそうな火のように震えるふたりを木々が笑う日のひかりはいつまでも土
49 1.紅三四郎 苗ヤッオーエイッ赤い太陽それより赤い胸に正義の血潮がおどるゆくぞけん坊(ヤー)ゆくぞボケ(オー)いつ ... ものが勝つぞその名はぼくらの紅三四郎天下無敵の十字のかまえ三日 ... 敵の十字のかまえ三日がえしや流星投げにゆくぞけん坊(ヤー)ゆくぞボケ(オー)ひろい地球に平和の鐘を ... の鐘を鳴らせその名はぼくらの紅三四郎ヤッオーエイッ走れ
50 14.いまのキミはピカピカに光って きれかえるほどステキぼくの情熱うけとめてくるくる踊れキミがいればいつだって真昼 ... いればいつだって真昼も星もおそれいる太陽ナインティーン?たぶん19の輝きざかりエイティーン?もしや18はねざかりトゥ ... ントゥエンティいまにぼくはクラクラにへたってしかしなおかつ I love youキミのマゴコロつか
51 3.きみとぼく e3.きみとぼく Lyricist 原田知世 Composer 伊藤ゴロー愛している木の葉の道をさっとかけてゆく ... 道をさっとかけてゆくぼくの庭の赤い果実をそっと摘んでゆくこの世界にひとりきみと ... の世界にひとりきみとぼくがいるよそして僕らはまた巡り会えたこの星で秋の風がおはようと言って頬をなでて ... 頃たったひとつだけの太陽様遠い昔に生ま
52 2.荒地の何処かで が吹いている眠たげな太陽燃え尽きるまでがらにもないブルースを口ずさんでゆくこの荒地の何処かで君の声が ... かで途方に暮れている明かりに寄りかかってダンスすてきさbaby君を愛してる君を愛してる夕焼けに浮か ... 声が聞こえているしょぼくれたブルースは闇に預けてこの荒地の何処かで君をいつも探してるこの苛立ちは何
53 2.RAIN 之海-SLOW2.RAIN親愛(しんあい)なるキミへ…両足(り ... た)が聞(き)こえる太陽(たいよう)さえ潤(うる)んだ僕( ... え潤(うる)んだ僕(ぼく)を包(つつ)んでくれる優(やさ)しくキミに吹(ふ)くその風(かぜ)もきっと ... 場所(ばしょ)で僕(ぼく)は生(う)まれる今(いま)まですべて忘(わす)れてしまうだろうくちづけた
54 12.Here goes!(alternative version) いう間にサッと落ちる太陽カバンの教科書に未来の書いてある箇所はなし”いつでもいつまでも踊っていたいよ ... 園の真上そっとそそぐ光見上げるどまん中瞬き輝きアッという間にサッと願う流星いつでもダンスにはマジで ... ときもきみのとなりにぼくはいるいつだって心(ハート)に情熱を立ちすくむときにはエールを送るよ絶対疑わ ... 急浮躁不知不
55 7.今夜きみ -小室等BOX/私はには行かないだろう7.今夜きみ Lyricist 吉増剛造 Composer 小室等今夜きみス ... は風よ風よ風よきみは太陽の顔までとどくだから顔が存在する生まれてくる子供のためにピカピカの拳銃を用意 ... きみが黙っているからぼくは引金をひくピカピカの拳銃を用意せよ今夜き
56 1.宇宙大シャッフル ももこ Composer 忌野清志郎ぼくらが見てた夢は流線型にシルバーのカッコ良すぎる未来宇宙旅行に行こうぜ ... 来宇宙旅行に行こうぜにだって住めるぜブッ壊れたビルを ... るぜブッ壊れたビルをが見てるよ爆破された街でネコがないてる何やってんだ人類どうしたんだ未来死んだマ ... ッシャッシャッフル)太陽系を巻き込もうぜ(宇宙大シャッフル)アン
57 9.money っと巻いて朝を待てぬぼくらは歪んだ太陽を待つさ節操無いほど前にそっぼ向いて感情交じり描いて体中声と化して再起の灯り ... と化して再起の灯りを下に燈そうこのままずっと生活しても意味がない僕の頭ん中は音楽と服装だ街へくりだ ... 魔するな再起の灯りを下に燈そう再期の灯りを心に燈そう節操無いほど前にそっぼ向いて勘定交じり描い
58 10.気まぐれ(album version) オろくに食事もせずにぼくらは眠った太陽も無視してやることもなくただ体いじりあってこんな日がずっと続いてく気がしたん ... ちょっとだけ眠ったらぼくら無傷でまた明日にいけるこの世界の気まぐれとあくびをしてる ... ぐれとあくびをしてるぼくたちと同じ夜の下…めんどくさいから話し合いとかしないよ壊してしまうほうが楽だ ... に
59 2.気まぐれ オろくに食事もせずにぼくらは眠った太陽も無視してやることもなくただ体いじりあってこんな日がずっと続いてく気がしたん ... ちょっとだけ眠ったらぼくら無傷でまた明日にいけるこの世界の気まぐれとあくびをしてる ... ぐれとあくびをしてるぼくたちと同じ夜の下…めんどくさいから話し合いとかしないよ壊してしまうほうが楽だ ... に
60 14.ジョイ な Dance踊ろうの葉影渚は真珠のネックレス綺麗だよ Yan−Yan−Yan−Yan…好きさ君を ... ウス越しねっ鼓動の音ぼくは少しあせってわるいわるい靴踏んだ ... わるいわるい靴踏んだは西へ太陽は火の矢射て星を追う Yan−Yan−Yan−Yan…時の流れに巻きこまれ
61 4.風に別れを な約束は果たせぬままぼくはもう大人になったよどんな天気でもでかけなきゃ長い夢からさめたここはどこ?体 ... しめ立ち上がる夜空にが青空には太陽そしてぼくには君がずっとずっとそばにいる良かったことも悪かったことも全部引き受けて音楽 ... かけよう目の前の君にぼくらはもっともっと幸せになれるよフラフラ風に運ばれてここまでき
62 1.窗繪 日はつがいで幸せかいぼくが觸れられるものと言えば固くて冷たいベッドぐらいさ…雨も降るけど雪も降るけど ... 天氣に晴れはないねぇぼくは空に近いから今じゃなくても見えるけれどねぇ ... ても見えるけれどねぇぼくが空に登るまで太陽の君よそばにいて日は無馱にすぎてゆくぼくとわけ(言尺)もなくすぎてゆく…どこか行こうかとそう
63 12.サマー・ソルジャー ふたりは街へ出た夏の太陽ギラギラまぶしいから蜃気楼がゆっくり近づいたら立ち止まってふたりを狂わせるき ... 遠くに見える海なのかぼくの心揺らすのは溶け出して行く季節なのか愛しあうふたりはにかんでなんにも喋らず ... 彼方に沈む夕陽なのかぼくの心つかまえて青ざめさせる恋の季節愛しあうふたりはにかんでなんにも喋らず見つ ... せいさそれ
64 14.太陽のあたる場所 est14.太陽のあたる場所 Lyricist BANANA ICE Composer BANANA ICE・笹 ... も目が覚めあれから年(とき)はたつ不健康なリズムビルの影だけ大人びるいつも束だれかそばしゃがむ道ば ... 答えはでないしばらくぼくらは笑いを忘れてしまった思い出そういま明日をこの道の先に夢のつづきがあるから ... 上に瑯石でかいたあの太陽は雨に濡れても消えなかったような
65 18.Born to run 's rightそうぼくらは気がつきゃ always running様々な story泣き笑いでかな ... りでもぜんぜんOK!太陽は君をFollow同じスピードでいつもついてくるはずさ So never
66 3.ミートソース が煮えた血液みたいにぼくの毛穴中から吹き出していったんだ誰かがそのことをしゃべったややこしい話になっ ... ややこしい話になったぼくはいいわけさえ面倒でニヤニヤと笑っていた真夏の汗と焼けた匂いで ... 夏の汗と焼けた匂いでぼくも君もどうかなってる赤いソースと赤い ... てる赤いソースと赤い太陽9がきたら考えよう…テレビで暑苦
67 13.太陽のあたる場所(FUNKY!! FREE!! version) ver13.太陽のあたる場所(FUNKY!! FREE!! version) Lyricist B ... も目が覚めあれから年(とき)はたつ不健康なリズムビルの影だけ大人びるいつも束だれかそばしゃがむ道ば ... 答えはでないしばらくぼくらは笑いを忘れてしまった思い出そういま明日をこの道の先に夢のつづきがあるから ... 上に瑯石でかいたあの太陽は雨に濡れても消えなかったような気がつ
68 10.ぼくは死ぬのさ 24時10.ぼくは死ぬのさ太陽に照らされ曜日に起きて週末に逃げられ明るい昼に ... に逃げられ明るい昼にぼくは死ぬのさやかましい真昼間彼女追っかけて人生を笑って明るい街で ... 生を笑って明るい街でぼくは死ぬのさ18歳のぼくは死ぬのさ Oh yeah! Oh yeah!4.5年前のだれかの風邪で恋の ... で恋の病で雨の日の朝ぼくは死ぬのさ簡単な
69 13.硝子の少年 かに抱かれ立ちすくむぼくのこと見ない振りした指に光る指環そんな小さな宝石で未来ごと売り渡す君が哀しい ... と売り渡す君が哀しいぼくの心はひび割れたビー玉さのぞき込めば君が逆さまに映る Stay with m ... あった絹のような髪にぼくの知らないコロン振られると予感したよそゆきの街嘘をつくとき瞬きをする癖が遠く ... 々がきらり駆けぬけるぼく(
70 9.サマー・ソルジャー ふたりは街へ出た夏の太陽ギラギラまぶしいから蜃気楼がゆっくり近づいたら立ち止まってふたりを狂わせるき ... 遠くに見える海なのかぼくの心揺らすのは溶け出して行く季節なのか愛しあうふたりはにかんでなんにも喋らず ... 彼方に沈む夕陽なのかぼくの心つかまえて青ざめさせる恋の季節愛しあうふたりはにかんでなんにも喋らず見つ ... せいさそれ
71 1.硝子の少年(玻璃少年) かに抱かれ立ちすくむぼくのこと見ない振りした指に光る指環そんな小さな宝石で未来ごと売り渡す君が哀しい ... と売り渡す君が哀しいぼくの心はひび割れたビー玉さのぞき込めば君が逆さまに映る Stay with m ... あった絹のような髪にぼくの知らないコロン振られると予感したよそゆきの街嘘をつくとき瞬きをする癖が遠く ... 々がきらり駆けぬけるぼく(
72 1.サマー・ソルジャー ふたりは街へ出た夏の太陽ギラギラまぶしいから蜃気楼がゆっくり近づいたら立ち止まってふたりを狂わせるき ... 遠くに見える海なのかぼくの心揺らすのは溶け出して行く季節なのか愛しあうふたりはにかんでなんにも喋らず ... 彼方に沈む夕陽なのかぼくの心つかまえて青ざめさせる恋の季節愛しあうふたりはにかんでなんにも喋らず見つ ... せいさそれ
73 6.Born to run 's rightそうぼくらは気がつきゃ always running様々な story泣き笑いでかな ... りでもぜんぜんOK!太陽は君をFollow同じスピードでいつもついてくるはずさ So never
74 26.B.C.物語(ロマン) 海を陸を Page4太陽 Page5鳥や魚 Page6動物たち Page7平和と微笑みそれが地球のB ... しめあえるよもうじきぼくらのA.D.物語(ロマン)かけがえない(世界中の)大事な人は(アダムとイブ) ... れそうな君守りながら太陽は両手にいつもあるんだ雲の目かくしはずして笑ってごらん Page1嘘をつい
75 2.B.C.物語(ロマン) 海を陸を Page4太陽 Page5鳥や魚 Page6動物たち Page7平和と微笑みそれが地球のB ... しめあえるよもうじきぼくらのA.D.物語(ロマン)かけがえない(世界中の)大事な人は(アダムとイブ) ... れそうな君守りながら太陽は両手にいつもあるんだ雲の目かくしはずして笑ってごらん Page1嘘をつい
76 2.誘惑について 島貴男すてきさ天使がぼくらを誘惑する手の中で花が蘇る ... する手の中で花が蘇るぼくらは奇蹟を愛し合う真夜中のオアシスで ... う真夜中のオアシスでぼくらはひそかにくちづけるゆっくりと溶け出して夜空に流れてゆくエロス溢れる涙とソ ... くよ瞳の中で虹が甦るぼくらは秘密を愛し合う真夜中の地下室で ... 合う真夜中の地下室でぼくらは
77 16.太陽がくれた季節 -暫存16.太陽がくれた季節イカロス(早見沙織)・見 ... ロス(早見沙織)・見そはら(美名)・五田根美香子(高垣彩陽)・桜井智樹(保志総一朗)・守形英四郎(鈴木達央) Lyricist 山川 ... とも愛君も今日からはぼくらの仲間とびだそう青空の下へ君は何を今待ちつづけるの街の片すみでひざをかかえ ... れた夢君も今日からはぼくらの仲間とび込もう青春
78 12.Fall In Love With You-恋に落ちて- は教会の鐘(男)そうぼくたちがまだ(男)少女と少年の頃の詩だよ(男)もう二度と返らないあまい追憶(男 ... TH YOU(男女)太陽が蒼ざめが燃えても(女)二人の愛だけは(男女)消えない(男女)FALL IN LOVE ... TH YOU(男女)太陽が蒼ざめが燃えても(女)二人の愛だけは(男女)消えない(男女)FALL IN LOV
79 2.リピートマン Composer YO-KINGぼくらを見てなかった風は何も運ばなかった夢はひとつも果たせなかった ... とつも果たせなかったぼくは何も信じられなかった誰も ... 信じられなかった誰もぼくに話しかけなかった何が起きても眠っていたかった ... ても眠っていたかった太陽を憎んでを愛した現実も思考も大差はなかった ... 思考も大差はなかったぼく
80 2.Riddim も美しい島ででっかい太陽の下で夜は明かりに照らされこの音に皆心癒される何があってもそう俺たちはお互い奏でるお友達 ... ないさ時々独りでしょぼくれる時は力与えてくれるそのおかげで歌また作れるまた一枚めくれる陽気なRid
81 26.紅三四郎 苗ヤッオーエイッ赤い太陽それより赤い胸に正義の血潮がおどるゆくぞけん坊(ヤー)ゆくぞボケ(オー)いつ ... ものが勝つぞその名はぼくらの紅三四郎天下無敵の十字のかまえ三日 ... 敵の十字のかまえ三日がえしや流星投げにゆくぞけん坊(ヤー)ゆくぞボケ(オー)ひろい地球に平和の鐘を ... の鐘を鳴らせその名はぼくらの紅三四郎ヤッオーエイッ走れ
82 24.大人はE も今もなお降って注ぐ太陽があるなんて知ってたよ知らない様日々は溢れ刹那は満ち足りる裸のまんまで生まれ ... も今もなお淡く滲む満が照らしてるこの街は何処までも競う様に高く高く伸びるさぁ行こうよ当てはないけれ ... んなにも早く走る風をぼくは持って
83 1.んばば・ラブソング てる真っ赤な真っ赤な太陽追いかけて走っておいでよパラダイスそよ風リズムでヤシの木が踊るフラダンス真珠 ... てる真っ赤な真っ赤な太陽追いかけて走っておいでよプリンセス夜空のパーティー三日 ... 夜空のパーティー三日も見てるショータイム星屑のかけら瞳いっぱいあげようくよくよするなんていけないよ ... でるでっかいでっかいぼくらの
84 19.怪傑ハリマオ 昭和35年5発表 Lyricist 加藤省吾 Composer 小川寛興 Arranger 小川寛興共演東京混聲合唱団まっかな ... 京混聲合唱団まっかな太陽燃えている果てない南の大空にとどろきわたる雄叫びは正しい者に味方するハリマオ ... するハリマオハリマオぼくらのハリマオ天地鳴らし吹きまくるあらしのなかもまっしぐらどとうの岩もうちくだ ... すむハリマオハリマオぼく
85 1.旧約聖書 獣木の実を創りましたと星太陽を大空に美しく散りばめました神様はそして僕らの先祖のアダムとイブこの世に創り ... るため創られたのですぼくたちも2人愛に結ばれて初めての二人のように生き
86 61.グリーン・グリーン その時パパがいったさぼくを胸にだきつらく悲しい時にもラララ泣くんじゃないとグリーングリーン青空にはそ ... ララ緑がゆれるある朝ぼくはめざめてそして知ったさこの世につらい悲しいことがあるってことをグリーングリ ... かため胸をはりラララぼくは立っていたグリーングリーンまぶたには涙あふれグリーングリーン丘の上にはララ ... 帰って来な
87 2.窓絵 はつがいで幸せかい…ぼくが触れられるものと言えば固くて冷たいベッドぐらいさ…雨も降るけど雪も降るけど ... 天気に晴れはないねぇぼくは空に近いから今じゃなくても見えるけれどねぇ ... ても見えるけれどねぇぼくが空に登るまで太陽の君よそばにいて…日は無駄にすぎてゆくぼくと訳もなくすぎてゆく…どこか行こうかとそう言えた
88 10.未完成 ぼればかりで過ごした日をワインに花びら浮かべて捨てるよ甘い甘い話しさ夜にころがっているよ若さを売っ ... e春の足音聞きながらぼくの心は凍河を行くよ拾われた時は分別もなくシンデレラボーイうかれた気分さ白夜に ... 気分さ白夜に沈まない太陽のようにワインも濁ると気づかずにいたよにがいにがい涙さ熱くこみあげてくる愛を ... e朝の訪れま
89 12.お母さんいい加減あなたの顔は忘れてしまいました が真紅にはれ上がった太陽の記憶をゴミ箱から引きずり出しそしてそこから一匹の虫がこそこそと逃げ出そうと ... 閉症の子供の通信欄にぼくのおとうさんは公務員ですと一人で書き込む恥ずかしさを誰かに教えたくて放課後の ... かあさん頭がいいのはぼくのせいではないと自己主張するたびに宙ぶらりんの想像妊娠恐怖症からやっと立ち直 ... 感をおぼえ
90 5.パーフェクト・デイ~特別な一日~ いから望むならあげる太陽、空だってお誕生日おめでとうすてきな思い出つくりましょういつも本当にありがとう ... まなきゃ「風邪かな?ぼくがつくった薬」これをどうぞ「平気だから」「もらっとくね」お誕生日あめでとう
91 10.空想探査計画 ...夜空に浮かぶ満の下でぼくは一冊の本めくるそこに書かれた人たちはみんな未開の星へ出かけた ... な未開の星へ出かけた太陽がページをめくる並みな日々白紙だそこに描かれる ... 白紙だそこに描かれるぼくたちはきっとスターとなって光るさ活字の海で手を広げ泳げば1光年先へとワープす ... つないで探しに行こうぼくたちの
92 5.Born to run 's rightそうぼくらは気がつきゃ always running様々な story泣き笑いでかな ... りでもぜんぜんOK!太陽は君をFollow同じスピードでいつもついてくるはずさ So never
93 2.Here goes! いう間にサッと落ちる太陽カバンの教科書に未来の書いてある箇所はなし”いつでもいつまでも踊っていたいよ ... 園の真上そっとそそぐ光見上げるどまん中瞬き輝きアッという間にサッと願う流星いつでもダンスにはマジで ... ときもきみのとなりにぼくはいるいつだって心(ハート)に情熱を立ちすくむときにはエールを送るよ絶対疑
94 14.グリーングリーン その時パパがいったさぼくを胸にだきつらく悲しい時にもラララ泣くんじゃないとグリーングリーン青空にはそ ... ララ緑がゆれるある朝ぼくはめざめてそして知ったさこの世につらい悲しいことがあるってことをグリーングリ ... かため胸をはりラララぼくは立ってたグリーングリーンまぶたには涙あふれグリーングリーン丘の上にはララ緑 ... 帰ってこな