Mojim 歌詞

寒がり 】 【 歌詞 】 合計193件の関連歌詞
1 〜 100項目の結果です。キーワードをもう一つ追加し、検索結果を縮小して下さい

アルバム ( ページリンク ) ソング ( ページリンク )( 部分歌詞 )
1 10.Blanket Town Blues た魔法のサインおやすみそろそろ朝がくるよ寒がりのこのまちにももうすぐさひみつだよときどき思い出す色々なことがこのまちをつくっているって例えばそんな
2 6.拝啓、元恋人 憂鬱なくらいにYouTubeの話してたな寒がりなくせして暑がりなところもそうだ「もう何でもいいよ」って言ってたのに何でもよくなかった君だ飽き飽きしていたんだよ片手ずつ持ったコンビニ袋コンタクト洗浄液と9%のアル
3 3.お勉強しといてよ 相変わらず乾かないや寒がりな季節にぁ~勿体ぶっていいからこのまんま焼き焼きだ押し潰される無敵め褒めあ ... 相変わらず乾かないや寒がりな季節にぁ~勿体ぶっていいから個のまんま焼き焼きだ押し潰される無敵め褒め
4 1.冬の花 DE青い光り着飾る並木人が過ぎるベンチで寒がりな君が寄り添ったあの温もりはもう無いため息白くあがり空へそっと旅立った君の元へ届くのかな僕は瞳閉じるよほら…凍えてる心に思い出だけが咲いている目を開ければ散りそうだ
5 12.君の面影 feat.ラブリーサマーちゃん 笑い話にできないらしい君が何より笑えるわ寒がりと暑がりが一緒にいるのは難しいのよやり直してみたとしてもきっと同じエンディングほらなびく風は春風今や過ぎた季節は思い出君はどこで立ち止まってる?振り返る君がいる今は

6 8.ウィンターのアゲアゲバッコーン! に1年丸ごと楽しむぜ寒がりやさんだって関係ないさあいぐっちゃみんなでウィンターのアゲアゲバッコーン! ... に1年丸ごと楽しむぜ寒がりやさんだって関係ないさあいぐっちゃみんなでウィンターのアゲアゲバッコーン
7 9.image を(何度だって息をして)教えてくれたから寒がりで暑がりな君のそばにそっと居させてこのままこのままこのままこのままこのままずっと愛していると誓うから離さない泣かせない守りたい叶えたい僕らの「幸せ」変わらないでこの
8 15.OH MY LITTLE GIRL しい街並にたたずむ君はとても小さくとても寒がりで泣きむしな女の子さ街角のLove Song口ずさんでちょっぴりぼくに微笑みながら凍えた躰そっとすりよせて君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl暖
9 1.Holy Night 喜ぶかな?ついつい考えるアタシの馬鹿!!寒がり悪魔を包むマフラーめっちゃいいじゃん悪い妄想ドギマギニヤけちゃう Heart恋エモーション!! Holy Night悪魔は友達 Holy Nightサプライズなんて
10 8.アトレーユ する今から色褪せて耐えらんないのに臆病な寒がり魂が愛を遠ざける誤魔化している一体何が邪魔なのかさえ分かんないほどにがんじがらめねにじり寄ってくるこれはなんだ?かわそうできるだけ逃げよう遠くまで行き着いたぬかるん
11 27.DOMINO ど Guys and Dollsホントは寒がり屋ひとりじゃいられないから Fallin' love Guys and Dollsどっちも聞きわけない指先ひとつふれたら止まらない粋な Guys and Dolls
12 12.OH MY LITTLE GIRL い街並にたたずむ君はとても小さくとっても寒がりで泣きむしな女の子さ街角の Love Song口ずさんでちょっぴりぼくに微笑みながら凍えた躰そっとすりよせて君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl
13 1.お勉強しといてよ 相変わらず乾かないや寒がりな季節にぁ~勿体ぶっていいからこのまんま焼き焼きだ押し潰される無敵め褒めあ ... 相変わらず乾かないや寒がりな季節にぁ~勿体ぶっていいから個のまんま焼き焼きだ押し潰される無敵め褒め
14 4.KIRARI Deck はカッコのつかない俺でもフラフラと飛ぶ蝶寒がりの君の吐いた息はホワイトプリントのハゲたスウェット捨てれない夢の国にも最近行けてない一人暮らしも慣れたいや慣れてない駅前で手相占ってる人に会釈してみたなんかいい人そ
15 15.Unity-結仁庭- に残した遥かな足跡月は幾重に年を纏いゆく寒がりな胸の畔仄かな篝火よ繋ぐ手の温みくれたのは貴方巡り会う度に人は互いの唄を知り命の重なりくれたのは貴方くれたのは貴
16 5.Now and Forever So never let you go寒がりなキミの右手は今日も僕のポケットの中温もりシェアしてるいつの日か二人昔のアルバムを開くように今日の日を思い出そう I promise youモノクロな毎日に彩りくれ
17 19.気ままな片想い boy)ちょっぴり傷ついてもはやる心なの寒がりなのは(予報通り)ネイビーのダッフルも消えて(しまいそうで)すぐにぎゅっとして欲しいけどふたり並んで歩く(あなたの)かじかむ細い指は(意気地なし)たまに触れる肩黙り
18 6.OH MY LITTLE GIRL い街並にたたずむ君はとても小さくとっても寒がりで泣きむしな女の子さ街角のLove Song口ずさんでちょっぴりぼくに微笑みながら凍えた躰そっとすりよせて君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl暖
19 8.LOST IN LOVE る去年の僕らみたいだ uh yeahねぇ寒がりだった君今は誰かの隣あんな風に暖め合ってるのかな miss youもういっそ忘れよう忘れてしまおうそんな強がりを望まない心二度と会えないと言われた駅にも戻らない愛を
20 3.Five Step ng地元愛天使の笑顔を君にあげるよ最年長寒がりでも口角だだ上がりでも夢の中でこの角を曲がれば俺ん家につくメインボーカルだからこの際心からの叫びを俺の眉毛はどこ行った?たくあん大好きシンギングクッキング喋るポンコ

21 8.黄昏ギター 詞スガシカオ 作曲 スガシカオ息が白くなると寒がりの君を思い出す熱い缶コーヒーたまにはベンチでまた飲もうあの時君のことをバカにして笑ったこと本当はすぐ謝れたのにあんなことさえなきゃ君はここにいたのかもね借りたままの
22 1.ペーパーロールスター もいいハローあたしは寒がりもしないただの深海の藻屑なのはあ、どうしようもない言葉に酔ってしまおうまあ ... きなのハローあたしは寒がりもしないただの深海の藻屑な
23 1.フリーズドライplease ドライ pleaseフリーズしないピーク寒がりだからと買っといてくれたホットティーフリーズドライ pleaseフリーズしないピークほら意識ひとつで目の前に顔を出す幸せかくれんぼは止めにして乾いた思い出を溶かさず
24 1.フリーズドライplease ドライ pleaseフリーズしないピーク寒がりだからと買っといてくれたホットティーフリーズドライ pleaseフリーズしないピークほら意識ひとつで目の前に顔を出す幸せかくれんぼは止めにして乾いた思い出を溶かさず
25 2.Angel Sign る巻きのマフラーちょっと大きめのセーター寒がりな君のすべていまも思い出してる戻れないよね?あの日にはねえ頭では分かってるけど降り積もる雪よ白く白く塗り替えて時計の針は今でも止まったままです消えないで(いつか)ま
26 10.White ..頑張っているかな泣いたりしてないかな寒がりなその肩を抱きたい騒がしい灯りの中孤独に震えないで雪になりたい側に行きたい離れた街の大切な人想う優しく舞い降りて隣で笑うのに White...あなたの空にも雪が降っ
27 2.木洩れ陽 そぐ俺の胸にも降りそそぐ振り向けば夢の跡寒がり同士のめぐり逢いわずかな陽射しがあればいい小さな幸せおまえとおまえとおまえとふたりすぐに泣き顔涙の癖を早く笑顔にさせたくて誰にでも過去がある震える肩先抱き寄せたわず
28 9.Whale Living ほらあなから歌は届く忘れたことあるからさ寒がりの町は静かに夜明けを待つさよならの手を振って花束をほどいたら皺を伸ばす手に愛を込めて思い出は眠る夜更けに歌の中で目を閉じて便箋に書かれた文字にランプが灯るずっと前に
29 11.夜の太陽 出したいつかぼくも太陽になれたらな暗がり寒がり照らせたらな理想論に脳内を占められて隠れていた月の欠片たち迷子のメーデー繰り返し3度唱えたから今日を生きられて照らされてやっと光る月も夜空に浮かべば明るく空ろになっ
30 7.終電を超えて~Christmas Night ケットに入れていいよ寒がりな君の手温めるのは僕さずっとこのままなんてないさわかってるだから次の約束な ... ケットに入れていいよ寒がりな君の手温めるのは僕さずっとこのままなんてないさわかってるだから次の約束
31 12.見返りZAKURA 巻き戻る紅のマフラーラベンダー風に揺れて寒がりな背中を見つめてた「あのねホントはどうしたいの?」いつだって答えられない見返りの無い愛でいい傍にいるだけで微笑みだけが見れるなら終わらない夢になるのなら何も何も望ま
32 1.終電を超えて~Christmas Night ケットに入れていいよ寒がりな君の手温めるのは僕さずっとこのままなんてないさわかってるだから次の約束な ... ケットに入れていいよ寒がりな君の手温めるのは僕さずっとこのままなんてないさわかってるだから次の約束
33 8.名うての泥棒猫 いんした一通り言い掛りよあたしなら秋猫さ寒がり屋勝手に擦り寄って来たものは無理に追返せないわ不知火(しらぬい)や宵月に同じ何時もさむいもの「全てを手に入れる女」と、云われちゃあ流石に白々しくなるなんてったって女
34 3.ナナシの隣人 時を刻み乾いた街並命の名のもと生き合おう寒がりな寂しさ達の焚き火それが愛ならもう寄り添う程悲しくなるから今小さな別れをさよならあなたよどこかでまた会うまで言葉届かなくても思い思いを宿す月明かり街路樹がアスファル
35 1.FLY FLY FLY んて羨んでいた飛ぼうとしたこともないのに寒がりな強かさ捨てて目の悪い愚直さが欲しいんだ風なんかさ読めなくてももう良いんだ無茶苦茶な軌道で飛んでやりたいんだ遠くまで上がっても切れない丈夫な凧の糸そんなのに嫌気が差
36 7.気ままな片想い boy)ちょっぴり傷ついてもはやる心なの寒がりなのは(予報通り)ネイビーのダッフルも消えて(しまいそうで)すぐにぎゅっとして欲しいけどふたり並んで歩く(あなたの)かじかむ細い指は(意気地なし)たまに触れる肩黙り
37 10.snow~君がくれた物語~ 向こうの小田急を見てた寒い町から来た君が寒がりな僕にイジワルっぽく笑うそれだけでよかった遠い昔から知っていたみたいに新しいページをめくるようにハローハロー君と出逢って物語が始まってハローハロー笑顔や涙も分け合っ
38 2.東北道 ・理系無口・おしゃべり高卒・大卒暑がり・寒がり我慢強いのと趣味がない所は同じな気がして疑ってない生まれて一度も喧嘩した事はないが仲良いとも思えない無愛想な顔で作り笑い興味あるフリばっか俺の話映画や音楽好きな話言
39 11.設定温度 我慢してしまうだろうそんな暑がりとそんな寒がりが一緒に住むから愛と呼べるんだそんな気遣いは無駄なことらしい僕のTシャツは汗でびしょ濡れだ秋はまだ遠
40 6.ガールフレンド 伊藤理枝少し離れて歩いてく駅に続く道君は寒がりでマフラーに顔うずめたままで涙ぐむその瞳何度もみてきたけど今日が最後みたいだ卒業式みたいガールフレンド誰も知らない届かないこの想いこれでこのままでいいんだそばにいれ
41 1.夜の太陽 出したいつかぼくも太陽になれたらな暗がり寒がり照らせたらな理想論に脳内を占められて隠れていた月の欠片たち迷子のメーデー繰り返し3度唱えたから今日を生きられて照らされてやっと光る月も夜空に浮かべば明るく空ろになっ
42 2.川西五〇数え唄 ンシのクリニック三十五見事な奥一重三十六寒がり袖なしで三十七南に行きたがる三十八宮田とジェット機で三十九サンキューベリマッチ四十静かにして下さい嗚呼〜川西〜嗚呼〜半世紀四十一酔いどれ朝帰り四十二死にたいわけじゃ
43 15.12月のカンガルー ー僕の中には君がいる寒がりなカンガルー君のすべてを守りたい何も言わなくたって(わかり合える)2人の体 ... ー僕の中には君がいる寒がりなカンガルー君のすべてを守りたい何も言わなくたって(わかり合える)2人の
44 1.Prologue〜恋を呼ぶ唄〜 れ以上泣かないで愛しい人優しい風に唄って寒がりな君を包む抱きしめたら壊れそうたっだ過去も今は違うここから始まって行く守りたいもう離せない零れ落ちる銀色の涙を拭って二人は今。。雪解けを待つ暖かな春その心、全て受け
45 1.OH MY LITTLE GIRL い街並にたたずむ君はとても小さくとっても寒がりで泣きむしな女の子さ街角のLove Song口ずさんでちょっぴりぼくに微笑みながら凍えた躰そっとすりよせて君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl暖

46 12.リジェネレーション 落ちてるいつしか時の風に攫われ無防備ゆえ寒がりなハートあなたは毛布で覆ってくれる嗚呼恋がリジェネレーション鎖した心の奥気持ちが段々膨らんだあなたの声を聞けば鼓動がドンドン高鳴るんだ1人でいる時でもあなたが段々増
47 4.寒がり ルバム〜4.寒がり 作詞 石原信一 作曲 新田晃也風邪引くなんて久しぶりおふくろ死んだ朝以来 ... のならもどっておいで寒がり同士冬の薄陽(うすび)も射すだろうマフラー首に巻きながら小さな咳をしていた ... くするもどっておいで寒がり同士ボタンひとつの掛けちがいこの齢(とし)だから頑固者やりなおせるかどうだ ... ようでもどっておいで寒がり(!
48 8.NANANA NA! Oh! NA!完全なBaby!寒がりな2人絡みこの壇上でギンギンのStory Oh! My bodyなんなんだReady?褒美無しなんてありえぬPartyキミ果てるまでボクの番さ傷つけあう覚悟のNig
49 5.口袋 にこの瞬間を僕らは生きているんだ真白な息寒がりな仕草君のその手をそっと握りしめたポケットの中やっと君を見つけたからさぁ目の前に大きく輝いてる幾千の願いを重ねてゆくもう遮るものなど無いからここにおいでもう何一つ遮
50 2.I MISS YOU と分かってるけどまだここが一番心地よくて寒がりな君の手をにぎって二人歩いたあの日と同じだね雪が舞うたびに立ち寄るこの街まだ君に会えそうな気がして君の声もしぐさもその温もりも忘れられずに降り積もる雪に身をまかすだ
51 5.ヒーター 帰れなくて言葉が無くても通じ合ってせめて寒がりだけは隠して新しい季節へと歩こ
52 5.ポケット にこの瞬間を僕らは生きているんだ真白な息寒がりな仕草君のその手をそっと握りしめたポケットの中やっと君を見つけたからさぁ目の前に大きく輝いてる幾千の願いを重ねてゆくもう遮るものなど無いからここにおいでもう何一つ遮
53 1.今夜はドラマチック ね合うふたり愛に抱かれた夜都会(まち)は寒がりなモンスター熱を奪うからその肌も温もりも想い出に出来ない誘い誘われめぐり逢いキスに降り注ぐ粉雪貴女の全てが「欲しいよ」抱いて抱いて抱きしめ合い燃えて燃えて燃え上がっ
54 6.真夜中のオーケストラ なかっただけそれだけなのに星と見つめあう寒がりな子供達真夜中の詩が叫んだ「僕ほんとうは独りが嫌いだ大嫌いだ」独りぼっちで生きてゆけてしまうなんてこと幸せなんて小さなスプーンで掬えるくらいで充分なんだ分け合える人
55 3.見返りZAKURA 巻き戻る紅のマフラーラベンダー風に揺れて寒がりな背中を見つめてた「あのねホントはどうしたいの?」いつだって答えられない見返りの無い愛でいい傍にいるだけで微笑みだけが見れるなら終わらない夢になるのなら何も何も望ま
56 10.しあわせになるために わせになるための涙はもうじゅうぶん流した寒がりなキミの手が冷えてきたねそろそろ行こうかカイロ忍ばせた左のポケットにその右手を導くよ stay with meあのベンチで始まったんだよな、って言おうとしたけどキミ
57 3.スピカ せてゆくのかなでもでも、きみに触れたいよ寒がりなきみの手を温めてどこまでもどこまでも一緒に歩いてゆきたいきみをここでずっと待ってるよ新しいきみと新しいぼくで出逢おうそしてもう一度手を繋いで今度こそ2人であの頃探
58 1.淡い雪のように 人の距離そう思ってた寒がりな君の手をとれば抑えてた気持ちが溢れてくそのかじかむ指に熱が流れてく触れて ... るねえ、そうだろう?寒がりな君を抱きしめて白い息を重ねキスをしたその濡れた唇熱を帯びてゆく音もなく
59 1.snow〜君がくれた物語〜 向こうの小田急を見てた寒い町から来た君が寒がりな僕にイジワルっぽく笑うそれだけでよかった遠い昔から知っていたみたいに新しいページをめくるようにハローハロー君と出逢って物語が始まってハローハロー笑顔や涙も分け合っ
60 10.OH MY LITTLE GIRL い街並にたたずむ君はとても小さくとっても寒がりで泣きむしな女の子さ街角のLove Song口ずさんでちょっぴりぼくに微笑みながら凍えた躰そっとすりよせて君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl暖
61 1.ポケット にこの瞬間を僕らは生きているんだ真白な息寒がりな仕草君のその手をそっと握りしめたポケットの中やっと君を見つけたからさぁ目の前に大きく輝いてる幾千の願いを重ねてゆくもう遮るものなど無いからここにおいでもう何一つ遮
62 8.くるみ くと思い出す事がある寒がりな君が入れた温かい紅茶とくるみ君は元気でいますか幸せに暮らしているかな僕は ... くと思い出す事がある寒がりな君が入れた温かい紅茶とくる
63 2.君がみた ていくよ嗚呼そちらには季節はめぐるのか?寒がりな君の事考えてしまうわけさ嗚呼雲の切れ間に君を見た気がしたよ些細な出来事に君を映すのさ泣きじゃくる子供の様に座り込んで動かない僕さもう一度もう一度君と見ていた空が見
64 1.12月のカンガルー ー僕の中には君がいる寒がりなカンガルー君のすべてを守りたい何も言わなくたって(わかり合える)2人の体 ... ー僕の中には君がいる寒がりなカンガルー君のすべてを守りたい何も言わなくたって(わかり合える)2人の
65 3.名うての泥棒猫 いんした一通り言い掛りよあたしなら秋猫さ寒がり屋勝手に擦り寄って来たものは無理に追返せないわ不知火(しらぬい)や宵月に同じ何時もさむいもの「全てを手に入れる女」と、云われちゃあ流石に白々しくなるなんてったって女
66 15.挽歌の街に雪が降る 年より冷えるから気がかりなのさ冬が苦手の寒がり屋いつも男は先をみていつも女は今をみる遠い、おまえはもう遠い挽歌の街にあゝ雪が降る独りでもいいんだよしあわせならば不幸だけにはもうなるなひとの甲斐なさ仕方なさ悔いの
67 7.夏の林檎 でした心も季節も林檎も色付く事さえ忘れて寒がりな風見の鶏がもうすぐ秋だよと謡う揺れる三日月真夏の夜に忘れた恋を思い出す夢のひとひら星の鈴音君の心にキスをするその夏のあどけない林檎いつまでも胸にある果
68 8.そのスピードで したり泣いたりしてそれはもういくじなしで寒がりの悪魔が胸に住んでるもしこの魔法が解けるのなら朝に階段を一段でも昇って手を伸ばし風を感じ雨粒を感じ鏡を叩き割るのに心の鈍らぬうちにそう悲しい声をこの声を投げつけ進む
69 2.雪ほたる 泣くなごり…なごり盛り場雪ほたる女の肌は寒がりでぬくもりなけりゃ眠れない置いて行くのに抱き癖つけた罪なひとでも憎めない夢で…夢で逢わせて雪ほた
70 2.C・O・F・F・E・E・E あなたはいつもカッコつけてだけどとっても寒がりねベイビーまっくろいコーヒー気取ったふたりお似合いね味なんかコーヒー本当はちっともわからない C・O・F・F・E・E・Eぴかぴかの革靴お揃いで道に迷ったら何周でもぐ
71 2.名うての泥棒猫 いんした一通り言い掛りよあたしなら秋猫さ寒がり屋勝手に擦り寄って来たものは無理に追返せないわ不知火(しらぬい)や宵月に同じ何時もさむいもの「全てを手に入れる女」と、云われちゃあ流石に白々しくなるなんてったって女
72 8.名うての泥棒猫 いんした一通り言い掛りよあたしなら秋猫さ寒がり屋勝手に擦り寄って来たものは無理に追返せないわ不知火(しらぬい)や宵月に同じ何時もさむいもの「全てを手に入れる女」と、云われちゃあ流石に白々しくなるなんてったって女
73 11.かけら~総べての想いたちへ~ 作詞 光村龍哉 作曲 光村龍哉木枯らし鳴く街角寒がりな白い息「季節の変わり目は風邪ひきやすいんだ」っけ忙しなく流れる時間(とき)の中で浮かぶのはいつもこんな些細なフレーズ涙が滲んだアスファルトにまた花咲くよ今にも枯れ
74 4.宿題 inoそれは季節はずれの毛布みたいでした寒がりな私の事暖めてくれたよね抱え込んだヒザに揺れる水たまりどうしてもっと素直じゃない好きなのに…解けない心に秘めたる想い壊れそうで動けない宿題ばかりだけどそれでもあなた
75 6.we love you スな優しい瞳白いジャケットですぐにわかる寒がりなあなたのトレードマーク大笑いしたハートブレイクソング今も胸にしみついているよ思い出していつもここにいるからあなたの空と繋がってる星を見上げてもさみしい時は声で祈っ
76 2.たとえば唄えなくなったら ふるさとの唄を焚けば寒がりな心達が黄昏夜は静かに更けていく帰れなくて泣いた戻れなくて戸惑った「いちば ... ふるさとの唄を焚けば寒がりな心達が黄昏夜は静かに更けていく帰れなくて泣いた戻れなくて戸惑った「いち
77 8.宝物 100年先も寒いとこ育ちなのにオレよりも寒がりなお前のそばにいてオレがいつもあたためたいんだおおお不器用な俺にできた大切な人それはきっと二度と現れない宝物ああ青い空に二人大きく描いたビジョンそれはきっと神様がく
78 11.RESET CIRCLE 顔が浮かんでるんだ氷とオーロラのカーテン寒がりなのを忘れていて、君の機嫌はグラつき斜め心肺に負担掛ける緊張感限り在る鼓動の数を減少させるのは代償選んだ装備が呪いでも構わないだろ?御一緒にどうぞこの世界に飽きてき
79 3.Love Searcher 本当は(そうずっと)寒がりで(強がりで)優しさなんかほしくて歩いてる(僕のため)探してる(キミのため ... 本当は(そうずっと)寒がりで(強がりで)優しさなんかほしくて歩いてる(僕のため)探してる(キミのた
80 9.しあわせになるために わせになるための涙はもうじゅうぶん流した寒がりなキミの手が冷えてきたねそろそろ行こうかカイロ忍ばせた左のポケットにその右手を導くよ stay with meあのベンチで始まったんだよな、って言おうとしたけどキミ
81 7.White Love しも時が戻せるならもう寂しくさせやしない寒がりなキミをこの腕に抱いて離さないよもう二度と会えないわかっているけど舞い降りる雪の様に悲しみが胸に積もるこんなにも好きになれた人忘れられる訳ないいつまでもこのままじゃ
82 11.宝物 100年先も寒いとこ育ちなのにオレよりも寒がりなお前のそばにいてオレがいつもあたためたいんだおおお不器用な俺にできた大切な人それはきっと二度と現れない宝物ああ青い空に二人大きく描いたビジョンそれはきっと神様がく
83 2.サブカルガールまどか 思議ちゃんじゃないのサブカルガールまどか寒がり重ね着レイヤーちょっとギャルが怖い森にいない人種だからロハスに目覚めたら小さなベランダハーブ育てたエトセトラすぐ枯れちゃってもご愛嬌テレビは見ないけどマンガはやけに
84 12.たとえば唄えなくなったら ふるさとの唄を焚けば寒がりな心達が黄昏夜は静かに更けてく帰れなくて泣いた戻れなくて戸惑った「いちばん ... ふるさとの唄を焚けば寒がりな心たちが黄昏夜は静かに更けてく帰れなくて泣いた戻れなくて戸惑った「いち
85 1.しあわせになるために わせになるための涙はもうじゅうぶん流した寒がりなキミの手が冷えてきたねそろそろ行こうかカイロ忍ばせた左のポケットにその右手を導くよ stay with meあのベンチで始まったんだよな、って言おうとしたけどキミ
86 5.木枯らし一号 月(みつき)は人生など考えて生きましょう寒がりの男と女が寄りそうそんなの厭ねさびしさが愛する理由になったら切ないでしょうそれじゃそれじゃまたね黄昏の口笛に似たような風が鳴る坂道を空缶が転げ落ちるハイヒールの千鳥
87 1.寒がり 新田晃也-寒がり1.寒がり 作詞 石原信一 作曲 新田晃也風邪引くなんて久しぶりおふくろ死んだ朝以来 ... のならもどっておいで寒がり同士冬の薄陽(うすび)も射すだろうマフラー首に巻きながら小さな咳をしていた ... くするもどっておいで寒がり同士ボタンひとつの掛けちがいこの齢(とし)だから頑固者やりなおせるかどうだ ... ようでもどっておい
88 2.夢のつぼみ 新田晃也-寒がり2.夢のつぼみ 作詞 石原信一 作曲 新田晃也泣くだけ泣いて眠ればいいさ夜空に涙撒(ま)き散らせ恋に破れた悔しい傷がおまえを綺麗にさせるから夢のつぼみは三分
89 5.たとえば唄えなくなったら ふるさとの唄を焚けば寒がりな心達が黄昏夜は静かに更けてく帰れなくて泣いた戻れなくて戸惑った「いちばん ... ふるさとの唄を焚けば寒がりな心たちが黄昏夜は静かに更けてく帰れなくて泣いた戻れなくて戸惑った「いち
90 2.明日の空 あなたへの愛はどうしても誤魔化せなかった寒がりで臆病な日々明日の空をあなたと見たい寄り添いあって花のように「出逢えてよかった」握り締めるその願い叶えてゆこう何処からか聞こえてくる傷つけ合う心の音いつかのラブソン
91 1.北離愁 曲聖川湧雪雪が降り街には暖炉の灯がともる寒がりのあなたにとって嬉しい季節と思います私は今ひとり櫂をなくした入り江の小舟です逢いたい離愁の心が張り裂けそうです北北へ行く列車を見送るばかりです雪の中あなたを追って行
92 2.サナギ 恥ずかしいことまで言えちゃうから不思議さ寒がりな僕らは四つ足をからめて混ざりあう秘密をわけあって意地悪をしたいな飴玉の袋に閉じ込めて遊ぶひとり占めしたいな膨らんだ桃色の丘を駆ける真夜中に終わらない恋の証に燃えカ
93 1.たとえば唄えなくなったら ふるさとの唄を焚けば寒がりな心達が黄昏夜は静かに更けてく帰れなくて泣いた戻れなくて戸惑った「いちばん ... ふるさとの唄を焚けば寒がりな心たちが黄昏夜は静かに更けてく帰れなくて泣いた戻れなくて戸惑った「いち
94 5.OH MY LITTLE GIRL い街並にたたずむ君はとても小さくとっても寒がりで泣きむしな女の子さ街角のLove Song口ずさんでちょっぴりぼくに微笑みながら凍えた躰そっとすりよせて君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl暖
95 11.宝物 100年先も寒いとこ育ちなのにオレよりも寒がりなお前のそばにいてオレがいつもあたためたいんだおおお不器用な俺にできた大切な人それはきっと二度と現れない宝物ああ青い空に二人大きく描いたビジョンそれはきっと神様がく
96 7.OH MY LITTLE GIRL しい街並にたたずむ君はとても小さくとても寒がりで泣きむしな女の子さ街角のLove Song口ずさんでちょっぴりぼくに微笑みながら凍えた躰そっとすりよせて君は口づけせがむんだ Oh My Little Girl暖
97 8.月の真似 ぼんやりと月の真似してる僕を照らすのは君寒がりな君を暑がりな僕が笑うけど少しの我慢だって本当は褒められたい真ん中の体温がやっぱり恋しくてそっと寄せたシンメトリ一に見せてた左胸の戸惑いを見透かされてもいい素顔味気
98 4.真夜中のオーケストラ なかっただけそれだけなのに星と見つめ合う寒がりな子供たち真夜中の歌が叫んだ僕本当はひとりが嫌いだ大嫌いだひとりぼっちで生きて行けてしまうなんてことああ幸せなんて小さいなスプーンで掬えるくらいで十分なんだ分け合え
99 24.わかれ雪 てゆくからだを大事に元気で暮らせおまえは寒がり風邪などひくな忘れはしないよ離れても夢では毎晩抱いて寝る待って待って待っていてくれ幸せみやげに帰るま
100 1.真夜中のオーケストラ なかっただけそれだけなのに星と見つめ合う寒がりな子供たち真夜中の歌が叫んだ僕本当はひとりが嫌いだ大嫌いだひとりぼっちで生きて行けてしまうなんてことああ幸せなんて小さいなスプーンで掬えるくらいで十分なんだ分け合え

最大100項目の検索のみ表示可能。キーワードをもう一つ追加し、検索結果を縮小して下さい