Mojim Lyrics

+ いない + + + 】 【 Lyrics 57 lyrics related been found

Album ( Page Link ) Song ( Page Link )( Partial Lyrics )
1 19.キミガイナイ 口を閉ざし星も見えずは雲に隠れてる誰が聴いているのだろうマーラーの憂鬱な交響曲今心はすべてが空っぽ ... が過ぎてしまえばいいいないこんな世界想像よりももっと退屈だった些細なことで喧嘩をしてだけど二人意地張 ... てる本当の孤独は誰もいないことじゃなく誰かがいるはずなのに一人にされてるこの状況こんな夜は息を潜め灯 ... (ひ
2 1.アイスクリーム 落とした瞼に映るのはもしも今ここにいればいいのに ... ここにいればいいのにがきれいな夜に響くMusic& Me優しさは凶器心臓を刺され ... さは凶器心臓を刺されは声を出したまま気持ちよく笑ってしまうんだ ... よく笑ってしまうんだといる時間はイルミネーション見失うほど虜になる迷路純粋が広がってるその目をうま ... 画も洒落てるあの店
3 12.Back to you めないで優しい笑顔では壊れそうだふざけた冗談でを困らせたいない映画の続きを1人で見たんだつまらない台詞で何故か泣いていた味気ないポップコ ... なんて思ってなかったが綺麗だよ今日もまた光を探してる今日も行かないで行かないで叫ぶ声は届かない愛せ ... かない愛せやしないよいない今日を But I know I wanna go back t
4 2.SEXY 手にダンスをするけどは騙されていればどんどん可愛くなるから法定速度ギリギリの速さで運命感じて一生分 ... い去ってしまうだろうはお様じゃないはダイヤモンドじゃないは赤いバラでもないだけのもんさ抱きしめていいかい?返事は?恥ずかしそうにしてないでちゃんとこっち ... こっちを向いてごらんの住む場所は
5 6.知りたいこと っと前から知っているのことが何となく気になって来たのは単なる興味だだから話しかけたんだだけどなんだ ... そういうんではなくてを知りたいってこと例えば今何を考えているのか?聞いてみたかった好奇心それだけだ ... …行ってみたことないの裏について偉そうに語っても説得力ないだろうただの友達の一人と思っていたはずなのに ...

6 5.EVERY TIME HWANいつまでもにいてくれたらねえ目覚めた朝にそっと口づけをしてただそれだけで他にもう ... だそれだけで他にもうは欲しいものなんてない Cause you're the one you're the one so you're the one for me青く染まる星空 I'll hold you tight hold you tight hold you tight t ... e babyその横顔見せてよ Every time babyの光でそっとドア開ければ二人だけ誰も ... 開ければ二人だ
7 23.光~hikari~ 岡本奈穂子・小川博永の優しさに甘えていたさよならが残してった風の香り別れの季節一人歩く夜今でも思い ... 思い出してしまうからいない夜はまだ心欠けてしまったみたいで探してしまう ... みたいで探してしまう明かりに照らされて笑ってるをどうせ出ない答え探したりくだらない言い訳を考えたり繰り返すだけ繰り返して何が ...
8 8.やさしくさよなら-Japanese ver.- g Si Kyungの事を思っては眠れぬ夜数えた大丈夫だよって言って大丈夫じゃないんだだから今日も ... だだから今日もごめんからを引いたら本当になの?いない果てしない日々なんてまるで空気が無い世界息も出来ない確かに輝いた ... 出来ない確かに輝いたの愛すべてが散り行く辛いけどさよなら ... 行く辛いけどさよ
9 14.かくれんぼ MAMA隠れてなんかいないで出ておいでもういいかい?まぁだだよ壁をすり抜け自由自在に空を泳ぐ残されて ... る遊泳時間はあと僅かの抜け殻に寄り添いは黙ったままでその手を離さないそんな顔しないでよそっと背中抱き寄せた泣いたり怒 ... かせてよ隠れてなんかいないで出ておいでもういいかい?どんな深い闇に飲まれて地の果てで吐き出されてい
10 23.最後の夜汽車 陽のあたらない場所をは生きてきたふりそそぐ白いあかりにさえ肩をすぼめては目をとじてきた ... めては目をとじてきたが乗った最後の夜汽車がの街を遠去かる拍手が鳴りやみ客がいなくなっても歌いつづける悲しいシンガーのよう ... しいシンガーのようにはいつでも冷たいに苦い涙を歌いつづけたが乗った最後の夜汽車
11 9.最後の夜汽車 陽のあたらない場所をは生きてきたふりそそぐ白いあかりにさえ肩をすぼめては目をとじてきた ... めては目をとじてきたが乗った最後の夜汽車がの街を遠去かる拍手が鳴りやみ客がいなくなっても歌いつづける悲しいシンガーのよう ... しいシンガーのようにはいつでも冷たいに苦い涙を歌いつづけたが乗った最後の夜汽車
12 2.恋花火 グランドミュージックを迎えにいこう夏にある風物詩赤提灯とお祭りそれにつられて誘われてだから今日は ... 誘われてだから今日はもなんだか嬉しそうだも同じさの明かり2人照らしてる手をつなげる距離がもどかしくて少しだけ涼しい夜の風 ... 少しだけ涼しい夜の風の髪を揺らす淡く咲いた夏の恋花火 ... 淡く咲いた夏の恋花火
13 5.The Gang Eat More Cごはん-味の向こう 〜入り口〜5.The Gang Eat More Lyricist DJみ ... eねぇ、じゃがえもんの口癖 We are the worldらみんな繋ってる地球に埋まってる“根っこワーク”しずかなる地底スパイいつかスカ ... 底スパイいつかスカイに住みたい気づいてないない奴の願いじゃがえもんの本当の狙い The Gang Eat Moreじゃ
14 1.アイスクリームポップスター それでも小さく笑ったのやさしさにありがとうああいえない傷膝抱えて涙した夜に ... 傷膝抱えて涙した夜にの名前をそっと呟いてみた1人見上げた夜空少し強くなれたアイスクリームポップスタ ... 誰も聞いていなくても1人ただ1人聞いていればいいからアイスクリームポップスター ... クリームポップスターの歌が聞こえたよ忘れないいつだっ
15 6.キミガイナイ 口を閉ざし星も見えずは雲に隠れてる誰かが聴いているのだろうマーラーの憂鬱な交響曲今心はすべてが空っ ... が過ぎてしまえばいいいないこんな世界想像よりももっと退屈だった些細なことで喧嘩をしてだけど二人意地張 ... てる本当の孤独は誰もいないことじゃなく誰かがいるはずなのに一人にされてるこの状況こんな夜は息を潜め灯 ... で
16 5.花の色 だ上書きしていく何ヶぶりかに開いた重いカーテンの向こう ... 重いカーテンの向こうで咲いた庭の花の色「名誉も地位もいらない」あの日の ... もいらない」あの日のはそう叫んでた頬に伝う熱い涙の色社会の事情も知らないそんな ... 事情も知らないそんなの言葉はただの綺麗ごとなのかもしれない今日も満員電車は不満の溜まり場息を止め
17 2.花水木 実をつけ肩に吹いた風を連れもっと遠くまでいけばよかったと今ふと想うよ Hey-Yo未来だけをただ ... に市街はずれまだ誰もいないバス停今は一番後ろの席を選ぼう通りの街灯が消えたら街路樹は色を変えてこれで ... できないよ最後泣いたはずるいよそれじゃはまるで救いようがない嘘が下手なくせにずっと前からすでに気付いてたよその誰かの
18 6.氷の月夜 el6.氷の夜 Lyricist KOKOMI Composer 黒瀬圭亮探していたものは此処にあるよ遠い遠いよ ... よ遠い遠いようですぐで待っていた傷付けずに傷付かずに世界が出来て ... 付かずに世界が出来ていないならを守るために生きていたいから氷の ... 生きていたいから氷の夜今ら飛び出してまだ見えぬ場所を求め行く染まり始めたあの光は ..
19 5.8月10日 out5.810日 Lyricist せつこ Composer せつことさようならしてから世界に色は無くてただなんとなくの生活をしてなんとなく人を好 ... いて雨に頼んだそれはを憂鬱にさせるけど笑われたっていいよそれはいつでも ... いいよそれはいつでもに感じさせてくれる枕元に置いた缶いつになったら見えないものは消えるだろうか聞こ ... か聞こえるの
20 3.ひかりの匂い 平和を願った愛は私のにいた内に見えるよ勇気勇気が小さな手のひらでガラスのビー玉がおおきな夢だしたり笑わせて ... り笑わせてくれるかなのこと愛してる気付かない木陰で影と光雨を待つ ... 木陰で影と光雨を待つと私を呼んで悪い夢の途中でかわれないのよ ... 途中でかわれないのよは一人さあなたがいてくれてよかった泣き虫の

21 3.2つの月 ノ3.2つの Lyricist やなぎなぎ Composer 冨田恵一夕暮れを蹴り上げて夜を待つ金曜日誰も ... て夜を待つ金曜日誰もいない草原の真ん中を陣取って3つ数えたらネオンサインが誰かを迎える様に光り出す ... を迎える様に光り出すにしか見えないけれど once in a blue moon青い青い ... e moon青い青い夜のこと影踏むがハロー blue moon悪戯めく笑みを蒔いた
22 7.Lonely Train くたびれた夜の向こう Lonely Train夢の中を駆けてく夜汽車煙る街雨上がり鈍色の空幼い時見 ... また歌い出せたら誰もいないプラットホームきしんだ夜の淵無情な時は速度を落とさぬまま一人立ち尽くす ... ぬまま一人立ち尽くすをたしなめるように琥珀のが笑って手を振る Lonely Train夢の中を駆けてく夜汽車煙る街雨上がり ... ばして続いてく旅へ
23 11.Time Machine isawa気づいたらは夢の中で不安と不満はくしゃくしゃにして嫌気がさしたら夢の中へアンドロメダから ... 中へアンドロメダからの裏へ叶えたいコトはここにあるよ夢の中だけじゃ足りないくらいずっと悔やんでいた ... いたい思い出やもっとが見てないの忘れたくない思い出の温もりを分かりたくて今タイムマシンでタイムマシンで過去に ...
24 8.永遠 雨の中遠くを見ているの瞳いつもより儚げで永遠(とわ)を願う祈り信じられなく希望さえも迷路みたいと寄 ... けれど涙さえ胸に隠しの笑顔を守るならいつの日か二人歩く幸せの向こう ... 二人歩く幸せの向こう見えますか?悲しいと言えることに勇気がいると今、気づいた ... がいると今、気づいた思い見上げた星涙、一滴(ひとしずく)流れてい
25 6.ソラトケ(BabyPod arrange) バス目がけてこぼしたらの夢はいつか遠くで歌うあの ... いつか遠くで歌うあのみたいに誰かを照らせるのかな明日は今日に今日は昨日に屋上から見渡した景色を刻ん ... 太陽はウソつきでしたは小さな教室で近いようでまるで届かない流星挟んで向こう ... ない流星挟んで向こうは音楽室の奥そこでまた探すよメロディまっくろな黒板の
26 2.さよならサンセット WL恋しくて恋しくての声聞きたくなるサヨナラが嫌んなるよ一緒にいたいんだ切なくて切なくて夕焼けに響 ... るさよならサンセットと会った日の帰り道時が静かに満ち西の空は恥じらう果ての地平線と交わるあの日と変 ... 故だろう?涙が流れるいないからと気付く今日もまた夕日が沈むいつもみたいに手を繋ぎ寄り添って歩いた二人 ... るまた
27 3.失恋SONG な日も隣りにはいつもがいてこの部屋で響いてた愛のうた朝日が優しく差し込みぼんやりと目覚めた thi ... 枕腫らしたマブタ幾年経っても未だ胸にポッカリ空いた ... だ胸にポッカリ空いたの影埋められず色褪せもせずに笑った顔だって泣いた顔だってしかめた顔だって何一つ ... せ合えたし向き合えたが居た日々がもう戻りゃしないって分かっ
28 10.君に願いを EST10.に願いを Lyricist 雅-miyavi- Composer 雅-miyavi-色褪せていたあの日 ... みれだった未来図も、がいつもそこで見ててくれてたから叶わないと弱音吐(ぼや)いてた日々も、遠回りし ... ただけの道も乗り越えは今こうしてココに在(い)るんだ。 ... コに在(い)るんだ。は何してあげれたのだろう?何してあげれなかったのだろう?あれからずっと自分に問 .
29 3.最後の夜汽車 陽のあたらない場所をは生きてきたふりそそぐ白いあかりにさえ肩をすぼめては目をとじてきた ... めては目をとじてきたが乗った最後の夜汽車がの街を遠去かる拍手が鳴りやみ客がいなくなっても歌いつづける悲しいシンガーのよう ... しいシンガーのようにはいつでも冷たいに苦い涙を歌いつづけたが乗った最後の夜汽車
30 2.かくれんぼ MAMA隠れてなんかいないで出ておいでもういいかい?まぁだだよ壁をすり抜け自由自在に空を泳ぐ残されて ... る遊泳時間はあと僅かの抜け殻に寄り添いは黙ったままでその手を離さないそんな顔しないでよそっと背中抱き寄せた泣いたり怒 ... かせてよ隠れてなんかいないで出ておいでもういいかい?どんな深い闇に飲まれて地の果てで吐き出されてい
31 7.氷の月夜 il7.氷の夜 Lyricist KOKOMI Composer 黒瀬圭亮探していたものは此処にあるよ遠い遠いよ ... よ遠い遠いようですぐで待っていた傷付けずに傷付かずに世界が出来て ... 付かずに世界が出来ていないならを守るために生きていたいから氷の ... 生きていたいから氷の夜今ら飛び出してまだ見えぬ場所を求め行く染まり始めたあの光は ..
32 12.月はもちろん ピアノ12.はもちろん Lyricist 河村隆一 Composer 河村隆一欠けた ... 一 Composer 河村隆一欠けたの心はまだ足りないからそうがいてそう初めて満ちてゆくそっと輝き出す本当の姿に戻れるよそうもう一度だから ... よそうもう一度だからにいてらしく空とある様にに巡るどんな闇もが照らせるはずだよ欠けた一人
33 5.A LOVE SONG 曲 TAKUYAねえいないと夜のとばりに溺れそうだそう正直に言うと人が言う程 ... 直に言うと人が言う程は強くない I NEED YOUR HANDS AND ALLねえ ... AND ALLねえのその声で深い宇宙にジャンプさせてそう ... にジャンプさせてそうの心臓が加速する鍵をが持ってるんだ I NEED YOUR VOICE AND ALL GIVE ... A KISS上弦のみたいに笑顔な夜暴走してく
34 9.おぼえてる。(Album Ver.) 今もおぼえてる初めてと出会った時をどれだけ時が過ぎ去ったとしても忘れないおぼえてる今もおぼえてるよ ... MICRO)幾干もの日を越えて辿り着いたんだキミの元へ偶然にも“スキ”と聞こえて手繰り寄せたんだ ... えて手繰り寄せたんだの運命ジッと見つめる視線の先そう、頷きながら誓う二人今も昨日のことのように瞼の ... 今もおぼえてる初めて(
35 1.SUN SHINE!! かなり高い山の向こう地球の反対から休むこと無く現れるそれに合わせて目覚まし鳴り始める東から徐々に光射して街中 ... を目覚めさせてその間は寝かせてあげてらを動かす日の光この音響かす気持ち合い芯まで伝わるこのフレアー揺らめくflow ... 代の頃車の免許持っていない頃チャリンコこぎ海に向かうほど朝日の時を見たい子供3時間
36 2.おぼえてる。 今もおぼえてる初めてと出会った時をどれだけ時が過ぎ去ったとしても忘れないおぼえてる今もおぼえてるよ ... MICRO)幾干もの日を越えて辿り着いたんだキミの元へ偶然にも“スキ”と聞こえて手繰り寄せたんだ ... えて手繰り寄せたんだの運命ジッと見つめる視線の先そう、頷きながら誓う二人今も昨日のことのように瞼の ... 今もおぼえてる初めて(
37 1.おぼえてる。 今もおぼえてる初めてと出会った時をどれだけ時が過ぎ去ったとしても忘れないおぼえてる今もおぼえてるよ ... MICRO)幾干もの日を越えて辿り着いたんだキミの元へ偶然にも“スキ”と聞こえて手繰り寄せたんだ ... えて手繰り寄せたんだの運命ジッと見つめる視線の先そう、頷きながら誓う二人今も昨日のことのように瞼の ... 今もおぼえてる初めて(
38 9.きっと今夜だろう 川真悟 Composer 前川真悟「らの町に夜のとばりが降りて辺りは真っ暗になった憶えてるあれは確か初めて ... てるあれは確か初めての家に来た日の帰り道明かりの下並んで歌う足音そして出会ったもの何もない田舎の町の夜の空に散りばめた ... の星静かな海息を呑むの横顔を見た時には決めたんだいつかが土に還るその時隣で
39 5.微熱 二肩寄せ歩いた帰り道いない夏休み夕食の明り灯る頃に ... み夕食の明り灯る頃に何を想っているのかな微熱続く八 ... いるのかな微熱続く八に時間巻き戻し出逢う少女の瞳に映した夏の日 ... 女の瞳に映した夏の日等季節の外にあるから…ラララ…のぼせた日射しがゆらついてる帰ろうか
40 7.Don't Lie To Me~Japanese version~ llo深いKissをはもうしないね唇がなにか隠してる着信履歴に誰がいるのあっけない終わり心が問われ ... と光想い出までが痛いの名を呼びながら閉じた瞳(め)の裏 ... ら閉じた瞳(め)の裏で別の人を見てる Don't Lie To Me Don't Lie To M ... 亀裂は生き物のようにのすべて壊そうとひろがる与え奪い夢に迷い罪と怒り引き裂かれてゆく ... 怒り引き裂かれて
41 7.明日雨が上がる頃には ・m-tAnk Composer 望衛介明日雨が上がる頃にはの笑顔迎えにゆくよそして一緒にあの道を歩こうよ ... 緒にあの道を歩こうよが左でゆこうらがケンカをするたびいつも必ず最後には泣いている ... ず最後には泣いている。どうしていつも泣かせちゃうんだろうそんなつもりはないのに。「ごめんね」も言え ... ごめんね」も言えない
42 6.アキラのさらばシベリア鉄道 曲大瀧詠一哀しみの裏に何があるの涙さえも氷りつく白い氷原誰でも心に冬をかくしてると言うけどあなた以 ... た以上冷ややかな人はいないの手紙読み終えて切手を見たスタンプにはロシア語の小さな文字独りで決めた別れを責 ... 追う伝えておくれ十二の旅人よいついついつまでも待っているとこの線路の向こうには何があるの雪に迷うト ...
43 12.アキラのさらばシベリア鉄道 曲大瀧詠一哀しみの裏に何があるの涙さえも氷りつく白い氷原誰でも心に冬をかくしてると言うけどあなた以 ... た以上冷ややかな人はいないの手紙読み終えて切手を見たスタンプにはロシア語の小さな文字独りで決めた別れを責 ... 追う伝えておくれ十二の旅人よいついついつまでも待っているとこの線路の向こうには何があるの雪に迷うト ...
44 7.君に願いを POPS7.に願いを色褪せていたあの日の夢も、埃まみれだった未来図も、 ... みれだった未来図も、がいつもそこで見ててくれてたから叶わないと弱音吐(ぼや)いてた日々も、遠回りし ... ただけの道も乗り越えは今こうしてココに在(い)るんだ。 ... コに在(い)るんだ。は何してあげれたのだろう?何してあげれなかったのだろう?あれからずっと
45 1.君に願いを 雅-miyavi--に願いを1.に願いを Lyricist 雅-miyavi- Composer 雅-miyavi- Arranger 雅-miyav ... みれだった未來圖も、がいつもそこで見ててくれてたから葉わないと弱音吐(ぼや)いてた日々も、遠回りし ... ただけの道も乘り越えは今こうしてココに在(い)るんだ。 ... コに在(い)るんだ。は何してあげれたのだろう?何してあげれなかったのだろう?あれからずっ

46 2.パーティーナイト feat.ナイス橋本 えられないこの情熱は明かりをミラーボールに変えるテキーラを浴びて理性を捨ててあの娘が踊るもう神は ... あの娘が踊るもう神はいない抑えられないこの情熱はらを本能のケモノに変える揺れる体と体汗でつないだらさぁ心解き放ていこうぜ Fe ... 過ごそう桃源郷もとめのウラでヒミツの会議今夜開催切った張った乗るか乗られるかで6
47 16.アキラのさらばシベリア鉄道 曲大瀧詠一哀しみの裏に何があるの涙さえも氷りつく白い氷原誰でも心に冬をかくしてると言うけどあなた以 ... た以上冷ややかな人はいないの手紙読み終えて切手を見たスタンプにはロシア語の小さな文字独りで決めた別れを責 ... 追う伝えておくれ十二の旅人よいついついつまでも待っているとこの線路の向こうには何があるの雪に迷うト ...
48 8.September す風冷たくて動き出すを惑わす(Good bye to the summer time It's all right don't mind)思い出すからとめどなく溢れ出すしぐさや言葉(Next time say Hi R.G.style) ... 言葉(Next time say Hi R.G.style)は何処へは此処で O.K. let's begin with that Fly to ... it…変わりゆく世界いない流れゆく時間のいない二人居た事意味日々耳澄ませても So聞こえない夕暮れの海
49 15.September す風冷たくて動き出すを惑わす(Good bye to the summer time It's all right don't mind)思い出すからとめどなく溢れ出すしぐさや言葉(Next time say Hi R.G.style) ... 言葉(Next time say Hi R.G.style)は何処へは此処で O.K. let's begin with that Fly to ... it…変わりゆく世界いない流れゆく時間のいない二人居た事意味日々耳澄ませても So聞こえない夕暮れの海
50 2.September す風冷たくて動き出すを惑わす(Good bye to the summer time It's all right don't mind)思い出すからとめどなく溢れ出すしぐさや言葉(Next time say Hi R.G.style) ... 言葉(Next time say Hi R.G.style)は何処へは此処で O.K. let's begin with that Fly to ... it…変わりゆく世界いない流れゆく時間のいない二人居た事意味日々耳澄ませても So聞こえない夕暮れの海
51 2.Asrun Dream に誘われるままに誰もいない部屋からに祈る消えかけの灯のように「この胸の痛みも小さくなればいい」と呟いた夜明けの中 ... にいる「胸に刻まれたの微かな白い記憶は氷のように…」何も残さずに ... うに…」何も残さずににいたかもしれないという影だけを残してその影も少しずつ音もたてず静かに消えてい ... えていく無邪気な顔で
52 2.Asrun Dream に誘われるままに誰もいない部屋からに祈る消えかけの灯のように「この胸の痛みも小さくなればいい」と呟いた夜明けの中 ... にいる「胸に刻まれたの微かな白い記憶は氷のように…」何も残さずに ... うに…」何も残さずににいたかもしれないという影だけを残してその影も少しずつ音もたてず静かに消えてい ... えていく無邪気な顔で
53 4.12月の魔法 槇原敬之-が笑うとき、の胸が痛まないように4.12の魔法 Lyricist Noriyuki Makihara Composer Noriyuki ... kihara今朝からは車を三度も磨いた街路樹にともる灯と夕暮れの色誰よりも綺麗に映したら標識の ... 綺麗に映したら標識ので待ってる白い息の微笑みがいつもよりたまらなくほころぶから口で言うと笑うし言い ... も浮かばないから今夜
54 12.神酒PARTY ら幸呼ぶ酒始めちゃおと神酒PARTY憂さをその身に溜め込まないで ... の身に溜め込まないでのとろける笑顔見たいよ特別な宴の席に招待淡く染まるほろ酔いの肌に STAR L ... 優しい明かり包まれてはキレイだ ah ah!神使と PARTY TIME!呑んじゃいな呑んじゃいな ... な今宵無礼講いっちゃいないっちゃいな乱れてもいいがすべて受け止めたげるさ
55 4.引っ越しました 決めたワンルームが4からのの城心の隅にあった思い出すべて片付け新しい家具揃えて生まれ変わるように WOW ... のうち遊びにおいでよがそばにいない現実に慣れていないんだやっと引っ越しするよ何かのついでに寄ってよちっとも広くないのに愛の余白 ... いんだそんな説明じゃは迷うかもね左にクリーニング屋が見えるもしも
56 6.希望の羽 はるか-暫存6.希望の羽 Lyricist 霜 ... 望の羽 Lyricist 霜はるか Composer myu窓の外眺めてるに(げんきがないのどうしたのかい?)一羽の小鳥が舞い降り不思議そうに訊ねたぐる ... 揺れて迷っているああには飛び立つ勇気がない fly!だけどこの広い世界を見てみたいな ... い世界を見てみたいなの背中の羽がにもあればいいのに小鳥は小さ
57 9.あやふや 詞秋元康 Composer 加藤冴人たちを照らしている明かりは本物かどうかなんて384400キロ離れてるのに怪しいね先入観って奴は都 ... たところで出会う前のたちさをあやふやに愛してるどこからか流れて来た雲が掛かって満 ... て来た雲が掛かって満が見えなくなったさっきまで存在してたのに消えてしまった愛のようさ美しい過去ばか ... ただの