Mojim Lyrics

ふるさ + の空 】 【 Lyrics 394 lyrics related been found
Here is the result for item 1 to 100; you can try to narrow the result by entering extra words.

Album ( Page Link ) Song ( Page Link )( Partial Lyrics )
1 19.帰ってきたつばめ ばしあわせ來たかしらふるさとの街で安らげばしあわせ來たかしらいくつもしあわせこの手で逃がしたあ~あ~ ... つばめ明日はまたどこの空なのか知らない街ばかり寂しさが胸を締め付けて母さん思い出す季節を追いかけ心
2 2.息 えたひとり見上げたこの空こうして並んで見てる風は見えないけれどあなたの髪が揺れるとき私には見える見え ... があるとごらん此処がふるさと私たちは息をしている未来へ今踏み出しいつでも帰れる場所らららららららら
3 6.帰ってきたつばめ ばしあわせ來たかしらふるさとの街で安らげばしあわせ來たかしらいくつもしあわせこの手で逃がしたあ~あ~ ... つばめ明日はまたどこの空なのか知らない街ばかり寂しさが胸を締め付けて母さん思い出す季節を追いかけ心
4 9.ふるさとに会わせたい しい日々9.ふるさとに会わせたい Lyricist 喜多條忠 Composer 鈴木キサブロー Arranger 松井忠重あなたの瞳 ... 忠重あなたの瞳の中にふるさの空があるあなたの言葉の中にふるさとの海があるあなたはそっと見つめるだけでわたしの心を開けてしまった走り出し ... 海を渡って私が育ったふるさとへあなたの瞳の中にふるさの空があるあなたの言
5 1.こんにちは人生(可愛人生) 片大海苦しいけれどこの空は雖然痛苦但是這片天空ぼくのものだと抱きしめて緊緊抱著說當然是我的ぼくのもの ... 好啊!さみしいときはふるさとを感到寂寞時想起故鄉泣きたいときは母さんの在哭泣時想起母親丸い背中のぬ

6 2.青い月の夜に の水車よ忘れぬ子守唄ふるさとの母よ月夜の家ああ青きうれいにくれて慕う ... きうれいにくれて慕うふるさの空(!
7 1.太陽 てた久々に見た故郷(ふるさと)の空あの頃の「夢」にほらまた私包まれた君の笑顔や手のひらに伝わる温度覚えてるこ
8 3.未来図 )へと駆けようやがてふるさと帰るときが来てもこの日々たちを胸に抱いていつでも悔やむことないように振り ... うにビルの上見えたあの空が確かに繋がってるだからもう一度始めよう心にいつも夢見てた未来はこれから少
9 1.伊達だって 息で手を温めて故郷(ふるさと)の空想い出す都会では見えない星がキラキラと輝いてた oh卒業アルバムの君は o
10 1.茜色の恋 将実夕日がそめてる茜の空に浮かぶのはおさげ髪あのこの笑顔かならず迎えに行くからと誓ってた ... に行くからと誓ってたふるさとは日毎に遠ざかるけどいまでもひとすじ愛しているよ灯りがちらほら暮れゆく
11 16.ふたごのふるさと br>16.ふたごのふるさと Lyricist ドリーミング Composer 近藤浩章ちいさなふたごの夢の子は南 ... なふたごの夢の子は南の空で生まれたのお日様の光たっぷりあびて明るく元気に育ちますふたごの ... 気に育ちますふたごのふるさとそれは太陽それは母親(かあさん)たったひとつのふたごの ... ったひとつのふたごのふるさとこの空に生まれてきて良かったね
12 3.手紙 えてますか思えば遠くふるさとの人たち変わらない街はもう日焼けする頃太陽みたいな君にまた会えます通り雨 ... たとしてもきらめく夏の空に君を探してはただ話したいことが溢れ出て来ます離れた街でも大事な友を見つけ
13 2.ふるさと船 葉げん太-望郷雪国/ふるさと船2.ふるさと船 Lyricist 千葉幸雄 Composer 宮迫はじめ俺のこころの ... 迫はじめ俺のこころのふるさとは惚れたおまえの胸の中遠い海から ... えの胸の中遠い海からふるさと船は夢で今夜も夢で今夜も港に帰り胸に錨を下ろしたい蝉も蛍もこの俺も夢の儚 ... さみな同じ海が墓場さふるさと船は命果てたら命果てたらおまえの
14 12.心のふるさと ぐ12.心のふるさと Lyricist 池田綾子 Composer 平井真美子心の地図思い出の道変わらない景色の中で ... 所へ懐かしい匂い心のふるさと次の風が吹いてくるふわり飛んでゆく綿毛あなたの街へ私はここで待っている遠 ... しい笑顔を見せて心のふるさと大切なものに出会った日心疲れて涙の日振り返ればそこにある宝物晴れた日に大 ... よ朝露帰ろうよ夕映え
15 1.望郷ひとり旅 沁みる手酌のコップ酒ふるさと離れ何年過ぎた浮かぶあの山あの川よ望郷さすらいあゝひとり旅好きと互いに言 ... を向けて何を夢見て北の空ふた親眠るあの裏山に会いに行きたいいつの日か望郷さすらいあゝひとり
16 2.さいはて港町 ろよう Composer 八木架壽人ふるさとはさいはての名もない港雪が飛ぶ波が散るカモメが凍るいいことは何もない町を ... フラーにくるまって北の空見上げては震えてるもう一度聞かせてよあの海鳴りの子守
17 19.旅愁 けゆく秋の夜(よ)旅の空のわびしき思いにひとりなやむ恋しや ... にひとりなやむ恋しやふるさとなつかし父母夢路(ゆめじ)にたどるは故郷(さと)の家路(いえじ)更けゆく ... じ)更けゆく秋の夜旅の空のわびしき思いにひとりなやむ窓うつ嵐(あらし)に夢もやぶれはるけき彼方(かな ... ろ迷(まよ)う恋しやふるさとなつかし父母思いに浮かぶは杜(もり)のこず
18 29.輝け!フラッシュキング オフ夢にまで見た地球の空へ銀河に輝くフラッシュ星の平和の願いがこめられた熱いハートのスーパーメカでメ ... を照らせ涙ににじんだふるさとの星大地の叫びがひめられた燃える五人の怒りの腕でメスの野望を打ち砕けア
19 1.17歳の扉 康行薄暗いこの街の東の空に青みがかった淡い光漏れて来た頃人間(ひと)は孤独に気づくなぜ誰かを説得しな ... 僕の言い訳だ(故郷(ふるさと)よ)はて地図のない涯(はて)を行き手に入れたのは現実これが探し物か?
20 3.ただいまを歌おう りわたし帰ってこれるふるさとがあるねいくつになっても素顔にしてくれるこ ... も素顔にしてくれるこの空気をからだいっぱい吸い込むの町中が全部遊び場みたく走り回ってたその辺の道に何 ... わたし待っててくれるふるさとがうれしいいくつになってもやっぱり大きいなあ守られてずっと成長してきたね ... りみんな帰ってこれるふるさとがあるね

21 5.真実のゆくえ~ To tell the truth~ 守れるだろう?君も、ふるさとも… To tell the truth…[ずっと]仲間と一緒に残るべき ... えはまだわからないあの空の…[下で]私たち笑い合うそれこそが本当の答えだから往くよ
22 1.手紙 えてますか思えば遠くふるさとの人たち変わらない街はもう日焼けする頃太陽みたいな君にまた会えます通り雨 ... たとしてもきらめく夏の空に君を探してはただ話したいことが溢れ出て来ます離れた街でも大事な友を見つけ
23 2.三春にひとり ぶあなたのいない三春の空に陽(ひ)が落ちる春まだ浅い日暮れ時飲んではしゃいで酔いしれた今では帰らぬ思 ... とり酒相馬(そうま)ふるさと一緒に暮らして欲しいのとひとこと言えず陰で送った三春駅運命(さだめ)と
24 1.ふるさとの朝 ンサンブル・コノハ-ふるさとの朝1.ふるさとの朝 Lyricist 松井五郎 Composer 馬飼野康二いつもよりも青い窓辺 ... いつもよりも青い窓辺の空いまでも子供のように母が呼んでいる朝日が射し込んだテーブルには静かに新聞を
25 11.FURUSATO~故郷~ じればそこにある心のふるさと誰しもが持っている帰るべき場所の色あ ... る帰るべき場所の色あの空もあの森も待ってるあの場所で「昔はよかった」とよく聞くセリフ記憶の中の ... 聞くセリフ記憶の中のふるさと進むことだけが未来じゃないから戻る勇気を連れていこう夏の日の影ぼうし手を ... じればそこにある心のふるさと誰しもが持っている帰
26 3.母なる大地の子守唄 松阪ゆうき-俺の空3.母なる大地の子守唄 Lyricist 渡辺なつみ Composer 浜圭介もう泣くのはお ... 介もう泣くのはおよしふるさとがあるじゃないか緑なす山川のせせらぎおまえが産まれた美しい町ここにいるよ ... 守唄もう眠ってしまえふるさとが見えるだろう時代が変わり人も移ろいそれでもあたしは変わりはしないここに ... 守唄ただ歩いてゆけよふるさ
27 1.あっぱ 族のためにあっぱ異国の空を涙せず茜色(あかね)に染めたの幸せになるから真心くれたからきっと輝ける魔法 ... あげたの何時か故郷(ふるさと)の蒼いチェジュの海魔法の風に吹かれてゆくきっと輝ける魔法使いの技私は
28 6.日々賛歌 り見上げれば道しるべふるさの空に大きな橋其のひとは愛を乞うて其のひとは東を目指す其のひとは今日も泣いて生き ... も見上げれば道しるべふるさの空に真っ赤な
29 8.冬の蛍 なた探してひとり都会の空に舞う届いた手紙の消印だけを頼りに彷徨(さまよ)ういのち灯して風も冷たいこの ... るのなら三番ホームのふるさと行(ゆ)きの列車に乗りたい肩をならべて夢も濁(にご)ったこの街じゃ生き
30 6.あの夏空 そこにあった当たり前の空は眩しすぎて瞳閉じた変わらぬ瑠璃色時は過ぎて大人になり遠く離れ故郷( ... になり遠く離れ故郷(ふるさと)今は何故に恋しくなるのさよならしたのに若いあの日は共に無邪気すぎて何も ... そこにあった当たり前の空は眩しすぎて瞳閉じた変わらぬ瑠璃色風が吹いて過去の匂いされど生きる思い出なら ... になり遠く離れ故郷(
31 3.思い出せてよかった ーションに一瞬故郷(ふるさと)の空が目に浮かんだ打ち上げた五尺玉消える度真っ暗でそばの誰かさえも見えず僕は揺
32 14.わたしのふるさと br>14.わたしのふるさと Lyricist 藤井宏一 Composer グッチ裕三夕焼け雲西 ... グッチ裕三夕焼け雲西の空にやがて消えて星ひとつ空雲夜星明日も晴れる岬の影風が渡るやがて凪いで陽が差し ... と願うここがわたしのふるさとああ、ふるさと花が匂い緑萌えてやがて枯れて雪化粧春夏秋冬いのちはめぐる君がえがく夢誰と ... と願うここがわたしのふるさとあ
33 2.未来へと… しい時も泣きたい夜もふるさとがある桜並木走り抜けて自転車で通ったあの道ときめくあの頃未来へと…紡いて ... いてゆく水辺に映る茜の空と優しく揺れる秋桜冷たい風が吹く落ち葉の公園四季折々に私の中にその景色がちゃ ... 悲しい時も眠れぬ夜もふるさとがある白く染まる静かな駅マフラーに顏を埋めた忘れぬぬくもり未来へと…紡
34 1.今帰仁(なきじん)の春 に秋が漂うとき故郷(ふるさと)今帰仁は春を迎えるあなたと古宇利に渡り語りあった日々きらきらいつでも目 ... 手を握る1万8千キロの空はいつもつながっている今帰仁に春が来る頃あなたはどうしてる私はあなたを想っ
35 1.虹の光へ 夕暮れに染まる故郷(ふるさと)の森に響いた音は風の歌声湖が攫う無数の花びらいつまでも澄んだ瞳が見つめ ... 閉じ込めてた願いをあの空へ連れ出せるならいつか降り出す雨にも嵐の日にも虹の色を重ねた光の優しさなく
36 1.流氷の宿 ば海鳴りがとどろく北の空今日まで生きた淋しさが根雪散らして燃え上がる ... 雪散らして燃え上がるふるさとどこかと訊かないでここは最果て流氷の隠れ宿ポツリポツリポツリあなた問わ
37 11.酒泊り 人(ひと)の話か明日の空かあてにゃならない東京ぐらし馬鹿だ馬鹿だなやっぱり俺は風の寝言をまともに受け ... いな背中のあたり近いふるさと振り向きゃ遠く夢を枕に酒泊
38 3.サライ 夢すてきれずに故郷(ふるさと)をすてた穏やかな春の陽射しがゆれる小さな駅舎(えき)別離(わかれ)より ... たサクラ吹雪のサライの空は哀しい程青く澄んで胸が震えた恋をして恋に破れ眠れずに過ごすアパートの窓ガラ ... たサクラ吹雪のサライの空へ流れてゆく白い雲に胸が震えた離れれば離れる程なおさらにつのるこの想い忘れら ... いつか帰る愛の故郷(
39 2.今帰仁の春 に秋が漂うとき故郷(ふるさと)今帰仁は春を迎えるあなたと古宇利に渡り語りあった日々きらきらいつでも目 ... 手を握る1万8千キロの空はいつもつながっている今帰仁に春が来る頃あなたはどうしてる私はあなたを想っ
40 2.国東は俺のふるさと -雪月夜/国東は俺のふるさと2.国東は俺のふるさと Lyricist 竜はじめ Composer 花笠薫雲が流れる故郷 ... 花笠薫雲が流れる故郷の空に帰ってきたと背伸びする都会ぐらしを労わるように迎えてくれる鐘の音(ね)は仏 ... ら)ああ…国東は俺のふるさと五辻(ごつじ)不動のつづらの坂を登れば遥か周防灘息をはずませ幼いころに母 ... くるああ…国東は俺のふる
41 1.風の望郷 村龍一 Composer すがあきらふるさとは…ふるさとは…遠く離れてしのぶ町一晩あれば帰れてもその一晩が今はない夢追う人生路( ... 十七の昔がなつかし北の空(!
42 6.12月のひまわり をかじった夏を秋晴れの空の下でやみくもに走り繋いだバトンをまっさらな雪の道にはしゃいで足跡をつけたこ ... 想い出せるように遠いふるさとにはあんなたくさんの笑顔が咲いてたねって想えるように夢を見て見失って探
43 16.ふるさと慕情 の哀歌16.ふるさと慕情 Lyricist 渋谷郁男 Composer 久慈ひろしおどま盆限(ぼんぎ)り盆限り盆から ... 戻るあの山あの川故郷の空が濡れた瞼にまた揺れるせめて一ト枝(えだ)つんつん椿子守哀しや髪かざり夕焼け ... に注いではるか偲ぼよふるさ
44 15.望郷千里 いちど見せたい晴れ姿ふるさと恋しや―都の空から函館の山あたり星がながれる望郷千里歌うわたしの人生暦(ごよみ)ひらけば
45 10.振り向けばおまえ ば振り向けばおまえ…ふるさと見せてやりたいと約束いまも果たせずに胸でつぶやくラブレターすぎた過去(む ... めて償(つぐな)うあの空で胸でつぶやくラブレタ

46 12.さらばサハリン〜大桟橋 也どこまでも続く紺碧の空と海…その果てのサハリン遠いあの日、千切れるほどに手を振った涙の大桟橋よ空に ... 墓があるあれが故郷(ふるさと)サハリンと語るひとよなみだの宗谷湾(そうやわん)「返らぬ島よ鳥よ花よ
47 10.さすらいの星ジミーオリオン 度とかえれぬこきょうの空よいまじゃなかまのいまじゃなかまのこころが ... じゃなかまのこころがふるさとジミージミージミー・オリオン母はどんなおもいでいきているだろうかあまくや ... 度とかえれぬこきょうの空よいまじゃなかまのいまじゃなかまのこころが ... じゃなかまのこころがふるさとジミージミージミー・オリオ
48 7.あの頃へ 玉置浩二雪が降る遠いふるさとなつかしい涙になれ春を待つ想いは誰を幸せにできるだろうあ ... 幸せにできるだろうあの空はあの風はいまも胸に限りなくあたたかいあの頃へ君をいつかつれて行けたら街の
49 5.まつりBAYASHI!! hidefumi西の空を染める赤ゆうぐれの太陽懐かしい ... うぐれの太陽懐かしいふるさとの町が見えてきた長い旅が終わる今ふと名残惜しく共に歩いてきた道振り返る
50 1.12月のひまわり をかじった夏を秋晴れの空の下でやみくもに走り繋いだバトンをまっさらな雪の道にはしゃいで足跡をつけたこ ... 想い出せるように遠いふるさとにはあんなたくさんの笑顔が咲いてたねって想えるように夢を見て見失って探
51 2.わたしの太陽 とが肩を寄せあう下町の空に太陽(ひ)が昇るあの窓この窓みんな生きてるひとりじゃないわ上を向いて歩いて ... と母との愛がつまったふるさとの匂い宅配便根っこはひとつね夢と涙はひとりじゃないわ上を向いて歩いてゆ
52 7.山男小唄 芹洋子-山は心のふるさと〜山の日制定記念〜7.山男小唄 Lyricist 小野慶子 Composer 早乙女碧流 ... うよ姫川へ姫川へお山の空とあの娘のこころ風の吹きよですぐ変るだけど俺等は浮気じゃないが岩が恋しい山
53 8.山に煙がのぼる 芹洋子-山は心のふるさと〜山の日制定記念〜8.山に煙がのぼる Lyricist 横井弘 Composer 小川寛 ... になった君よ好きな山の空でどんな夢を見るのか好きな山 ... 夢を見るのか好きな山の空でどんな夢を見るのか山に風がほえる遠い遠い風だ父や母を呼んで風になった君よ
54 5.ただいま で見上げていたあの日の空と同じ色あの日と変わらぬ私なのにここには無いと決めつけてずいぶん遠くに流れて ... つか私も伝えられる「ふるさと」になりたいただいまといえる場所があるから今日の私がある一番星に祈るみ
55 1.バヤルラー〜ありがとう〜 くする山よ川よ故郷(ふるさと)よ月よ星よあの空よバヤルラーバヤルラーありがとうバヤルラーバヤルラーありがとう今日また感謝
56 2.この地球に生まれて な人よ翼をひろげてあの空へ果てしないこの地球(ほし)で出逢ったふたり昔から知ってたように心やすらぐよ ... (あした)を信じてあの空へさぁ翔(と)び立とう大事な人よ翼をひろげてあ ... な人よ翼をひろげてあの空へ美しいこの地球(ほし)が故郷( ... 地球(ほし)が故郷(ふるさと)だから青い海緑の大地どうかこのままで健やかに生まれくる子供のために伝
57 1.風の望郷 村龍一 Composer すがあきらふるさとは…ふるさとは…遠く離れてしのぶ町一晩あれば帰れてもその一晩が今はない夢追う人生路( ... 十七の昔がなつかし北の空(!
58 1.旅の途中 ろう気がつけば故郷(ふるさと)は遥か遠くだった自分探して飛んだあの日から風に身を任せるように生きて来 ... 切るようにまた昇る東の空信じてた人は誰もみんな見えないものに手を伸ばすよ夜空の星たちと晴れ渡る明日( ... 切るようにまた昇る東の空信じて
59 8.カントリーローズ-時の旅人- ーランどっこい故郷(ふるさと)胸に秘め今羽ばたけ七転八倒神のみ知る旅路はこれ未知なり山谷川を乗り越え ... わるよ忘れない故郷(ふるさと)の空に向けて僕は歌うよヤーレンソーラン東西南北見上げる空突き進め突き進め荊棘の細 ... 年前にも歩いた故郷(ふるさと)に繋がるこの道旅は続くこの世の果てで眩い月が笑う今君と僕光放とう諦めか ... ーラ
60 4.ワタリドリ わらないままで故郷(ふるさと)の空旅立ったワタリドリは今日も羽ばたいて振り返る度にいつも心でつぶやくよ「あり
61 15.幸せゆき 街に幸せがあるはずとふるさとに手を振った長いこと旅をして気がついた幸せは探すものじゃなく気がつくもの ... 実は色のない墨彩画あの空を超えたくてふるさとに背を向けた長いこと夢を見て気がついた幸せは掴むものじゃなくわけ合うも
62 13.ひだまり 佳 Composer 山下俊輔桜色のふるさとを夢を抱いて旅立ちめくるめく光の中はしゃいでいた夏ふと気づけば秋風が心を ... かず歩いてたちぎれ雲の空落ち葉舞う歩道どこへ行くのだろう肩をすくめたままで立ち止まればいつもの笑顔優 ... すさぶ風に心凍えてもふるさとも君も変わらず迎えてくれる優しい光窓の外は風花舞う街並み僕は誓う君を包
63 11.望郷千里 いちど見せたい晴れ姿ふるさと恋しや―都の空から函館の山あたり星がながれる望郷千里歌うわたしの人生暦(ごよみ)ひらけば
64 2.心の空 ism2.心の空 Rap詞櫻井翔 Lyricist 布袋寅泰 Composer 布袋寅泰目を閉じて両手を広げ風を抱け ... 惑星(ほし)を故郷(ふるさと)に巡り会えた一期一会同じ夢を僕たちはずっと追いかけ続けてる目を閉じて両 ... rado囲まれる碧他の空と繋ぐ'Hey! Hello!'響くこの唄を一つに歌おう以って貴きこの和を
65 20.ふるさと ism20.ふるさと Lyricist 小山薫堂 Composer youth case夕暮れせまる空に雲の汽車見 ... も風も海の色もここはふるさと朝焼け色の空にまたたく星ひとつ小さな光が照らす大いなる勇気なにげない日々の中に明日(あし ... 道も夢の地図もそれはふるさと巡りあいたい人がそこにいるやさしさ広げて待っている山も風も海の色もいちば ... 山も風も海の色も君の
66 2.旅の空 れ雪虫2.旅の空 Lyricist 槙桜子 Composer 三条ひろし風に背を押されつまずきながら歩き続ける旅 ... きながら歩き続ける旅の空まぶた閉じれば遥かな郷里(さと)の水は清らか山は青生きていればこそ思いは乱れ ... は乱れ行方あてなき旅の空友よ何処か元気でいるか夢に浮かぶはあの笑顔いつか黄昏はこの身をつつみ今日も日 ... つみ今日も日暮れる旅の空
67 35.MI TIERRA NATAL〜私のふるさと〜 A NATAL〜私のふるさと〜 Lyricist 渡辺真知子 Composer 中路英明季節の風が駆け抜けた砂を舞いあげて潮 ... 離れようと駆け巡るあの空を夕暮れに染まりながら MI TIERRA NATA
68 12.明け星 ST IN TIMEふるさと恋しや静かに佇む吹けない口笛夕焼けと三日月ぼんやり眺める隙間 ... 月ぼんやり眺める隙間の空から東京の街でも星って見えるんだね知れば知るだけ言葉に詰まるもう子供には帰
69 36.君は心のふるさとよ br>36.君は心のふるさとよ Lyricist 横井弘 Composer 中山大三郎りんごをひとつ手渡して夜汽車を送る人だ ... もりに涙ぐむ君は心のふるさとよりんごの実る陽だまりに倖せだけがなぜ来ないいっしょになれぬ哀しみが沁み ... うな紺がすり君は心のふるさとよりんごの里の片ほとりさだめに生きる人だった逢いたいけれどつらいから遠く ... けれどつらいから遠く
70 46.ふるさとの祭り 大全集46.ふるさとの祭り Lyricist いではく Composer 遠藤実風に流れる白い雲見れば浮かぶさ ... 白い雲見れば浮かぶさふるさとのふるさとの祭り頑固なおやじが自慢の民謡(うた)をこの日ばかりははしゃいで唄う心が ... ははしゃいで唄う心がふるさとに飛んで飛んでもうすぐ祭りだなあのぼりはためく杜 ... なあのぼりはためく杜の空太鼓ひびいて
71 58.望郷新相馬 るハー遥か彼方は相馬の空かヨ相馬恋しや目に浮かぶかわいあの娘の涙顔あなたひとりを信じていると長い手紙 ... きたがヨ土産もたずにふるさとへなんで男が戻れよ
72 65.前略ふるさと様 集65.前略ふるさと様 Lyricist 吉幾三 Composer 吉幾三面影訪ねて ... Composer 吉幾三面影訪ねてふるさとへ今年は帰ろうかな春雨しとしと今頃は雪どけの便り夜汽車に乗れば明日の朝に ... にも逢えるから青いこの空何処まで続くふるさとへ続くすみれも咲いて今頃は北国春暁(しゅんぎょう)か小川も雪どけなだらか ... いこの雲何処まで続くふるさとへ続く夕
73 3.オオカミ 眺めた世界は夜の彼方ふるさの空あなたには見えるのほんとうの世界が一緒に踊ろうずっと喜び悲しみぜんぶぜんぶ
74 10.家 の都会の風それぞれにふるさとを抱きしめて生きてるそれぞれにゆれていた ... それぞれにゆれていたふるさとへの思い鼻眼鏡をかけ新聞を読んでた父母が愛した場所南向きの部屋みんなの笑 ... あの日の家それぞれのふるさとを抱きしめて生きてるそれぞれにゆれていた ... それぞれにゆれていたふるさとへの思い心を通わす人と暮らしはじめた遠い町
75 4.夜明けのうた しの心に思い出させるふるさの空夜明けのうたよあたしの心に思い出させる ... しの心に思い出させるふるさの空(!
76 10.約束の丘中学校校歌 マジカル☆ひもり我がふるさと約束の丘にそよぐ風無限 ... 束の丘にそよぐ風無限の空へさあはばたこう堕天使の若人たちよああ約束の丘中学校十字架に誓う我らの未来
77 3.あいわな の国道にカモメが鳴くふるさと諦めず夢みられるHeart I wanna see明日の太陽昨日までのぼ ... y goodbye西の空が橙に変わるまで時間はあるさ Highwayも荒野も同じさMy way進む
78 10.HOME is callingふるさと心の中で今でも優しく響いてる寂しさが染み付いた夢の無い夜にはあなたを呼ん ... なたを呼んでいる都会の空に夢を託して心を犠牲にしてる野心と愛の調和がとれず誰もが彷徨っている飾らなかった誠実な日々このごろ何故か恋しく想う Home is calling ... 日々このごろ何故か恋しく想う Home is callingふるさと絶えずに愛してくれたそんな人の顔
79 2.放浪いの果てに けれど家路は遥かなあの空の下待つ人もいないふるさとが酒に浮かぶよしみじみ懐かしい放浪って初めて気づく時がある一人残した母
80 2.ふるさと祭り唄 真理-阿武隈川情歌/ふるさと祭り唄2.ふるさと祭り唄 Lyricist 湊悠・飯山五郎 Composer 井川裕多加暁の燃える大空流れる雲に平 ... 浅川花火日暮れ時紅蓮の空に咲き乱れ影が二人を川面に映す母畑(ぼばた)猫啼(ねこなき)北須(きたす)
81 11.望郷じょんから ん中明りを消して東京の空に叫んでみたよ星が流れるこころも寒い十九の青春(はる)を吹雪にさらし夜行に乗 ... ぎた帰ろかな帰りたいふるさと夢ん中帰ろかな帰りたい ... ん中帰ろかな帰りたいふるさと夢ん
82 2.手紙 届けと綴る詩親愛なるふるさとへ今日もあなたに会いたいです離れ離れになることをあなたは知っていたのでし ... だけの秘密にして東京の空に星を描いていきたいあの日と同じようにあなたにも見えるように小さな町だと言っ ... ことでしょう親愛なるふるさとへそんなあなたが好きなのですお堀流れる小舟は周る新宿の通りを歩いて落ち着 ... 届けと綴る
83 5.涙の渡り鳥 なしなつかしい故郷(ふるさと)の空は遠いわたしゃあてない旅の鳥泣くのじゃないよ泣くじゃないよ明日も越えましょ
84 2.恋人形 夫 Composer 山路進一うす墨の空はつれない雨もよう帰るあてさえないひとにいくつ折鶴恋ごころにじむ吐息のもどか ... じむ吐息のもどかしさふるさとの風はかおりも秋化粧落葉しぐれる白壁(しらかべ)に揺れてとぎれてほそぼ
85 17.旅愁 ゆ)く秋の夜(よ)旅の空のわびしき思いにひとりなやむ恋しや ... にひとりなやむ恋しやふるさとなつかし父母(ちちはは)夢じにたどるは故郷(さと)の家路更け行(ゆ)く秋 ... ゆ)く秋の夜(よ)旅の空のわびしき思いにひとりなやむ窓うつ嵐に夢もやぶれ遥けき彼方にこころ迷う恋しや ... 方にこころ迷う恋しやふるさとなつかし父母(ちちはは)思いに浮かぶは
86 22.じょんがら恋唄 い出す夜汽車に揺られふるさと離れあれからいくつ月日は過ぎた逢いに行きたい泣いて別れたアンあのひとに北 ... れたアンあのひとに北の空から風に乗り三味線の音流れる夢ン中ハァーじょんがらじょんがら津軽じょんがら
87 1.ふるさとの空遠く 松原健之-ふるさの空遠く1.ふるさの空遠く Lyricist 石原信一 Composer 弦哲也たえまなく流れる歌はあの日の母の子守歌いつ ... 樹の下に友がいる……ふるさの空遠く夢路遥かに僕なりにこの街暮らし頑張り生きているけれどどうにもならない時に ... の人はいまどこに……ふるさの空遠く想い遥かに帰りたい切符一枚買えば済むけ
88 2.Greensleeves-夕映えの小径- 松原健之-ふるさの空遠く2.Greensleeves-夕映えの小径- Lyricist イング
89 7.夢待ちの季節 れていたいいつでもこの空は故郷(ふるさと)へつながってる季節の鼓動に抱かれ分け合う歓びが幸せ増やすからどんな日
90 7.ふるさと ひろし~7.ふるさと Lyricist 山口洋子 Composer 平尾昌晃祭りも近いと汽笛は呼ぶが洗いざらしの G ... まっさかり赤いネオンの空見上げれば月の光がはるかに遠い風に吹かれりゃしみじみと想い出します囲炉裏ば
91 3.ふるさとの風 /七つ星3.ふるさとの風 Lyricist かず翼 Composer 水森英夫秋風柿の実すすきが揺れて肩にとまった夕 ... の笑顔…風もやさしいふるさとへあぁ帰ろかな雪解けせせらぎ笹舟ひとつそっと浮かべて微笑む君よ何も言えな ... 街角で一人見上げるあの空の下…風もやさしいふるさとへあぁ帰ろか
92 2.北風の詩 也北風が吹く夜は遠いふるさと思い出す泣きながら家を出たあの冬の日のこと体に気をつけて無理をしないでと ... ッているけどあかね雲の空に赤とんぼ追ったあの山や川が恋しくて泣ける母さん、会いたいあゝ、やさしい胸
93 1.あかね雲 じればそこはあかね雲ふるさの空にび色のひとなみ繰り返す毎日夢褪せていく心電車に揺れるふたり見た夕空こんなに ... じればそこはあかね雲ふるさの空遠く離れていても胸の中にある風が運んでくれたあかね雲 ... 運んでくれたあかね雲ふるさの空(!
94 2.たとえば唄えなくなったら 方消え去っていく誰かの空っぽがひとつ乾いた風に吹かれながら片隅で転がっている気付かれることもなくまた ... くまた今日もこの街でふるさとの唄を焚けば寒がりな心達が黄昏夜は静かに更けていく帰れなくて泣いた戻れな ... いまた今日もこの街でふるさとの唄を焚けば寒がりな心達が黄昏夜は静かに更けていく帰れなくて泣いた戻れ
95 9.サンゴ草の詩 を映しています夕映えの空サンゴ草(そう)は想い草(ぐさ)今は会えないあのひとと交わした淡い約束を胸に ... 草(ぐさ)心燃やしてふるさとを守って生きた父さんの夢をつないで染まります夢をつないで染まりま
96 30.BORN AGAIN ば見えてくる懐かしいふるさの空無邪気な思いを呼び覚ますもしも時がこの出会いを終わらせたとしても涙などみせ
97 14.欅~光りの射す道で~ りればかすかに香る杜の空気に息をするこころほどけるわたしの ... ころほどけるわたしのふるさと揺れる木もれ陽が見えてくる君と歩いた青葉通りケヤキだけそのまま大きくなっ ... 街を守る手を広げ明日の空に歌うよ希望をのせて歌うよ光りの射す道で涙のあとも眠れぬ夜もずっと答えを探す ... かな歌を届けたい明日の空に歌うよどんなに風が吹い
98 2.いのちのふるさと 2.いのちのふるさと Lyricist 伊藤美和 Composer 伊藤雪彦短い春を待ちわびてあなたと二人旅 ... わびてあなたと二人旅の空まばたきほどの時間の中で出逢えた意味を幸せをおしえてくれる白神(しらかみ)の ... き)を超えたいのちのふるさとよ確かな絆試すようにあなたと辿(たど)る旅の道息をのむよな荒々しさで生き ... き)を超えたいのちのふるさとよ縁(え
99 6.ささやかな僕の抵抗 なった遠ざかる故郷(ふるさと)君の面影夜明けが近づいたあ ... 影夜明けが近づいたあの空僕を必要としてくれるか?行き先がどこだか思い出せないようなもどかしい希望が
100 1.津軽の母ちゃん なとヨーえんぴつ便りふるさと小包とどいたよ母ちゃんりんごをありがとね皮など剥かずに噛ります東京(とか ... 軽は津軽は見えない北の空(!

There can only be 100 items shown at a time, please add another word to narrow down the result.