追想の理 Lyrics VALSHE ※ Mojim.com
Mojim Lyrics
Mojim Lyrics > Japanese & Korean singers > VALSHE > UNIFY -10th Anniversary BEST- > 追想の理

VALSHE



Lyrics
Album list

VALSHE

追想の理

Lyricist:VALSHE
Composer:Masaki Honda

風に揺らめく音が消えて
白き花は水無月に立つ
瞼の奥で滲む面影が
過ぎた季節を果敢無くした

引き裂くのならこの身ごと
運命だと受け入れて
別つための契りに
揺蕩うそのさまよ

ただ生きるそれが誰かの明日になる
例えいまこの命 散りゆこうとも
残したのはきっと悲しみだけじゃないから
君の足跡のつづきまで
想い 織り連ねてみせたい

遠い彼の地を見る陽炎
白き花は卯月に還る
追想の中で幾つと抱いても
いない人と思い知るだけ

Find more lyrics at ※ Mojim.com
残された者の哀れも
宿命だというならば
空知らぬ雨の中
消せない連の火よ

ただ生きた証をどこかに刻みたい
遥か先の夜明けを見つめていた
願ったのはきっと君が笑っている未来
それは小さな祈りのように
結び 織り連ねていくから

ただ一言でも別れの言葉さえ
許されはしない契りだとしても
残したのはきっと悲しみだけじゃないから
君の足跡のつづきまで…

ただ生きるそれは誰かの明日になる
例えいまこの命 散りゆこうとも
残したのはきっと悲しみだけじゃないから
君の足跡のつづきまで
想い 織り連ねてみせたい




Previous Page
Mojim.com
Mojim Lyrics